ボレー

ボレーボレーで毎回スプリットステップ、は必要無し!

これも、ちょっとした常識破り・・・なことかも知れませんが。

もちろん、ステップは基本です。

相手が打つ少し前、にスプリットステップを踏むことで、反応速度は上がる。

でも、それが万能かと言えば、そうでも無い。

いざ試合、となったら、私はステップを捨てる勇気だって必要だと思うんですよね。

 

ボレーで毎回スプリットステップ、は必要無し!

 


 

1.練習でのボレーボレー、ステップ無しでやってみると・・・?

どうでしょう?

意外と、出来ると思いませんか?

例えば、ノーステップでボレーボレーのラリー練習。

速いテンポでもラリーが続くはずです。

前には踏み込まないで、ラケット面と上半身で合わせていくボレー、になりますよね。

これが実際の試合、で使えるボレーだと思いませんか?

もちろん、基本は大事。

しっかりステップして構えてボレーも大事なんです。

でも、実際の試合では、相手が打つ瞬間に毎回ステップする必要は無い、と私は考えています。

 

2.一番分かるのは、前衛としてポーチに動く場面

みなさんが前衛に立っている、とイメージしてみて下さい。

相手リターンの選手が打つ瞬間に、スプリットステップ・・・します?

その後に、ポーチに飛び出して、間に合いますか?

私なら、もうステップを捨てて、相手が打っているまさにその瞬間まで動く。

動いて、センターストラップ近くまで前に詰める。

だって、ステップしてる時間、なんてもったいないですから。

少しでも、ボールを触りやすい場所、に早く移動したい。

それが一番、ポーチボレーには有効なはずですからね。

 

3.ステップを踏むときには、前後左右すべてに備えるとき

そもそも、ステップを踏むときってこんな感じじゃないですか?

相手から、「どこに打たれても、ある程度反応出来るようにしておく」のが目的。

2.で書いたポーチのように、もう動く先が決まっているときには、ステップ何て必要ない。

だって、動く先は決まってるんですから。

そこに素早く動く。

人は、空中に浮いている時って動けないですからね。

ポーチに出れない人は、毎回相手が打つ瞬間にステップを踏んでいる人、な訳です。

 

4.ダブルスの中で、ステップを捨てることがアナタの成長になる

ダブルスの試合、4人でポジションを奪い合う。

心理戦の中で前に詰める、ような時に、必要なのはこの意識です。

スプリットステップ、という基本を捨てること。

スススッと前に出ていく、ステップは踏まない。

そのまま、走り抜けるように、ボレーして相手の意表を突く。

どうでしょう?イメージ出来ますか?

こういうプレーが出来るようになると、ダブルスはもっともっと、楽しくなるでしょう。

 

やっぱり、身体に沁みついたステップ、なかなか手ごわいですよ。

私自身もそうでした。

でも、それだとやっぱり、「普通」の反応しか出来ないんですよね。

試合の中で、何かを捨てて攻めるとき。

ステップを捨てる、という発想をぜひ持ってみて下しさい。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    「ドロップボレーはラケットを振らない?」いやいや、スライスをしっかりかけるから安定します

    ドロップボレーに対しての意識は、中級者と上級者では大きな違いがあること…

  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    打点が遠いボレーほど、シンプルで良い

    ボレーで無理している人は、意外と試合で多いように思います。特に…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    ポジショニングが上手いネットプレイヤーは、「相手にあえてショートクロスを打たせて」仕留めるのが上手い…

    ネットプレーが上手い選手を相手にしたときに、ポジショニングでプレッシャ…

  4. ボレー

    テニスの試合で効果的なボレーは、「山なりで深い、遅い」が大前提です

    ボレーのイメージが間違っていると、試合で大事なポイントでミスになる。…

  5. テニス コントロール

    ボレー

    テニスの試合で「ボレーが安定しない人」のほとんどに共通するのは、両手の距離感の問題

    ソフトテニスを経験していた方は、とてもパンチ力のあるボレーを打ってきま…

  6. テニス ガット

    ボレー

    ストロークからボレー、のグリップチェンジ機会は練習から!

    テニスはどんどん、自分の役割が変わるスポーツ。硬式テニスでは前…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    日々の雑記

    「自分はこんなもの」と、どこかで決め付けてない?
  2. テニス リーダー

    戦術

    毎年団体戦3回戦止まりの学校なら、「シングルス3本+ダブルス2本」の団体戦の戦い…
  3. テニス メンタル

    戦術

    「次はこんなボールが来そうだな」という感覚を、磨いていかないと
  4. テニス ルール

    その他

    Q&A「テニスの試合で、タイブレークの勝率が悪いのですが、何か良い作戦は…
  5. テニス メンタル

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる、…
PAGE TOP