シングルス

シングルスの試合も、やっぱりクロスラリーが基本になる

シングルスの試合、コートは広いようで意外と打つコースは限られている。

テニスのネットの高さの構造上、センターストラップ上を通過するボールが増える、のが自然。

改めて、この基本のコース取り、を確認しておきましょう。

 

シングルスの試合も、やっぱりクロスラリーが基本になる

 


 

1.クロス方向へのショットは、なぜ安定感がある?

実際の試合、シングルスの試合はみなさんどんな感じでラリーしていますか?

実は、大きくお互いに揺さぶり合う、動かし合うポイントって少ないと思うんです。

こうやってコートを見ても、縦に長いのがテニスコートですからね。

ネットの高さが低い、真ん中は通過させやすい。

それに、少し左右に動いたときには、今度は距離が長く取れるクロス方向へのショット、がより安全になります。

一見、まっすぐダウンザラインに打ちたくなりますが、これがなかなか入らないんですよね、テニスでは。

とにかく、左右に動いてクロス、が安定するし、しっかり振れる。

このショットで押していけるかどうか、クロスラリーがシングルスでも勝負のカギになります。

そのベースには、やはりセンターを通過するボールが約8割、ということを意識しておく必要がありますね。

 

2.ダウンザラインに展開していくときは?

では、いつコースを変えていくのか。

これもシンプルに、相手のボールが浅くなったときでしょう。

高い打点で打てる、前に入れるときには、積極的に展開して良い。

それまでに、しっかりクロス方向に打っていれば、それが良い布石になります。

クロスに打つような構え、を見せておくことが大事。

でも、ダウンザライン方向に打ってばかりいても、相手は慣れて来るでしょう。

ですので、第三の選択肢、ドロップショットも打てるように。

この↑2つのコースにクロスへのショット、を加えて3つのコースで勝負する。

しっかりクロス方向へのベース、がラリーで出来ていると相手も嫌ですから。

シングルスの試合、序盤はラリーしていくところから、浅いボールを展開していく。

クロスラリーを基本に、浅いボールを仕留めていきましょう!

 

3.クロスに振り切るストローク、を磨いていこう

これが磨けると、ダブルスでも武器になる。

しっかりクロスに打つ、時に身体が開かないようにして振り切るのって、結構難しいですよ。

ほとんどの方が、知らず知らずのうちに身体が開いて、相手にコースがばれてしまう。

クロスラリー、をセンターストラップの上を狙って振り切ること。

これがアナタ自身の、試合の強さに直結しますから。

早い準備で、足を決めて振り切る。

その為にも、ベースとなる「どのコースに打つのを、基本軸にするか」を決めておきましょう。

そうすると、迷い無くプレー出来ますからね。

 

シングルスの試合って、勝てない人はコースを迷っている。

相手が打つコースも読めないし、自分もどういうコース取りで試合をするのか、決まっていない。

だったらもう、基本はクロス。

甘くなったらダウンザラインやドロップ、で良いじゃないですか。

そこに、アナタらしさを追加していけば良いんです。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「ただひたすら、後ろで粘るだけの相手」に負けたくなければ、必要な4つの技…

    シングルスの試合、勝ち上がるには必ず超えないといけない壁が「シコラー相…

  2. シングルス

    錦織選手が得意とする、フォアハンドのドロップショットからの展開を身に付けよう

    錦織選手が得意とする、シングルスの試合での基本戦術。フォアハン…

  3. シングルス

    「シングルスの戦い方」はテニスの試合ではシンプルに考えて実践!

    シングルスの時、どういう作戦でプレーする?相手によって変わって…

  4. テニス コントロール

    シングルス

    「人がいない場所にボールを運ぶ」テニスのシングルスの試合で必要な感覚を養うために

    シングルスとダブルスの違い、それはもちろんコート上にいる人数の少なさ。…

  5. テニス ポジショニング

    シングルス

    「シングルスではポジションによって、異なる力がある」攻撃と守備、一人でこなすバランス感覚とは?

    シングルスを戦うときに、ポジションごとに攻撃力・守備力を意識したことは…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「サーブで崩して次のボールから攻める」為に必要な意識4つ

    テニスにおいて、「3球目のイメージ」という言葉をよく聞きます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーで腰が引けてしまっている人は、簡単に反撃されてしまう
  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本、「足を前後で半身の体制」を多くの選手が取り入れる理由とは?
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「経験豊富で格上の相手を倒す」為の作戦と流れについて
  4. テニス 気付き

    その他

    リーダーになった時点で、止まる人と伸びる人
  5. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークで低い打球の返球が安定しない人は、「背筋を意識して背すじを伸ばす」だけ…
PAGE TOP