テニス メンタル

練習メニュー

「ネットプレーヤーを前後に揺さぶって崩す」為に必要なテニスのストローク技術を磨く練習メニュー

ネットプレーヤーを左右だけでなく、前後に揺さぶるストローク技術を磨く練習です。

ベテランプレーヤーだけでなく、ダブルスを主戦場とする選手全てに必要な練習ですので、しっかり理解して実践しましょう。

 

■人数:4~8人

■レベル:初中級~中上級

■目的:相手の位置を見て、足元に沈めるストロークとロブを同じフォームから打てるようにする

 


 

【練習方法】

コート縦半面を用いて、1対1のボレー対ストロークのラリー形式で行う。

ボレー側はネットとサービスラインの中間に立ち、ボールが浅くならないように返球し続ける。

この際には、厳しいボールは打たずにある程度相手に攻めさせる。

ストローク側は足元に打つボールと、ロブを混ぜてラリーする。

いずれもスピードは少し遅めに調整。

相手を前後に動かして、取れる範囲に打って揺さぶる。

4往復程度繋がった後は、ポイントを取りにいってOK。

最初の段階では、ボレー側はドロップボレー禁止。

 

【発展練習】

①ボレーヤーがポジションに前後差を付けてストローク側を揺さぶる。

極端なポジショニングでOK。ストローク側はそれをしっかり周辺視野として把握すること。

 

②ボレーヤーも前後のショット(ドロップボレー)を有りとする。

お互いが前後に揺さぶり合い、ポイントを競う。ボレーとストロークが逆転してもOK。

 

【ポイント】

ストローク側は、相手にどういうショットを打つか悟られないようフォームを一定に保つ。

その為にはしっかりとしたフットワークでボールに入り、ボールを視界に捉えながら周辺視野として相手を見るのがポイント。

慣れると正確な遠近感でネット越しの相手のポジションを把握できるようになる。

ストローク側はチャンスが来るまで、左右の空いたスペースへパッシングショットを打たない。

あくまで前後に相手を揺さぶる練習として行う。

 

【メニュー作成者から一言】

ミックスダブルスに非常に有効な練習。

ポイントは、「相手に頑張って触れるところ」に打つということ。

即チェンジ、というはっきりしたロブではなく、相手のミスやチャンスボールを誘発する崩し方を身に付けると展開が拡がる。

基本的にはストローク側の練習がメインですが、ボレー側はこの練習で決断力を養いましょう。

ローボレー or ハーフボレー?スマッシュ or ハイボレー? といった部分を、自分の中でどれだけ

早く決断できるか。決断のスピードは意識すれば必ず早くなり、ミスを減らすことに繋がります。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス ストローク

    練習メニュー

    何がキツイって、毎回同じ練習の繰り返しが一番キツイはず

    キツイ練習、楽な練習。皆さんは、何をもってキツイ、楽だと判断し…

  2. テニス 戦術

    練習メニュー

    上手くなるとは、再現性を高めること

    自分はテニスが上達しているのか、どうか。これを計る基準、みなさ…

  3. テニス 打点

    練習メニュー

    緊張した場面で、力を引き出す為には?

    試合の中で、緊張した場面で力を発揮する。これが出来る、自信が…

  4. 練習メニュー

    「初心者にまず何を教えよう??」最初のテニスの練習に、実は最適なアノ練習メニュー

    4月は部活に新入部員が入ってくる。新しい部員に色んなことを教え…

  5. テニス 準備

    練習メニュー

    まず軌道から入る、技術は後から

    自分が打ちたいショット、その軌道。みなさん、しっかりイメージ…

  6. テニス マナー

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「ビビッて置きに行くストローク」は、試合中に変えないと後悔だけが残る
  2. リターン

    相手が並行陣、さぁどうする?
  3. その他

    T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. テニス 不器用

    メンタル

    「試合慣れしていない人」とは、いつも同じ景色しか見慣れていない人
  5. テニス ボレー

    テニス知識

    練習でも試合でも、「テニスコートで怪我をしやすい人」の特徴5つ
PAGE TOP