ダブルス

ダブルスの試合で「相手の繋ぎのボール」を潰せば、勝機は見えてきます!

テニスでは攻撃されて苦しいときに、一旦逃げるようにしてボールをコントロールします。

回転をかけたスライス、またはロブなどを使って、状態を対等に戻すように考えますよね。

特にダブルスでは、この「繋ぎ(つなぎ)」のボールを思い切って攻撃することで、勝機は見えてきます!

 

ダブルスの試合で「相手の繋ぎのボール」を潰せば、勝機は見えてきます!

 

■繋ぎ(つなぎ)のボールとは、どんなボール?

色々なシチュエーションがありますが、ダブルスではまず後衛がストロークで押していき、前衛が決めるというパターンが一般的。

その際に、「クロスラリーがきつい・・・」と感じれば、前衛の上やスライスの遅いボールで一度リズムを変えてくることが予測されます。

または相手が浅いボールをギリギリで拾ったときも、チャンスです。

相手が何かを避けている瞬間を、見逃さないようにしましょう!

 

■苦しい場面をどう逃げるかは、その選手の癖が一番現れる

テニスやスポーツ以外の場面でも、人間は苦しいときこそその人の本能的な行動が現れます。

攻撃されているときに、さらに向かってくるのか、逃げてくるのか、冷静に対応されるのか。

テニスの試合では、どんな上級者でも逃げが必要な場面は必ず出てきますので、そこでどういう選択をするかチェックしておきましょう。

ダブルスの試合では、攻撃担当の前衛がその「逃げ」を抑え込む必要があります。

ロブで逃げてくる相手なら、打つ前から前衛が下がっても良いでしょう。

スマッシュもしっかり準備すれば、初中級ペアでも大きな武器になるはずです。

 

■「もう打つところがない・・・」と思わせれば、その試合は勝ったようなもの

テニスの試合で、相手に先回りされ続けることほど、苦しいものはありません。

もう打つところが無い・・・と感じる試合、特に上のレベルで経験はありませんか?

そのとき、相手ペアはどんな作戦を準備していたのでしょうか。

難しく考える必要は無く、「あの人、深いストロークはいつもロブで返してくるね」みたいな会話を、いかに綿密にポイント間で出来るかが重要です。

 

ダブルスでは細かい作戦も重要ですが、もっとざっくりと「片方の選手を攻撃して、逃げてきたところを仕留める」というやり方も非常に有効です。

特に学生のペアではストローク以外のプレーには穴がありがちですから、試合の序盤で色々さぐってみて下さい。

そして大事な終盤では、自信を持って2人で攻撃していきたいところ。

観察眼は、テニスの試合でとても重要です。

意識して、磨きましょう!

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    なぜおじさん、おばさんのダブルスは並行陣主体なのか?

    テニスの面白いところって、年代で垣根なく試合が出来る、勝負出来るという…

  2. ダブルス

    強いダブルスのペアを倒すなら、「あえて中枢から攻めていく」勇気も大事

    ダブルスの試合、こんな経験はありませんか?「相手ペアは、実力差があ…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    2人の攻撃の息を合わせていくだけで、「ダブルスの攻撃力」はワンランクアップする

    ダブルスの試合、コンビネーション良く攻撃していくために。必要な…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合で2バックの陣形から、「浅いボールに対しては2人で一気に」前に出て攻撃していこう!

    ストロークが得意な選手がペアを組んだり、相手のサーブが強力なときには、…

  5. テニス ミス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合、「実際に使っている9割はシングルスコート」という事実について

    ダブルスの試合、まずアナタ自身がシングルスと違うと考える点はどこですか…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの練習をより実践的に行う為に、すぐに出来るアイデア5つ

    ダブルスの練習、意外とバリエーションが少なくてマンネリ化しがちですよね…

特集記事

  1. テニス リターン

    フットワーク

    テニスの試合、ライジングショットで攻撃していく為には、「速めのフットワークで足を…
  2. テニス 準備

    メンタル

    試合会場で時間があり、「次の対戦相手の試合をチェックできる」ときは何を確認してお…
  3. メンタル

    練習の頻度に関わらず、テニス歴3年以上なら「習う」段階から卒業していこう
  4. ストローク

    テニスの試合で必要な「切り替え上手」になる為に、ストロークに必要な技術とは?
  5. サーブ

    「切れ味鋭いスライスサーブをゲットせよ」テニスの試合で相手をコート外に追い出す為…
PAGE TOP