テニス知識

テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

テニスの試合の現場で、「あれ?こういう時って、ルールどうだっけ?」と思うこと、ありますよね。

私たちの試合はほとんどがセルフジャッジですから、ポイントのジャッジはもちろん、試合の進め方も自分たちで考えて正しく行わないといけません。

そんな試合に出る方、これからチャレンジしていきたいという方にお勧めの書籍、を今日は紹介したいと思います。

 

テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

 

今回お勧めする本は、「テニスのルール 審判の基本」。

なんだかそのまま、のタイトルですが、この本の内容をざっと解説するとこんな感じです。

 

【この本の良いところ】

1.具体例が豊富で、試合の現場で使える

2.硬い文章ではないので、サクサク読めて楽しい

3.小さいサイズなので、ラケットバッグに入れて持ち運びも便利

 

【この本のイマイチなところ】

1.具体例がまとまっているので、キーワードでの逆引きが出来ない

2.ルールブックではないので、全てのを完全に網羅している訳ではない

3.読んだだけでは覚えられない、経験しないと・・・

 

良いところ①:具体例が豊富で、試合の現場で使える

とにかく、事例が豊富です。

試合でよくあること、を実際に抽出して書かれているように感じますし、著者の熱量が伝わって来るのが良いです。

イラストも豊富で、読みやすいのもGOOD。

経験したことがあること、無いこと、もあると思います。

読んでいくと、「あの試合のあれかー!」と、なると思いますよ。

 

良いところ②:硬い文章ではないので、サクサク読めて楽しい

ルールを学ぶ、となるとどうしても構えてしまいがちですが・・・。

この本には、そういう硬さが無いのが魅力。

小学生高学年、の方でも十分に読んで理解出来る内容になっていると思います。

事例ケースを元に書かれているので、何となく眺めているだけでも知識がスーッと入って来る。

電車の中や試合会場の空き時間、で読むのにもピッタリです。

ちょっとしたマニアックなルールや作法も載ってますし、楽しいですよ。

 

良いところ③:小さいサイズなので、ラケットバッグに入れて持ち運びも便利

何かと荷物が多い私たちテニスプレイヤーですが、これは小さいサイズの本なので持ち運びに便利。

試合会場にも持っていけるし、通勤通学のバッグの中に入れても気にならないサイズ。

自分で書き込んだりするスペースもありますし、自分色に染めていくのも良いと思います。

書いたこと、は自然と覚えますからね。

読むだけじゃもったいない!そんな本です。

 

イマイチなところ①:具体例がまとまっているので、キーワードでの逆引きが出来ない

あくまで私の所感ですが、「これを調べたい!」という時にはちょっと不便。

事例集なので、キーワードで逆引き、が出来ないんです。

目次も、こんな感じです。

これはこれで、見やすいんですけどね。

 

イマイチなところ②:ルールブックではないので、全てのを完全に網羅している訳ではない

あくまで試合会場、特に草トーナメントレベルの大会を意識して書かれた本、という大前提があります。

ですので、公式の細かいルールや、審判のアナウンス方法までは載っていません。

本格的な試合を想定している、または審判の資格を取りたい!という方には、不十分な内容かも知れません。

あくまでセルフジャッジの試合を中心に、試合に出ている選手の基礎知識を養う本、という感じです。

 

イマイチなところ③:読んだだけでは覚えられない、経験しないと・・・

これは本のせい、でもないんですが・・・読んだだけでは、なかなか覚えられません。

大事なのは、この本を片手に試合に出ること。

試合に出て、実際に経験してこの本と一緒に成長していくような姿勢が大事です。

 

私自身、読ませて頂いて「へー、そうだったんだ!」ということもたくさんあります。

普段から読んでおくと、試合の現場で何かあったときに、慌てず相手と話せますからね。

ただし、もちろんルールブックではないので、あくまで草トー大会に出場する方の最低限の知識、マナーを養える本だと思って下さい。

これから試合にチャレンジする方、今まさに試合に出ている方にもお勧めの一冊です。

 

 

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    テニス知識

    テニスの試合でありがちな、「デュース有りとノーアドバンテージ形式を間違えた」ときには?

    草トーナメントの試合では、進行を速くする為に「ノーアドバンテージ形式」…

  2. テニス 暑さ対策

    テニス知識

    水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

    もう・・・とにかく暑い毎日、ですよね。テニスを夏場にやるのって…

  3. テニス ガット

    テニス知識

    学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

    今回も、私の独断と偏見、そして使ってみた感じでレビューさせて頂きます。…

  4. テニス知識

    テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

    「普段、ネタはどこから仕入れてますか?」と、お寿司屋さんみたいなご質問…

  5. テニス 日焼け止め

    テニス知識

    塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

    毎年の夏のお悩み、といえば・・・日焼け、ですよね。女性の方であ…

  6. テニス メンタル

    テニス知識

    ラケットとボールが、喧嘩しない柔らかさ

    「柔らかいテニスって、どんなテニスですか?」というご質問を、よく頂きま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 打点

    メンタル

    置きにいってのミス、がテニスの試合では一番痛い
  2. テニス ボレー

    ボレー

    相手の速いボールが身体の正面に来たときは、「身体を反らせてノーテイクバック」で合…
  3. テニス サーブ

    戦術

    テニスではセンスこそ体系化出来るし、理論化出来るはず
  4. テニス メンタル

    その他

    自分よりテニスが上手い人の中に入れば、「その場の空気と緊張感」だけで上手くなる可…
  5. テニス

    メンタル

    優勝を経験した人は、その難しさを知れるから強くなる
PAGE TOP