ダブルス

ダブルスの試合で「相手の繋ぎのボール」を潰せば、勝機は見えてきます!

テニスでは攻撃されて苦しいときに、一旦逃げるようにしてボールをコントロールします。

回転をかけたスライス、またはロブなどを使って、状態を対等に戻すように考えますよね。

特にダブルスでは、この「繋ぎ(つなぎ)」のボールを思い切って攻撃することで、勝機は見えてきます!

 

ダブルスの試合で「相手の繋ぎのボール」を潰せば、勝機は見えてきます!

 

■繋ぎ(つなぎ)のボールとは、どんなボール?

色々なシチュエーションがありますが、ダブルスではまず後衛がストロークで押していき、前衛が決めるというパターンが一般的。

その際に、「クロスラリーがきつい・・・」と感じれば、前衛の上やスライスの遅いボールで一度リズムを変えてくることが予測されます。

または相手が浅いボールをギリギリで拾ったときも、チャンスです。

相手が何かを避けている瞬間を、見逃さないようにしましょう!

 

■苦しい場面をどう逃げるかは、その選手の癖が一番現れる

テニスやスポーツ以外の場面でも、人間は苦しいときこそその人の本能的な行動が現れます。

攻撃されているときに、さらに向かってくるのか、逃げてくるのか、冷静に対応されるのか。

テニスの試合では、どんな上級者でも逃げが必要な場面は必ず出てきますので、そこでどういう選択をするかチェックしておきましょう。

ダブルスの試合では、攻撃担当の前衛がその「逃げ」を抑え込む必要があります。

ロブで逃げてくる相手なら、打つ前から前衛が下がっても良いでしょう。

スマッシュもしっかり準備すれば、初中級ペアでも大きな武器になるはずです。

 

■「もう打つところがない・・・」と思わせれば、その試合は勝ったようなもの

テニスの試合で、相手に先回りされ続けることほど、苦しいものはありません。

もう打つところが無い・・・と感じる試合、特に上のレベルで経験はありませんか?

そのとき、相手ペアはどんな作戦を準備していたのでしょうか。

難しく考える必要は無く、「あの人、深いストロークはいつもロブで返してくるね」みたいな会話を、いかに綿密にポイント間で出来るかが重要です。

 

ダブルスでは細かい作戦も重要ですが、もっとざっくりと「片方の選手を攻撃して、逃げてきたところを仕留める」というやり方も非常に有効です。

特に学生のペアではストローク以外のプレーには穴がありがちですから、試合の序盤で色々さぐってみて下さい。

そして大事な終盤では、自信を持って2人で攻撃していきたいところ。

観察眼は、テニスの試合でとても重要です。

意識して、磨きましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス ミス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合、「実際に使っている9割はシングルスコート」という事実について

    ダブルスの試合、まずアナタ自身がシングルスと違うと考える点はどこですか…

  2. テニス サーブ

    ダブルス

    「どんなサーブなら、ポーチに出てくれるんだよ・・・」というペアの確執は、乗り越えるべき壁

    私は高校時代、ダブルスで勝てない時にはペアとこんな感じでした。…

  3. ダブルス

    強いダブルスのペアを倒すなら、「あえて中枢から攻めていく」勇気も大事

    ダブルスの試合、こんな経験はありませんか?「相手ペアは、実力差があ…

  4. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合でのサインプレーの仕掛け所は、相手が落ち込んでいるタイミングが一番効果的

    ダブルスの試合で、サインプレーをどこで入れていくのか。サーブを…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスのパートナー選びは、実力より信用に尽きる

    ダブルスのパートナー、みなさんはどんな人と組んでますか?そのき…

  6. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスでこそ使える!ドライブボレーの活用法5つ

    ダブルスの試合でぜひ、使って欲しい技術。それは、「ドライブボレ…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ダブルス

    ストローク

    ストロークで前に入りながらドロップショット、を打てれば相手は基本触れない
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「フォアハンドのハイボレーでコースを隠す」ことが出来れば、チャンスを確実に決めら…
  3. テニス スライス

    ストローク

    「スライス練習での注意点」試合で実際に使えるようにする為には?
  4. テニス ストローク

    ストローク

    一昔前に流行った、「肘からテイクバックするフォアハンド」は、華やかなようで難しい…
  5. テニス 打点

    ストローク

    「相手が打ったら、準備を速くする」ことで得られる、5つのKを覚えておこう
PAGE TOP