テニス リターン

メンタル

「決まった!」と思う癖を無くさない限り、いつまで経っても詰めの甘いテニス選手で終わります

昨日の錦織選手とジョコビッチ選手の試合、長いラリーの応酬・・・が多かったですね。

テレビで観ていても、「決まった!」と思ったところから相手が拾って、ラリーが継続される。

自分が試合をしているときは、よりこの「決まった!」という感覚、ついつい早く持ってしまいがちですよね。

これがいかに危険か、試合に出続けている人なら理解できると思います。

改めて、この壁を乗り越えて、テニス選手として一皮むけないといけない。

ぜひ、改めて意識を強く持って練習しましょう。

 

「決まった!」と思う癖を無くさない限り、いつまで経っても詰めの甘いテニス選手で終わります

 

1.「決まって欲しい」という願望は、自信の無さの表れ

何かを期待すると、テニスの試合では裏切られる。

「このショットで、決まって欲しい!」と思っているから、どこかで次の動きが止まってしまう。

その一瞬の隙があるから、カウンターを喰らい続ける、または落胆してイージーミスに繋がる。

この連鎖を断ち切るには、強い覚悟と自信を養う練習が必要です。

 

2.粘り強い選手との練習、できていますか?

普段の練習相手、ミスが速い適当な相手とばかり練習していませんか?

気持ちの良いテニスができる相手は、もしかしたら試合を想定したときには適した練習相手では無いかも知れません。

お互いにミスが多い、コート上に落ちているボールが多いようなときは、要注意。

毎日の繰り返しだと、慣れて神経が麻痺している可能性大。

ふと立ち止まってみることも、大事です。

 

3.「普通のショット」のレベルが上がることこそ、テニス選手にとっての成長

例えば一年前のまずまずのナイスショット、ライン際にある程度のスピードで飛んでいく。

このショットが、今のアナタにとって普通のショットになっていなければなりません。

普通のショットのレベルが上がれば、いつでも平然としたラリーが出来て、結果ポイントが決まる。

誰かと比べるのは必ずしも良いことでは無いですが、過去の自分とは定期的に比較することをオススメします。

 

逆の視点でみれば、いかに「一球多く粘るか」が大事だということ。

相手が「決まった!」と思ったボールを拾って返すことで、精神的に追い詰めることが出来るはず。

「そんな泥臭いプレー、自分のスタイルじゃない・・・」と思う人もいるでしょう。

気持ちは分かります。

じゃあ、アナタのスタイルって、何ですか?

その答えが出せて試合で勝てるまでは、粘りながら平凡なショットで攻撃していくテニスに、徹してみてはどうでしょうか?

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「自分はテニスが下手」という言葉は、謙遜でも口にしたり文章に書いてはいけない

    テニスの実力、皆さんは自分で自分をどう感じているのか。もちろん…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    どんなに相手が強敵でも、「人間の力に大差は無い」という意識は大事

    テニスの試合、どうしようも無いくらいの実力者はいる。第一シード…

  3. テニス

    メンタル

    過去の戦績をいつまでも話す人とは、距離を置いた方が良い

    普段、アナタの周りで起きていること、集まってきている人。それは…

  4. テニス 打点

    メンタル

    格上相手に勝ち切るメンタルは、「競る前に終わらせる」くらいの強気な部分が欲しい

    もし、アナタが大事な試合で勝ち進んだとしましょう。まさに、上位…

  5. テニス メンタル
  6. テニス メンタル

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    戦術

    1年前より、楽に勝てるようになっていますか?
  2. テニス コントロール

    戦術

    テニスのナイスショットは、全て組み合わせでしか完成しない
  3. テニス ストローク

    戦術

    「難しいこと」はテニスの試合の中で、どんどん相手にやらせよう
  4. テニス リーダー

    その他

    「インターハイの次は全日本ジュニア」この2つのテニスの大会の特徴と違いとは?
  5. スマッシュ

    コートに叩きつけるスマッシュやハイボレーは、「インパクトと同時にラケットを引く」…
PAGE TOP