テニス メンタル

戦術

アナタのナイスショットは、相手にとってどうなの?

結局、テニスはここなんです。

相手にとって、どうなのか。

自分で自分のショットを良い、と感じるのは悪くないこと。

でも試合では、相手に反応を見て感じて、変えていかないと勝てない。

自分の調子が良いと感じているのに、試合で勝てない・・・ような人は、きっとこの意識を変えないと同じことの繰り返しですよ。

 

アナタのナイスショットは、相手にとってどうなの?

 

1.相手ありきで、全てを柔軟に対応していく

例えばサーブでも、自分のナイスサーブが軽く返されているとき。

これは、非常に危険な状態です。

相手の山が当たっているのか、そもそもコースがバレているのか・・・真剣に考えないといけない。

もしかしたら、速度を落としたりサーブ&ボレーが必要かもしれない。

アナタにとってのナイスサーブは、相手にとっても返球しやすいサーブかも知れない。

この危機感は、いつでも試合で持っておく必要があります。

 

2.ナイスショットを打ちたい衝動を、抑える

これは、苦しいですが試合で必要なこと。

調子が良いショット、どんどん打ちたい。

でも恐らく、相手は自分のナイスショットを返球するのが好き、なタイプ。

だったら変えていかないと、結果的にポイントが取れませんよね。

自分が気持ち良く打って終わるだけなら、レクリエーションで良い。

試合に負ければ、ストレスが溜まるだけ。

ナイスショットを打ちたい衝動を抑えるストレス、よりもはるかに大きなストレスが試合後に待っているのですから。

 

3.相手が自分に「慣れて来る」タイミングを見逃さない

私は試合の後半は、自分のキャラ設定を変える。

だって、絶対に慣れて来ますから。

「こういう相手ね・・・だったら、こうかな・・・」と、試合慣れした相手は試合の後半は考えて来る。

そこに、新しい自分を投下していく。

ナイスショット、じゃなくても、こっちの方が嫌じゃないですか?

相手が慣れて来るタイミングを覚悟して、先手を打つ。

これは、試合巧者の方ならきっと意識しているポイントだと思います。

 

4.相手の反応を、常にチェックする

これは、ダブルスなら前衛の仕事でしょう。

表情も近くで見れるし、リターンのときもしっかり相手を見ることが出来る。

サーブを打つ選手よりも、正確に状況を把握できるし、何より「第三者」としての視点でアドバイスできる。

「お前のサーブ、相手合ってるね・・・」と、伝えてあげるだけで何か打開策が見えてくるかも知れない。

本人が気持ち良く打っているだけ、だといつの間にか試合に負けてしまう。

調子が良いのに勝てないときって、そんな感じじゃないですか?

 

ナイスショットに酔わない、のはもちろんですが、自分で固執しないことも大事でしょう。

きっと、どこかで「良いショットを打てば、自然と試合も勝てる」という意識があると思うんですよね。

それは、相手次第。

自分のナイスショットが、本当に効くかどうかは相手次第、なんです。

だからテニスは、面白いんですけどね。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. 戦術

    試合で使える戦術は、「攻撃は守備的に、守備は攻撃的に」がキーワード

    テニスは攻守がめまぐるしく変わるスポーツ。ネットを挟んでの打ち…

  2. テニス 緊張

    戦術

    いつの間にか、相手を助けるテニスになってない?

    試合の中で、気付かないうちに・・・って、多いと思いませんか?気…

  3. テニス 客観視

    戦術

    相手の得意ショットを攻略しないと、余裕は無くならない

    相手の得意ショットは、なるべく避ける。これがテニスの試合の鉄則…

  4. テニス 準備

    戦術

    「失敗しても良いから」の言葉を、勘違いしてはいけない

    みなさんから頂いたアンケートを熟読させて頂いていて、一つの言葉が気にな…

  5. テニス 観察

    戦術

    「自分の中でのコツ」を、一番優先して良いんです

    悩んだときには、自分の直感を信じて良い。私は、普段そんな感じで…

  6. テニス 武器

    戦術

    勝ち続けたければ、アンチを取り込もう

    試合に勝つ、強くなるということ。それは、すごく言い方は悪いです…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 準備

    練習メニュー

    試合会場で出来る、テニス選手として必要なウォーミングアップ5つ
  2. テニス 攻撃

    サーブ

    ワイドへのスライスサーブでしっかり相手を追い出したら、あえて「逆」のスペースを使…
  3. テニス ストローク

    ボレー

    チャンスを確実に決める、ボレーの打ち方の基本について
  4. テニス ストローク

    ロブ

    テニスの試合で、「ロブで逃げる」という発想を卒業しよう
  5. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの前衛で特に必要な、「フェイントをかけて相手を揺さぶる」技術を磨いて後衛…
PAGE TOP