シングルス

シングルスの試合も、やっぱりクロスラリーが基本になる

シングルスの試合、コートは広いようで意外と打つコースは限られている。

テニスのネットの高さの構造上、センターストラップ上を通過するボールが増える、のが自然。

改めて、この基本のコース取り、を確認しておきましょう。

 

シングルスの試合も、やっぱりクロスラリーが基本になる

 


 

1.クロス方向へのショットは、なぜ安定感がある?

実際の試合、シングルスの試合はみなさんどんな感じでラリーしていますか?

実は、大きくお互いに揺さぶり合う、動かし合うポイントって少ないと思うんです。

こうやってコートを見ても、縦に長いのがテニスコートですからね。

ネットの高さが低い、真ん中は通過させやすい。

それに、少し左右に動いたときには、今度は距離が長く取れるクロス方向へのショット、がより安全になります。

一見、まっすぐダウンザラインに打ちたくなりますが、これがなかなか入らないんですよね、テニスでは。

とにかく、左右に動いてクロス、が安定するし、しっかり振れる。

このショットで押していけるかどうか、クロスラリーがシングルスでも勝負のカギになります。

そのベースには、やはりセンターを通過するボールが約8割、ということを意識しておく必要がありますね。

 

2.ダウンザラインに展開していくときは?

では、いつコースを変えていくのか。

これもシンプルに、相手のボールが浅くなったときでしょう。

高い打点で打てる、前に入れるときには、積極的に展開して良い。

それまでに、しっかりクロス方向に打っていれば、それが良い布石になります。

クロスに打つような構え、を見せておくことが大事。

でも、ダウンザライン方向に打ってばかりいても、相手は慣れて来るでしょう。

ですので、第三の選択肢、ドロップショットも打てるように。

この↑2つのコースにクロスへのショット、を加えて3つのコースで勝負する。

しっかりクロス方向へのベース、がラリーで出来ていると相手も嫌ですから。

シングルスの試合、序盤はラリーしていくところから、浅いボールを展開していく。

クロスラリーを基本に、浅いボールを仕留めていきましょう!

 

3.クロスに振り切るストローク、を磨いていこう

これが磨けると、ダブルスでも武器になる。

しっかりクロスに打つ、時に身体が開かないようにして振り切るのって、結構難しいですよ。

ほとんどの方が、知らず知らずのうちに身体が開いて、相手にコースがばれてしまう。

クロスラリー、をセンターストラップの上を狙って振り切ること。

これがアナタ自身の、試合の強さに直結しますから。

早い準備で、足を決めて振り切る。

その為にも、ベースとなる「どのコースに打つのを、基本軸にするか」を決めておきましょう。

そうすると、迷い無くプレー出来ますからね。

 

シングルスの試合って、勝てない人はコースを迷っている。

相手が打つコースも読めないし、自分もどういうコース取りで試合をするのか、決まっていない。

だったらもう、基本はクロス。

甘くなったらダウンザラインやドロップ、で良いじゃないですか。

そこに、アナタらしさを追加していけば良いんです。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス 言葉

    シングルス

    「ボールに勢いがない対戦相手」に苦労する、のは何でだろう?

    ポワーン、ポワーンとつないでくるだけのような相手。「勝ったな・…

  2. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で「どこに打って攻撃して良いか、イメージが湧かない」人がまず実践したい3つのこと

    ダブルスの試合はプレーするけど、シングルスの試合はほとんどやらない、と…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合は、勝っても負けてもその結果を一人占め出来る

    シングルスの試合、に出ているみなさん。ならこのイメージが凄く湧…

  4. テニス 打点

    シングルス

    テニスの練習で簡単に諦める人が、試合でボールを追える訳が無い

    試合は練習のように、練習は試合のように。と思っていても、なかな…

  5. シングルス

    「シングルスの相手が格上過ぎて、手立てが無い…」ときに粘る為に、必要なセンター返球セオリー

    シングルスで格上シード選手と対戦。粘りたいけど、どんどん打ち込…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ストロークで相手の逆を突けたら、迷わずネットへ出る」ことで試合を優位に進められ…

    最近、プロ選手のシングルスの試合を観ていると、特に女子選手でもこういっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「基本はやっぱりオールラウンド」テニスのプレースタイルのベースを磨いて、その後に…
  2. ストローク

    ドロップショットを確実に決める!為に必要な4つのポイント
  3. テニス 走力

    フットワーク

    コートカバーが上手い選手は、歩幅が大きい
  4. テニス シングルス

    フットワーク

    「テニスコートを広くカバーできるフットワーク」を身に付ける為に、意識したい切り返…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で「まくられ癖が抜け無い」人に共通する、たった一つのこと
PAGE TOP