テニス メンタル

戦術

アナタのナイスショットは、相手にとってどうなの?

結局、テニスはここなんです。

相手にとって、どうなのか。

自分で自分のショットを良い、と感じるのは悪くないこと。

でも試合では、相手に反応を見て感じて、変えていかないと勝てない。

自分の調子が良いと感じているのに、試合で勝てない・・・ような人は、きっとこの意識を変えないと同じことの繰り返しですよ。

 

アナタのナイスショットは、相手にとってどうなの?

 

1.相手ありきで、全てを柔軟に対応していく

例えばサーブでも、自分のナイスサーブが軽く返されているとき。

これは、非常に危険な状態です。

相手の山が当たっているのか、そもそもコースがバレているのか・・・真剣に考えないといけない。

もしかしたら、速度を落としたりサーブ&ボレーが必要かもしれない。

アナタにとってのナイスサーブは、相手にとっても返球しやすいサーブかも知れない。

この危機感は、いつでも試合で持っておく必要があります。

 

2.ナイスショットを打ちたい衝動を、抑える

これは、苦しいですが試合で必要なこと。

調子が良いショット、どんどん打ちたい。

でも恐らく、相手は自分のナイスショットを返球するのが好き、なタイプ。

だったら変えていかないと、結果的にポイントが取れませんよね。

自分が気持ち良く打って終わるだけなら、レクリエーションで良い。

試合に負ければ、ストレスが溜まるだけ。

ナイスショットを打ちたい衝動を抑えるストレス、よりもはるかに大きなストレスが試合後に待っているのですから。

 

3.相手が自分に「慣れて来る」タイミングを見逃さない

私は試合の後半は、自分のキャラ設定を変える。

だって、絶対に慣れて来ますから。

「こういう相手ね・・・だったら、こうかな・・・」と、試合慣れした相手は試合の後半は考えて来る。

そこに、新しい自分を投下していく。

ナイスショット、じゃなくても、こっちの方が嫌じゃないですか?

相手が慣れて来るタイミングを覚悟して、先手を打つ。

これは、試合巧者の方ならきっと意識しているポイントだと思います。

 

4.相手の反応を、常にチェックする

これは、ダブルスなら前衛の仕事でしょう。

表情も近くで見れるし、リターンのときもしっかり相手を見ることが出来る。

サーブを打つ選手よりも、正確に状況を把握できるし、何より「第三者」としての視点でアドバイスできる。

「お前のサーブ、相手合ってるね・・・」と、伝えてあげるだけで何か打開策が見えてくるかも知れない。

本人が気持ち良く打っているだけ、だといつの間にか試合に負けてしまう。

調子が良いのに勝てないときって、そんな感じじゃないですか?

 

ナイスショットに酔わない、のはもちろんですが、自分で固執しないことも大事でしょう。

きっと、どこかで「良いショットを打てば、自然と試合も勝てる」という意識があると思うんですよね。

それは、相手次第。

自分のナイスショットが、本当に効くかどうかは相手次第、なんです。

だからテニスは、面白いんですけどね。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    今すぐダブルスに勝ちたければ、自分はネット、相手はベースラインという場面を増やしていこう

    高校生の皆さんでも社会人、ベテランやシニアの皆さんでも、私が一貫してお…

  2. 戦術

    テニスの試合では、「相手の主張」を受けて立とう

    テニスの試合、強い相手は必ず何か特徴を持っている。それは、言い…

  3. テニス マナー

    戦術

    「初心者」という意識を捨てた人から、テニス選手として巣立っていく

    無意識にでも、自分の心の中に潜んでいるもの。それは間違いなく行…

  4. テニス メンタル

    戦術

    いつでもどこでも、「反撃コース」を想定しておこう

    テニスの試合で、大事な要素となるカウンターショット。これが上手…

  5. テニス テニスノート

    戦術

    テニスでも自分に1本の軸が出来れば、「被害妄想意識」は消える

    テニスが強くなれない人。なかなか試合で結果が出ない人は、言い方…

  6. 戦術

    打たれてもいないコースを、警戒する必要ある?

    恐らく、アナタ自身は損している。試合の中で、相手に押されている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ダブルス

    「ダブルスの試合で相手前衛にポーチされまくり・・・」アナタのテニスを助ける技術と…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合でいつも、「シード選手に名前負けしてしまう・・・」人にオススメな、ス…
  3. シングルス

    深いコース、の後に同じコースに浅く!
  4. テニス スマートフォン

    テニス知識

    iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの攻撃の型は、「どちらか1人を崩して決める」がほとんど
PAGE TOP