その他

テニスの試合の現場では、「残像を残さない」ようにしないと絶対にはまってしまう

試合でミスが続くとき。

それって、やっぱり何かを引きずっているとき、じゃないですかね。

同じようなショットを打つ、前にミスした時の感覚が蘇る・・・のが、普通です。

だからこそ、しっかりアナタ自身が対策を取っておかないとダメでしょう。

 

テニスの試合の現場では、「残像を残さない」ようにしないと絶対にはまってしまう

 

1.残像は、絶対に残っている

これは、試合の現場で強く感じます。

みなさんも、リターンのときなんて、まさにそうじゃないですか?

リターンミスの残像が残ったまま、同じようなサーブが来て・・・また同じようなリターンでミス、経験ありませんか?

これって、ミスにはまって負けていくときの典型的なパターンですよね。

実際に試合で、みなさんも経験あると思います。

忘れようと思うと、余計に難しい。

では、どうするのかを考えていきましょう。

2.残像を残さない為には、何かをハッキリ変える

私なら、立つ位置を変える。

それも、相手がトスアップしてから微妙にリターンの位置をずらします。

フォアハンドで回り込む、前に出る、何かを変えていけば「同じミスが起きる確率」が減ると思うんです。

もちろん、新しいことという意味ではリスクもありますよ。

でも、痛い失敗は大胆に変えた方が私の経験上、上手くいくことが多い。

シングルスなら両サイド、順番にリターンのサイドが変わりますが、ダブルスはずっと片方のサイドのリターンだけですよね。

何かを変えていかないと、ずっと同じようなサーブに同じミス、の残像が抜けないですよ。

 

3.リターンミスから崩れる試合を減らせば、絶対に勝てる

サーブ、と同じくらいの回数を打つのがリターン。

もう、これのミスで負けていった試合、何試合あるでしょうか。

私は、昔は結構多かったですが、最近では減ったような気がします。

先ほど書いたように、何かをハッキリ変えて待つ、ことで気分転換にもなるし、自然に相手に対しても良い揺さぶりになる、

一石二鳥、だと思いますよ。

 

4.いかに相手に同じ攻めをさせないか、を考えるのも大事

自分が変わる、すると・・・相手はどうでしょう。

「お、ちょっと変えて来たな・・・」と思うだけで、前と同じサーブを打つのは簡単じゃない。

ミスを誘うプレーで、自分がミスをしてしまう。

同じ攻撃をさせない、という工夫は、アナタ自身のプレーの幅がなせる技。

ずっと同じような、一本調子のプレーしか出来ないなら、そりゃ残像も残ってミスが続きますよ。

まずはリターン、から変えていきませんか?

 

ダブルスの雰囲気が悪くなるのは、絶対にリターンから。

片方のサイドがずっとミス、でも、ゲームは取り切れません。

特にデュース有り、の試合形式だとそうですよね。

「何度アドバンテージ、持って来れば良いんだよ!」となりますからね。

自分自身がミスの残像を残さない工夫、しっかり実行していきましょう!

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. その他

    「さぁ、走り込みを始めよう」テニスの試合で技術を活かす為にもベースとなる体力は絶対必要!

    あまり詳しくは覚えていないけど、幼稚園に入園した頃から喘息の発作に苦し…

  2. テニス 目

    その他

    相手の速いショットを返球出来ない人は、「速いボールを見るコツ」を意識してみよう!

    テニスもレベルが上がってくると、当然相手のボールも早くなる。速…

  3. テニス 指導

    その他

    「規律と平等」が無いテニスチームには、強い選手は育たない

    「部活の上下関係で、悩んでいます・・・」といった声、よく伺います。…

  4. テニス メンタル

    その他

    「テニス強豪校の部室って、どんな感じ?」試合に強いテニス部に共通するポイント5つ

    今年もインターハイ、全日本ジュニアが終わり、ジュニア選手はこれでひと段…

  5. その他

    国の威信をかけた漢のテニスの戦い、「デビスカップ名勝負」動画3選

    団体戦の醍醐味、それは何と言ってもチームの重みを感じながら戦えること。…

  6. テニス 気付き

    その他

    テニスの試合力は、「アルバイトでも鍛えられる!」部活やサークルとの両立は、オススメです

    部活やサークルでテニスを頑張る、試合でも勝ちたい・・・。そんな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    戦術

    試合が相手の流れで進んでいるときに必要な、試合のテンポを遅くする技5つ
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合を勝ち抜くために、ペアで連動すべきポイントはどこか?
  3. テニス ロブ

    メンタル

    「メンタルが強くなって試合に勝てるようになる」よりも、「試合に勝っていく中でメン…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「ローボレーが深く打てるとき」は、前に詰めていこう
  5. テニス ボレー

    戦術

    イメージ通りのカウントを作っていく、ことがメンタルの安定につながる
PAGE TOP