ボレー

ボレーボレーで毎回スプリットステップ、は必要無し!

これも、ちょっとした常識破り・・・なことかも知れませんが。

もちろん、ステップは基本です。

相手が打つ少し前、にスプリットステップを踏むことで、反応速度は上がる。

でも、それが万能かと言えば、そうでも無い。

いざ試合、となったら、私はステップを捨てる勇気だって必要だと思うんですよね。

 

ボレーで毎回スプリットステップ、は必要無し!

 

1.練習でのボレーボレー、ステップ無しでやってみると・・・?

どうでしょう?

意外と、出来ると思いませんか?

例えば、ノーステップでボレーボレーのラリー練習。

速いテンポでもラリーが続くはずです。

前には踏み込まないで、ラケット面と上半身で合わせていくボレー、になりますよね。

これが実際の試合、で使えるボレーだと思いませんか?

もちろん、基本は大事。

しっかりステップして構えてボレーも大事なんです。

でも、実際の試合では、相手が打つ瞬間に毎回ステップする必要は無い、と私は考えています。

 

2.一番分かるのは、前衛としてポーチに動く場面

みなさんが前衛に立っている、とイメージしてみて下さい。

相手リターンの選手が打つ瞬間に、スプリットステップ・・・します?

その後に、ポーチに飛び出して、間に合いますか?

私なら、もうステップを捨てて、相手が打っているまさにその瞬間まで動く。

動いて、センターストラップ近くまで前に詰める。

だって、ステップしてる時間、なんてもったいないですから。

少しでも、ボールを触りやすい場所、に早く移動したい。

それが一番、ポーチボレーには有効なはずですからね。

 

3.ステップを踏むときには、前後左右すべてに備えるとき

そもそも、ステップを踏むときってこんな感じじゃないですか?

相手から、「どこに打たれても、ある程度反応出来るようにしておく」のが目的。

2.で書いたポーチのように、もう動く先が決まっているときには、ステップ何て必要ない。

だって、動く先は決まってるんですから。

そこに素早く動く。

人は、空中に浮いている時って動けないですからね。

ポーチに出れない人は、毎回相手が打つ瞬間にステップを踏んでいる人、な訳です。

 

4.ダブルスの中で、ステップを捨てることがアナタの成長になる

ダブルスの試合、4人でポジションを奪い合う。

心理戦の中で前に詰める、ような時に、必要なのはこの意識です。

スプリットステップ、という基本を捨てること。

スススッと前に出ていく、ステップは踏まない。

そのまま、走り抜けるように、ボレーして相手の意表を突く。

どうでしょう?イメージ出来ますか?

こういうプレーが出来るようになると、ダブルスはもっともっと、楽しくなるでしょう。

 

やっぱり、身体に沁みついたステップ、なかなか手ごわいですよ。

私自身もそうでした。

でも、それだとやっぱり、「普通」の反応しか出来ないんですよね。

試合の中で、何かを捨てて攻めるとき。

ステップを捨てる、という発想をぜひ持ってみて下しさい。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    ストローク主体のプレイヤーは、「前におびき出して、ボディ狙い」で簡単に調理出来ます

    ボレーやネットプレーが苦手な相手は、ずっと後ろでストロークばかり。…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスのサーブ&ボレーで、「ファーストボレーが浮いてしまう」人がチェックしたい3つのポイント

    ダブルスの試合は、サーブ&ボレーを使うケースが多い。並行陣でプ…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ミドルボレーの安定感アップには、フォロースルーの高さと短さが必要

    自分の腰から胸の高さで打つ、ミドルボレー。簡単そうに見えて、意…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    V字型の動きが出来れば、ネットプレーは劇的に上手くなる

    ネットプレーが苦手な人。この機会に、フットワークから変えていき…

  5. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの基本、「ラケットのセットを、打点少し上に早く」が出来れば、試合でも楽に打つコースを隠せます

    ストロークではコースを打ち分けられるのに、ボレーではなかなか狙ったとこ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ネットから距離があるポジションでのボレーでは、「ハーフボレーになる準備」を必ずしておくこと

    「テニスが上手い!」と言われる人、色々な要素があると思います。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス フェデラー

    シングルス

    「SABR」戦術に観るフェデラー選手の変化できる凄みとは?
  2. その他

    「スウィングスピードを上げたいでしょ?」だったらテニスの試合で使えるように考えて…
  3. テニス サーブ

    リターン

    テニスのシングルスの試合序盤は、「セカンドサーブをリターンからチャージ!」して先…
  4. テニス 練習

    メンタル

    テニスの試合本番で起きること、は「全て毎日の練習」でも起きていることである
  5. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A 「試合中に緊張すると、頭の中が真っ白になります・・・。何か対策は…
PAGE TOP