テニス ストローク

リターン

リターンの反応が遅い選手は、ネット上に分岐点を作って待つようにしてみよう

リターンの反応が、遅いと感じている人・・・。

なかなか、ブレイクチャンスも作れないですよね。

もしチャンスを作っても、いまいち自信が持てないので、活かし切れない。

そんな方は、このあたりから意識を変えてみてはどうでしょう?

 

リターンの反応が遅い選手は、ネット上に分岐点を作って待つようにしてみよう

 

1.反応が遅いんじゃなくて、判断が遅いだけ

どうでしょう、私はこう思いますよ。

リターンも、フォアハンドかバックハンド。

この判断が遅いだけ、です。

反応が遅くて取れない、サーブは本当のビッグサーブだけでしょう。

そして、そんな対戦相手はそう多くはいない。

アナタ自身、フォアハンドかバックハンドか、をしっかり早く判断出来ればリターンは見違えるようになります。

その判断力を高めるコツは、視覚をどう調整するか、にヒントがあるはずです。

 

2.相手サーブの打ち出しからネットを超える前、までが勝負!

私はいつも、ネットの上にポイントを置きます。

そのポイントとは、分岐点。

ここから左ならバックハンド、ここから右ならフォアハンド。

こういう感じで、相手が打った瞬間からネット上の分岐点、に入るまでが勝負。

分岐点で見極めて、素早く身体をターンさせて反応する。

この意識があれば、結構積極的にリターンも打っていけるんですよね。

分岐点上、を通過するサーブなら、フォアハンドで回り込む。

これくらい決めておけば、慣れると身体が勝手に反応してくれるようになるはず。

まずいのは、漠然と待って判断が遅れること、でしょう。

 

3.相手のサーブを打つ前の立ち位置、もチェック!

ただ、相手によってこの通過点は変わります。

なぜなら、相手がサーブを打ってくるポジション、は違いますから。

打ち出す場所、が違えば、ネットの上で通過した後の軌道、も変わりますよね。

相手が立っている位置によっては、センターに入り辛いようなサーブ、もあるはず。

「そこまで、よくわからない・・・」という方は、相手が打つ前にじっくり観察してみて下さい。

誰かに教わるのを待つのではなく、自分から法則を見つけていく。

そうすれば、私が書いていることも「なんだ、そういうことか!」と気付ける日が来るはずです。

 

4.相手サーブの出だし、に神経を集中させよう

これも大事なコツ、です。

ボールを打った瞬間、の軌道をしっかり見極める。

ボールは当然、相手のラケットからしか打ち出されてこない訳ですから。

その点に集中して、その後に分岐点に入ってスムーズな判断ができるように。

そして、その精度を上げるために、コートの後方ではなく前に入る。

くらいの意識で、私は良いと思いますよ。

 

分岐点を設定して判断力を上げる。

優柔不断な人は、こうやって何かルールを自分で作るように意識してみましょう。

試合で緊張した場面でも、自分のルールに沿って判断していく、遅れないようにする。

何事も、工夫次第ですよ。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ

関連記事

  1. テニス ロブ

    リターン

    「セカンドになったら、攻めよう」と考える人が9割

    相手のサービスゲームで、何を考えるのか。私はいつも、「あっと驚…

  2. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で相手から「ダブルフォルトをもらう」リターンのときの秘策とは?

    正直なところ、試合の中で「このポイント、ダブってくれないかな・・・」と…

  3. テニス ロブ

    リターン

    試合で対戦したときに、「深く鋭いサーブ」をしっかり返球できるリターンの技5つ

    試合でサーブが良い対戦相手、と当たる機会は絶対に増えてくる。そ…

  4. テニス ストローク

    リターン

    速いサーブを、しっかりリターンするコツ5つ

    春になり、試合のシーズンに入って来た方も多いと思います。まず、…

  5. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンのときにまず考えるべきこと」は、浅いサーブに備えることです

    リターンに苦手意識を持っている方。普段どういう感じでのリターン…

  6. テニス ストローク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. サーブ

    センターへのサーブのコントロール、を磨く方法5つ
  2. テニス 居場所

    メンタル

    テニスの練習も試合も、「居心地の良い場所にいる癖」が付くとテニスの上達は止まる
  3. テニス 多動力

    テニス知識

    多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    フォアハンドの逆クロスをしっかりコントロールするには、「打点を身体の横、少し後ろ…
  5. ダブルス

    ダブルスの試合で、「前衛のボールか後衛のボールか、分からない・・・」人はこうやっ…
PAGE TOP