テニス リターン

メンタル

「決まった!」と思う癖を無くさない限り、いつまで経っても詰めの甘いテニス選手で終わります

昨日の錦織選手とジョコビッチ選手の試合、長いラリーの応酬・・・が多かったですね。

テレビで観ていても、「決まった!」と思ったところから相手が拾って、ラリーが継続される。

自分が試合をしているときは、よりこの「決まった!」という感覚、ついつい早く持ってしまいがちですよね。

これがいかに危険か、試合に出続けている人なら理解できると思います。

改めて、この壁を乗り越えて、テニス選手として一皮むけないといけない。

ぜひ、改めて意識を強く持って練習しましょう。

 

「決まった!」と思う癖を無くさない限り、いつまで経っても詰めの甘いテニス選手で終わります

 


 

1.「決まって欲しい」という願望は、自信の無さの表れ

何かを期待すると、テニスの試合では裏切られる。

「このショットで、決まって欲しい!」と思っているから、どこかで次の動きが止まってしまう。

その一瞬の隙があるから、カウンターを喰らい続ける、または落胆してイージーミスに繋がる。

この連鎖を断ち切るには、強い覚悟と自信を養う練習が必要です。

 

2.粘り強い選手との練習、できていますか?

普段の練習相手、ミスが速い適当な相手とばかり練習していませんか?

気持ちの良いテニスができる相手は、もしかしたら試合を想定したときには適した練習相手では無いかも知れません。

お互いにミスが多い、コート上に落ちているボールが多いようなときは、要注意。

毎日の繰り返しだと、慣れて神経が麻痺している可能性大。

ふと立ち止まってみることも、大事です。

 

3.「普通のショット」のレベルが上がることこそ、テニス選手にとっての成長

例えば一年前のまずまずのナイスショット、ライン際にある程度のスピードで飛んでいく。

このショットが、今のアナタにとって普通のショットになっていなければなりません。

普通のショットのレベルが上がれば、いつでも平然としたラリーが出来て、結果ポイントが決まる。

誰かと比べるのは必ずしも良いことでは無いですが、過去の自分とは定期的に比較することをオススメします。

 

逆の視点でみれば、いかに「一球多く粘るか」が大事だということ。

相手が「決まった!」と思ったボールを拾って返すことで、精神的に追い詰めることが出来るはず。

「そんな泥臭いプレー、自分のスタイルじゃない・・・」と思う人もいるでしょう。

気持ちは分かります。

じゃあ、アナタのスタイルって、何ですか?

その答えが出せて試合で勝てるまでは、粘りながら平凡なショットで攻撃していくテニスに、徹してみてはどうでしょうか?

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 「第2回 読者ミーティング」を開催します
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    No.1になる選手は、大量リードでも絶対に気を緩めたりしない

    テニスの試合は、どんなにリードを奪っても1セットでは5-0。5…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    0-5まで追い詰められて、「吹っ切っていこう!」と思ったら、思い切って試してみたいこと

    相手も強いし自分の調子も悪い。色々思考錯誤してみたけど、どうに…

  3. テニス 試合

    メンタル

    どんなに強い相手でも、相手の技術に押されて負ける試合というのは少ない

    テニスの試合に出続けていれば、必ず強い相手とは対戦する。第1シ…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    自分への疑いが晴れれば、自信に変わる

    試合の中で、自分に自信を持ち続けること。難しいですよ。…

  5. テニス 調子

    メンタル

    「嫌われるのではなく、嫌がられろ」このニュアンスを間違えると、テニス界で干されます

    テニスは相手あってのスポーツ。だから試合中は、自分自身のプレー…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    いつの間にか、「自分よりレベルが低い人だけ」を見て、自分を安心させていませんか?

    人は無意識のうちに、自分が楽なほうに傾いていく。私自身、自分が…

特集記事

  1. ストローク

    「ボールの変化は最小限で」テニスのライジングショットは高地のコートだとより有効に…
  2. テニス サーブ

    戦術

    「自分の得意なボール」で勝負したくなる、のがテニスの試合では怖い
  3. テニス ミス

    戦術

    調子が良くも悪くも無い状態、とは「良い状態」であると意識しよう
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これくらい、分かっているだろう」ということは、大抵分かってはいない
  5. テニス ロブ

    リターン

    試合で対戦したときに、「深く鋭いサーブ」をしっかり返球できるリターンの技5つ
PAGE TOP