テニス ストローク

リターン

リターンは前足で踏み込むタイミングとラケットの動き、を合わせてパワーアップ!

コンパクトなリターンで、相手を攻撃していく。

リターンの時に、いかに大振りしないで攻撃的にいくか、は大事なポイントですよね。

しっかり前に踏み込める、なら前足とラケットを合わせていく。

タイミングを合わせるだけで、かなり攻撃的なリターンになると思いますよ。

 

リターンは前足で踏み込むタイミングとラケットの動き、を合わせてパワーアップ!

 

1.まずは軸足を作るところから

これが大前提、ですね。

例えば右利きの方のフォアハンドなら、右足でしっかり力を溜める。

溜めて、最後に左足を出していく。

この左足とラケットを出すフォロースルーの動き、をしっかり合わせてみる。

軸足を作って、足とラケットを一緒に出していく。

このコツ、だけでかなりパワーアップすると思いますよ。

 

2.最後に出す足、でリズムを合わせよう

リターン、このリズムが合うと強いですよ。

最後に、前足を出していく。

この足を出すリズム、みなさんしっかり練習できていますか?

リターンに苦手意識がある人は、リズムが悪い。

どこか待ってしまって、テイクバックも大きく、振り遅れてしまう。

そうじゃなくて、もっと身体全体で迎えにいく意識、が大事です。

足とラケット、この左右対称の上下の部位、をしっかり動かすこと。

これが大事です。

 

3.身体全体で、リズム良く前に踏み込んでいく

身体全体、でリラックスして大きく動く。

前足とラケットを持つ腕って、身体の両端のようなものですから。

この両端で、リターンの態勢を作ってボールを迎えにいく。

待つのではなく、足とラケット両方で相手のサーブを包み込んでいくようなイメージ、ですね。

そうすれば、自然と前への推進力が生まれますので、リターンダッシュのような作戦もやりやすい。

ガチガチ、ではなくリラックスしてノリノリ、でしっかり身体を動かしていきましょう。

 

4.でも、頭の位置はブラさないで

身体を大きく使うけど、しっかり頭は安定させる。

目線の高さは一定に保てるように、意識してみて下さい。

きっと、安定感が一気に上がるはず。

前に踏み込みながら、目線の高さは変わらない。

そうやって意識すると、自然と動作もシンプルになるはず。

相手のサーブが遅いときにも、泳がないで対応出来る。

理想的な試合向きのリターン、になるでしょう。

 

前に出る動作、の時に意識して欲しいポイント。

これは、早いサーブでも遅いサーブでも、基本は一緒です。

早いサーブほど、待たないで迎えにいく。

遅いサーブも迎えにいって、どっしり構えておく。

攻撃的なコントロールリターン、試合で使っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. テニス ボレー

    リターン

    左利きのサーブに苦戦してるなら、思いっきり外側に立とう

    左利きのサーブに、苦戦を強いられる。これは、右利きのテニスプレ…

  2. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合で有効な「ドロップショット気味のリターン」は、置きにいくとネットを越えないので注意

    リターンからのドロップショット、とまでいかなくても浅めにリターン出来る…

  3. テニス 準備

    リターン

    リターンで左右に振られた時に、意識したいのは身体がブレないこと

    相手サーブが良いとき、左右に振られる機会はありますよね。リター…

  4. テニス メンタル

    リターン

    リターンのときに、気づいて欲しい大事なポイント

    相手がサーブを打つときに、コースを読んで待ちたい。でも、どこに…

  5. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で、「ここぞ!という場面での攻撃的リターン」のパターン4つ

    シングルスの試合、絶対に1ポイントを獲りたい場面、どんなときでしょうか…

  6. テニス ストローク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 技術

    リターン

    ダブルスの試合で使える、「踏み込んでストレートへブロックリターン!」を身に付けて…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ローボレーが安定しない人は、「すくい上げるようなラケットワーク」を止めてみよう
  3. テニス スライス

    ボレー

    ネットに詰めたときのポーチで、「ネットすれすれの低いボールが来たとき」には、慌て…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップが安定しない人は、「水の入ったコップ」を持つようにボールを軽く…
  5. テニス ストローク

    サーブ

    リターンで最初から下がっている相手に、深く強打のサーブは無意味
PAGE TOP