その他

テニスの試合の現場では、「残像を残さない」ようにしないと絶対にはまってしまう

試合でミスが続くとき。

それって、やっぱり何かを引きずっているとき、じゃないですかね。

同じようなショットを打つ、前にミスした時の感覚が蘇る・・・のが、普通です。

だからこそ、しっかりアナタ自身が対策を取っておかないとダメでしょう。

 

テニスの試合の現場では、「残像を残さない」ようにしないと絶対にはまってしまう

 

1.残像は、絶対に残っている

これは、試合の現場で強く感じます。

みなさんも、リターンのときなんて、まさにそうじゃないですか?

リターンミスの残像が残ったまま、同じようなサーブが来て・・・また同じようなリターンでミス、経験ありませんか?

これって、ミスにはまって負けていくときの典型的なパターンですよね。

実際に試合で、みなさんも経験あると思います。

忘れようと思うと、余計に難しい。

では、どうするのかを考えていきましょう。

2.残像を残さない為には、何かをハッキリ変える

私なら、立つ位置を変える。

それも、相手がトスアップしてから微妙にリターンの位置をずらします。

フォアハンドで回り込む、前に出る、何かを変えていけば「同じミスが起きる確率」が減ると思うんです。

もちろん、新しいことという意味ではリスクもありますよ。

でも、痛い失敗は大胆に変えた方が私の経験上、上手くいくことが多い。

シングルスなら両サイド、順番にリターンのサイドが変わりますが、ダブルスはずっと片方のサイドのリターンだけですよね。

何かを変えていかないと、ずっと同じようなサーブに同じミス、の残像が抜けないですよ。

 

3.リターンミスから崩れる試合を減らせば、絶対に勝てる

サーブ、と同じくらいの回数を打つのがリターン。

もう、これのミスで負けていった試合、何試合あるでしょうか。

私は、昔は結構多かったですが、最近では減ったような気がします。

先ほど書いたように、何かをハッキリ変えて待つ、ことで気分転換にもなるし、自然に相手に対しても良い揺さぶりになる、

一石二鳥、だと思いますよ。

 

4.いかに相手に同じ攻めをさせないか、を考えるのも大事

自分が変わる、すると・・・相手はどうでしょう。

「お、ちょっと変えて来たな・・・」と思うだけで、前と同じサーブを打つのは簡単じゃない。

ミスを誘うプレーで、自分がミスをしてしまう。

同じ攻撃をさせない、という工夫は、アナタ自身のプレーの幅がなせる技。

ずっと同じような、一本調子のプレーしか出来ないなら、そりゃ残像も残ってミスが続きますよ。

まずはリターン、から変えていきませんか?

 

ダブルスの雰囲気が悪くなるのは、絶対にリターンから。

片方のサイドがずっとミス、でも、ゲームは取り切れません。

特にデュース有り、の試合形式だとそうですよね。

「何度アドバンテージ、持って来れば良いんだよ!」となりますからね。

自分自身がミスの残像を残さない工夫、しっかり実行していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス ダブルス

    その他

    完璧な戦術、作戦、陣形を求め過ぎる人は、結果的にテニスの試合に勝てない

    テニスの試合で必要なセオリー、「それはどこまで覚えれば良いの?」という…

  2. テニス メンタル

    その他

    テニス選手であるなら、「必ずしもスペシャリストである必要は無い」と私は思う

    テニス選手として、自分のテニスを考えるとき。みなさんは、「自分…

  3. テニス 部活

    その他

    「チームの和を乱す実力者」は、アナタのチームに必要だろうか?

    「部活の和が、乱されてしまう」「テニスは上手いんだけど、周りへ…

  4. その他

    周りの後輩みんなの態度が悪いなら、チーム全体の仕組みや工夫の部分で何かが足りない

    「後輩の態度が悪いので、何とかしたいのですが・・・」こういったご相…

  5. テニス メンタル

    その他

    【保存版】「テニスノートを活用して試合に勝つ!」ために必読な10記事

    今回は、テニスノートに関する記事を人気アクセス順にまとめてみました。…

  6. テニス 気付き

    その他

    リーダーになった時点で、止まる人と伸びる人

    学生時代に、テニス部やサークルに所属していた人。社会人になって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    テニスの上達は、「すぐに効果が出ないこと」を、どれだけ続けられるかにかかっている…
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    自分から速い球を打って、「返されると反応出来ない」のは、テニスで一番みっともない…
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合で「ストレートロブ」を相手前衛に触らせると、上手く陣形を崩せて攻撃…
  4. テニス 戦術

    フットワーク

    テニスの試合で、意外と「遅いボールの返球が難しい」理由5つ
  5. テニス メンタル

    ボレー

    試合中の「ネットプレーでのミス」を、相手は絶対引きずっている
PAGE TOP