テニス サーブ

リターン

サーブが入って「ホッ」とする瞬間を、見逃してはいけない

今回は、すぐに実践出来て試合で効果的な作戦、をご紹介します。

私自身が、いつもやっていることですが、これが効く相手には凄く効きます。

特に相手がメンタルが弱そう、サーブに自信が無さそうな相手だと、効果的だと思いますよ!

相手の表情をよく見ながら、やってみて下さい。

 

サーブが入って「ホッ」とする瞬間を、見逃してはいけない

 

1.サーブが苦手な相手は、絶対にホッとしている

これ、あるあるじゃないですか?

サーブが苦手な人って、入るだけでまずホッとする。

だから、自然と次への構えが遅れるんですよね。

だって、自分のサーブが入るかどうか、不安で仕方ない。

相手のジャッジを見て、「あ、入ったのか、よしラリーだ!」という感じで、ワンテンポ遅いんですよね。

この隙を、見逃す手はありません。

アナタがリターンなら、出来るだけ実践したいのはこの作戦、です。

 

2.サーブの直後に、リターンをサーブを打った相手に返球する

サーブを打って入って、ホッとした・・・と思ったら!

すぐにリターンが、自分のところに返球されたらどうでしょう。

それだけでパニック、になるはずです。

サーブを入れることで精いっぱいなのに、もう次のボールが自分の近くに飛んで来ている。

この現実って、受け入れがたいんだと思います。

よく分からないままに、意図のないボールを打つしかない。

サーブでいっぱいいっぱいになっている相手、の表情をよく見てみましょう。

きっと、リターンをそのサーブを打った人に返球するだけで、ポイントが楽に取れるはずですよ。

 

3.オススメなのは、リターンダッシュ!

私はなるべく、相手に速いタイミングで返球したいのでリターンダッシュをかけます。

こうすると、前のポジションで打ちやすいですからね。

しかも、相手にもう一つのプレッシャー、「相手が前に来ている」という怖さも与えることが出来る。

サーブを打つことだけで頭がいっぱいな人、には、なるべく速く次のリターンからのボールを触らせる。

その為に、何が出来るのかを考えてみましょう。

シンプルに、前に入ってリターン、が一番じゃないですかね。

 

4.サーブが苦手な人には、その次のボールを触らせれば良い

まとめますと、こういうことですね。

サーブが苦手そうな相手には、リターンをシンプルにその選手に返球していく。

サーブが入ってホッとしている相手、に次に考える時間を与えないことが第一、です。

ちょっとした作戦ですが、こういう作戦があると自分の中でも余裕が生まれるんですよね。

「これをすれば良いんだ」というのが見えてくると、楽ですから。

サーブが苦手そうな相手、には絶対に効きます。

ぜひ、試合の中で試してみて下さい。

 

特にセカンドサーブ、ですね。

遠慮なく攻撃していきましょう。

だって相手は、「ダブらなくて良かった・・・」くらいに思っていることも多い。

精神的な隙は、どんどん突いていく。

テニスの試合は、これでいきましょう。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    リターン

    身長が低い選手のサーブは、「回転系」が基本になる

    テニスの試合、サーブの特徴は早く把握するに越したことは無い。特…

  2. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合では、「リターン位置をはっきり前にする」ことで、高い打点から攻撃が出来ます!

    リターンからの攻撃パターンを作っておくと、試合で勝てる。これだ…

  3. テニス ストローク

    リターン

    「気持ちがこもった」プレーなら、相手前衛を気にする必要は無い

    ダブルスの後衛で、プレーをしているとき。調子が悪いときって、や…

  4. リターン

    リターンとストロークは、別物

    テニスにおいて、これは大事な意識。みなさんの中で、どう違いを作…

  5. リターン

    リターンミスが多い人は、「伸び上がり」を抑えて安定感を高めよう

    リターンでミスが多い、ネットやアウトが多い方は、伸び上がっているケース…

  6. テニス 調子

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. その他

    希少種になること、は強くなるということ
  2. テニス メンタル

    ストローク

    改めて考えてみる、「シングルスでのシコラー対策」についての新しい視点
  3. ストローク

    テニスの試合で使えるフォアハンドを武器にしたいなら、「パワー以外の方向性」をお勧…
  4. テニス 観察

    リターン

    サーブ&ボレーの相手に、「しっかりリターンを沈めて攻撃させない」為に必要…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに頼る者、サーブに泣いて負けていく
PAGE TOP