ダブルス

相手が「陣形を作ろうとするショット」を、見逃してはいけない

ダブルスの試合、で特に大事な考え方。

それは、相手に自分たちの得意な形を作らせない、ということ。

陣形を作るショット、例えばアプローチショットや、苦しいときに時間を稼ぐようなショット、ですね。

これを簡単に打たせているようでは、まず強い相手に勝ち目は無いでしょう。

 

相手が「陣形を作ろうとするショット」を、見逃してはいけない

 


 

1.相手に簡単に並行陣、作らせてない?

みなさん、これってどうでしょうか?

例えば相手のサービスゲーム、サーブ&ボレーで前に出られてしまう。

簡単に並行陣が出来上がって、こちらは後衛が苦し紛れのロブしか打てない・・・。

そんな試合、多くないですか?

これは、大問題。

相手が並行陣になる、その陣形を作るショットを簡単に通してしまっている、ということですからね。

 

2.ダブルスの前衛は、何のために前にいる?

それは、相手にプレッシャーをかけるため。

優先して触る権利がある、思い切って動いて良い。

今回のようなケースなら、相手のサーバーに、簡単にファーストボレーをさせては絶対にダメ、なんです。

まず、ネットに近づいて、ファーストボレーにプレッシャーをかけていかないと。

普通に深くクロスにボレーされて、自分のパートナーが苦しくなるだけ、ですよ。

並行陣の陣形を作るショット、前に出るショットは必ず潰す。

「簡単に思い通りには、させないよ!」というメッセージを送る。

これが大事、だと思いませんか?

 

3.相手の得意な形を作られる、前に叩かないと

どんな相手でもそうですが、必ず強い、得意なパターンがある。

これをいち早く察知して、潰す。

前に出る並行陣、が得意なペアがあれば、後ろで2バック、で粘るような相手もいるでしょう。

こういう相手には、どうしましょうか?

前に引っ張り出すようなショット、それから粘るロブをしっかり打つスマッシュ、が必要ですよね。

技術のある無し、ではなく、やるかやらないかです。

相手が得意な形になってから頑張る、なんて辛いだけ。

もっとつなぎの球、をしっかり意識して叩いていきましょう。

 

4.とにかく、前衛が思い切ること

まずはこれ、が大事です。

相手が陣形を作るショット、は前衛が動いてつぶす。

きっと、スライスのアプローチだったり、速いボールでは無いはず。

万が一抜かれても、後衛がカバー出来る。

相手が陣形を作るようなタイミング、も読めて来ると思いますよ。

「あ、またこのパターンをやろうとしてるな・・・」と、気付けるようになれば試合はもう勝ったようなもの。

何も考えないでいると、ずっと良いようにやられて試合終了ですよ。

 

陣形を作る、ポジションを変える。

この時のショット、は必ず相手も慎重になりますから。

ここを潰せば、相手にも迷いが生じる。

いつも通り戦えない、から不安になるはずなんですよね。

この不安を作りだすのは、前衛でありたいもの。

これが強いダブルス、の考え方です。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「ポーチからのチェンジプレー」を取り入れるだけで、劇的に勝率が変わるかも…

    テニスのダブルスの試合で、前衛がポーチに出て後衛がストレートをケアする…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    試合前に自分のダブルスペアと、どんな会話してる?

    皆さん、実際の試合前、どうでしょう?初めて組むペア、というより…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    「サーバーにプレッシャーをかけようとして」味方のリターンの邪魔になる動きは無意味です

    全国各地の草トーナメント、学生のダブルス試合でたまに見かけるのが、「相…

  4. ダブルス

    「ダブルスが分かり始めた30歳」テニスの試合の醍醐味は様々なペアと試合に出れること

    ダブルスは苦手だった。もしかしたら、今の方が現役の時よりもダブ…

  5. テニス ミス

    ダブルス

    「ミックスダブルスでは、女性狙いだけでOK?」だと、手堅いベテランペアには試合で勝てません

    ミックスダブルスの試合、皆さんはプレーする機会はありますか?学…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    「ローボレーがどうしても苦手・・・」な人は、ダブルスでは変則陣形で挑むのも有り!

    テニスの数ある技術の中でも、最も難しい部類に入るのが低い位置のボレー、…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス スマッシュ

    戦術

    テニスの試合に勝つためには、「スタートダッシュが大原則」である
  2. メンタル

    相手の安い挑発に乗って一人相撲、負けますよそりゃ
  3. メンタル

    試合の中で「最後にラケットをどれだけ伸ばせるか」は、技術よりも日々の習慣でしかな…
  4. 練習メニュー

    周りの仲間から、「悪い影響」を受けやすいのもテニス
  5. テニス知識

    バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
PAGE TOP