テニス タオル

テニス知識

男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

頂いたアンケートを拝見していて、感じたこと。

意外と、「シングルスの試合を頑張っています!」という方が多いということ。

それも、男女関わらず30代以上の方にもすごく多いように感じました。

すごく嬉しい!と思うと同時に、何か良い情報をお伝え出来ないかな・・・と。

ふと考えていたときに、私の目の前にあったモノ。

それは、洗濯物として干された「タオル」でした。

 

男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

 

1.タオル選びは、プレースタイル選びです

「え?タオルなんて、なんでも良いじゃない・・・?」と思った方、まだまだですね・・・。

試合でのタオルは、まさに相棒。

特にシングルスの試合では、私はチェンジコートですっぽりかぶって「自分だけの空間」を作るのが大好き。

それだけに、肌触りや吸汗性にはうるさいんです。

普通のタオル、はテニスの試合では使えない。

それくらい、学生時代からタオルにはこだわってきました。

2.男子シングルスの試合の発汗量、半端じゃない!

女性のシングルスの試合も、すごく汗をかきますが・・・男性って、より発汗量が多いように感じます。

チェンジコートで、汗を拭いていたら時間切れ、なんてことも起こり得る。

だからこそ、しっかりと吸汗性に優れて、タフで分厚い、ゴワゴワしているくらいのタオルが私好み。

そこで、最近はまっているのがこのチャンピオン性のタオル、です。

 

テニス タオル

出典:amazon

 

まず、このタオルは好みが分かれます。

材質は堅めですし、結構ゴワゴワしている。

そして、新品のうちは吸水性はイマイチです。

何度か洗濯して、洗い込んでから力を発揮する、と思って使い始めた方が良いでしょう。

 

3.デザインはちょっと、派手だけど・・・

これは、ちょっと躊躇するポイント。

でも、チェンジコートのときに、何を考えるか・・・。

少しくらい派手なタオルの方が、気持ちが前向きになりませんか?

真っ黒や真っ白、なタオルだと、私は少し落ち込んでいくような感じになるんですよね・・・。

そしてチャンピオンのブランドは私も普段、スウェットとして着てたりするので、勝手に自分の味方でいてくれるような気がしています。

こういう暗示って、自分のアイテムに対して持つのは大事だと思いますよ。

だってシングルスの試合、味方が多い方が良いじゃないですか。

 

テニス タオル

出典:amazon

 

4.がっつり汗を拭き取れる機能性が凄い

このチャンピオンのタオル、やっぱり魅力は「分厚さ」です。

ガッツリ汗を、一気に拭き取れる。

ゴワゴワしているくらいが、扱いやすいんですよね、試合でのタオルは。

海外ではこういうタオル、結構見るんですが、日本ではあまり見ないんです。

柔らかく、肌さわりが良いタオルがほとんど・・・ですからね。

テニスのシングルスの試合を頑張る選手、にはこういう無骨なタオルがあっても良い。

寒くなるシーズン、汗を早く拭き取らないと風邪の元ですからね。

 

1枚1,7000円、でも恐らく5年くらいはヘビーに使えるでしょう。

チャンピオンって、やっぱり生地の出来はすごく良い・・・。

このタオルを持ってシングルスの試合に行く、それだけで私は大事な「相棒」と一緒にいる気分になれます。

皆さんもお気に入りのタオル、一枚探してみても面白いですよ!

 

 

 

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス ガット

    テニス知識

    モノ、マルチ?ポリ、ナイロン?ガットの種類の基本を覚えましょう

    たくさん種類があって、どれを選んだら良いのか・・・。ガットは本…

  2. トレーニング

    テニス知識

    フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

    フットワークを磨きたい、試合でコートカバーリングを磨きたい人は、どんな…

  3. テニス ラケット
  4. テニス トレーニング

    テニス知識

    プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

    「プッシュアップバー」という器具について、聞いたことはありますか・・・…

  5. テニス 食事

    テニス知識

    「つい、テニスの試合前に食べてない?」テニスの試合前に食べるのをお勧め出来ない5つの食べ物

    今回のウィンブルドン、ダニエル太郎選手は腹痛を訴えて敗退・・・になって…

  6. ピラティスポール

    テニス知識

    テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメです

    テニスを長く続けていると、肩が上がらなくなる・・・。これは最近…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス リターン

    ストローク

    そろそろアナタ自身のテニスも、「打つコースがバレないように隠す」ことが本気で求め…
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合のプレーのほとんどは、「反応」でしかないという事実
  3. テニス ロブ

    ダブルス

    リターンの選手の態勢を観て動く、その判断スピードが前衛には欲しい
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    ナダル選手の強みである、「相手を走らせて自分のフォアハンド側を空けて待つ」作戦を…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブこそ、最近の自分を動画で見ておかないといけないショット
PAGE TOP