テニス スマッシュ

フットワーク

試合では、「はいキター、ありがとー!」という感覚で

試合で、思うように自分のプレーが出来ない・・・と、お悩みのみなさん。

言葉の力、を借りましょう。

強引にでも、こういう感覚、でボールを待ってほしい、呼び込んでほしい。

きっと、リラックスして最後、仕留めることが出来ると思いますよ。

 

試合では、「はいキター、ありがとー!」という感覚で

 


 

1.みなさん、技術はあるんですから

私は、こう考えています。

普通の練習、なら絶対にミスなく出来るボレー、スマッシュ等・・・。

試合でどうにも失敗してしまうのは、やっぱり「決めないといけない!」と思ってしまうから。

でも、予測が当たっているなら、慌てる必要は全くないですよね。

少し自分に、余裕を持った感じ、の言葉を自分にかけてみる。

私はいつも、動きながら、「はい、キター!」「ありがと!」と思いながらプレーしています。

実際に声に出すと、当然マナー違反ですからやらないですけど。

自分の心の中では大声を出しているつもり、です。

 

2.相手は敵だけど、自分の「協力者」でもある

この言葉で、一機に味方にしてしまう。

自分が呼び込む、動くところに相手は「打ってくれる」訳ですから。

「そんなに都合良く、いくわけ無いじゃん・・・」と思う方も、多いでしょう。

でも、実際に予測が当たるときって、試合の中であるじゃないですか。

そういう場面で、「ありがとー!」という感じで打てば、自分もリラックスできる。

「よし!来た!」だと、なんだかミス出来ない、自分も追い詰められているような感じ、もありませんか?

言葉のあや、の問題だと思いますが、自分の頭の中を巡らせる言葉は、選んでおきたい。

より自分がリラックスできる、最後にフィニッシュ出来るようなイメージ、が持ちやすい言葉が欲しいですよね。

 

3.罠を張るのが楽しくなれば、もうダブルス上手

実際に、こうやって罠を張るような場面、試合ではたくさんあります。

待っているのでなく、自分から誘い込む。

この感覚、は何度も失敗しながら身につけていくもの、でしょう。

相手を自分の協力者にする、には、相手が何を考えているのか、どういう性格なのか・・・も、想像力を働かせてイメージしないといけない。

どうでしょう、みなさん。

ちょっとワクワクしてきませんか?

 

4.決めるコースは、いつものお約束コースへ

何も、難しく考える必要は無いと思います。

ダブルスの試合、決まるコースはいつだって「お約束」のコースですから。

雁行陣なら後衛の前、並行陣ならセンターからのアングル、ロブ。

このお約束のコース、に打つためにボールを呼び込んでいく、のがテニスですから。

やっていることは、毎回違うようで結構同じ。

テニスは、お約束に始まり、お約束に終わる、ポイントが多い。

「はい、今回もありがとう!」の精神、大事にしたいですね。

 

ちょっと、相手に対して上から目線で。

もちろん油断はしないですが、気負うこともしない。

テニスの試合では、チャンスでこそ、そうありたいですよね。

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    フットワーク

    ボール2個で簡単に出来る、超絶使えるフットワークトレーニング

    試合前でも、普段の練習でも、簡単に出来るフットワークメニュー。…

  2. テニス メンタル

    フットワーク

    「テニスに必要な体力は何か?」と考えると、効率的なトレーニングが見えてくる

    トレーニングは大事だけど、なかなか取り組むことが出来なくて・・・と、悩…

  3. テニス ダブルス

    フットワーク

    相手のドロップショットを読めるようになるには、フライングダッシュを繰り返すのが一番

    試合の中で、強い相手にドロップショットを繰り返される。ドロップ…

  4. テニス サーブ

    フットワーク

    どんなに上手い選手でも、テニスは自分のポジショニングによって打てる場所は限られる

    テニスが上手い人、対戦相手って「いつもでもどこでも、好きな場所に打てる…

  5. テニス ボレー
  6. フットワーク

    「ギリギリボールを正確に」返球するために、テニスの試合で身に付けるフットワークとは?

    テニスラケットがどんどん発達している。でもやっぱりテニスはアナ…

特集記事

  1. 戦術

    相手が強気で来る場面は、冷静に「動いてくる逆」を突いていこう
  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    両手バックハンドストロークを安定させるのに、効果的な「変則ショートラリー」練習と…
  3. テニス 雨

    メンタル

    「雨の日」、「怪我したとき」、「試合で初戦敗退した日」にこそ、テニスが強くなれる…
  4. テニス メンタル

    ストローク

    フォアハンドが打てない、グリップも分からない症候群に陥ったみなさんへ
  5. テニス サーブ

    日々の雑記

    自分が嫌なテニスは、続かないですから
PAGE TOP