テニス メンタル

練習メニュー

「ネットプレーヤーを前後に揺さぶって崩す」為に必要なテニスのストローク技術を磨く練習メニュー

ネットプレーヤーを左右だけでなく、前後に揺さぶるストローク技術を磨く練習です。

ベテランプレーヤーだけでなく、ダブルスを主戦場とする選手全てに必要な練習ですので、しっかり理解して実践しましょう。

 

■人数:4~8人

■レベル:初中級~中上級

■目的:相手の位置を見て、足元に沈めるストロークとロブを同じフォームから打てるようにする

 


 

【練習方法】

コート縦半面を用いて、1対1のボレー対ストロークのラリー形式で行う。

ボレー側はネットとサービスラインの中間に立ち、ボールが浅くならないように返球し続ける。

この際には、厳しいボールは打たずにある程度相手に攻めさせる。

ストローク側は足元に打つボールと、ロブを混ぜてラリーする。

いずれもスピードは少し遅めに調整。

相手を前後に動かして、取れる範囲に打って揺さぶる。

4往復程度繋がった後は、ポイントを取りにいってOK。

最初の段階では、ボレー側はドロップボレー禁止。

 

【発展練習】

①ボレーヤーがポジションに前後差を付けてストローク側を揺さぶる。

極端なポジショニングでOK。ストローク側はそれをしっかり周辺視野として把握すること。

 

②ボレーヤーも前後のショット(ドロップボレー)を有りとする。

お互いが前後に揺さぶり合い、ポイントを競う。ボレーとストロークが逆転してもOK。

 

【ポイント】

ストローク側は、相手にどういうショットを打つか悟られないようフォームを一定に保つ。

その為にはしっかりとしたフットワークでボールに入り、ボールを視界に捉えながら周辺視野として相手を見るのがポイント。

慣れると正確な遠近感でネット越しの相手のポジションを把握できるようになる。

ストローク側はチャンスが来るまで、左右の空いたスペースへパッシングショットを打たない。

あくまで前後に相手を揺さぶる練習として行う。

 

【メニュー作成者から一言】

ミックスダブルスに非常に有効な練習。

ポイントは、「相手に頑張って触れるところ」に打つということ。

即チェンジ、というはっきりしたロブではなく、相手のミスやチャンスボールを誘発する崩し方を身に付けると展開が拡がる。

基本的にはストローク側の練習がメインですが、ボレー側はこの練習で決断力を養いましょう。

ローボレー or ハーフボレー?スマッシュ or ハイボレー? といった部分を、自分の中でどれだけ

早く決断できるか。決断のスピードは意識すれば必ず早くなり、ミスを減らすことに繋がります。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス 戦術

    練習メニュー

    「普通にクロスでストロークラリーを練習」していても、試合で勝てません。必要なのは・・・?

    部活や練習で、ストロークのクロスラリーの練習をする機会は多いと思います…

  2. テニス ストローク

    練習メニュー

    「バックハンド側を攻めて、フォアハンド側で仕留める」為の、基本球出しメニュー

    シングルスの試合で、基本的な戦術のパターンを徹底的に磨いていく。…

  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    ボレー対ストロークの練習は、ボレーヤーの位置に気を付けないと練習の意味が無い

    この練習、皆さんもよく実践しているんじゃないでしょうか?ボレー…

  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    練習から、「負けたまま」で終わる癖を付けないようにすることが大事

    テニスの試合って、ポイントの奪い合い。どっちかが取れば、次に取…

  5. テニス 陸上

    練習メニュー

    テニスにおいて部活や練習、試合を「消化している」ような感覚に陥ってはいないか?

    何となく部活に入って、練習して試合をする。テニスのおいて、高校…

  6. テニス ストローク

    練習メニュー

    ダブルスの試合で使える「トップスピンロブ」を身に付けたいなら、この練習!

    以前にもご紹介したかも知れませんが、ダブルスの試合で重宝される「トップ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス リターン

    シングルス

    シングルスには、前衛がいないという事実
  2. ボレー

    相手が打って来るスライスストロークは、格好のドロップボレーチャンス!
  3. テニス 錦織圭

    ストローク

    「スライスって使ってる?」改めてテニスの試合で活きるメリットに着目してみました
  4. ストローク

    テニス選手なら自分で考えておきたい、「ストロークを飛ばすパワーの種類とその割合」…
  5. テニス 気付き

    水分補給

    「今年も夏本番!」部活のときに、みんなで実践したい熱中症対策4つ
PAGE TOP