テニス タオル

テニス知識

男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

頂いたアンケートを拝見していて、感じたこと。

意外と、「シングルスの試合を頑張っています!」という方が多いということ。

それも、男女関わらず30代以上の方にもすごく多いように感じました。

すごく嬉しい!と思うと同時に、何か良い情報をお伝え出来ないかな・・・と。

ふと考えていたときに、私の目の前にあったモノ。

それは、洗濯物として干された「タオル」でした。

 

男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

 

1.タオル選びは、プレースタイル選びです

「え?タオルなんて、なんでも良いじゃない・・・?」と思った方、まだまだですね・・・。

試合でのタオルは、まさに相棒。

特にシングルスの試合では、私はチェンジコートですっぽりかぶって「自分だけの空間」を作るのが大好き。

それだけに、肌触りや吸汗性にはうるさいんです。

普通のタオル、はテニスの試合では使えない。

それくらい、学生時代からタオルにはこだわってきました。

2.男子シングルスの試合の発汗量、半端じゃない!

女性のシングルスの試合も、すごく汗をかきますが・・・男性って、より発汗量が多いように感じます。

チェンジコートで、汗を拭いていたら時間切れ、なんてことも起こり得る。

だからこそ、しっかりと吸汗性に優れて、タフで分厚い、ゴワゴワしているくらいのタオルが私好み。

そこで、最近はまっているのがこのチャンピオン性のタオル、です。

 

テニス タオル

出典:amazon

 

まず、このタオルは好みが分かれます。

材質は堅めですし、結構ゴワゴワしている。

そして、新品のうちは吸水性はイマイチです。

何度か洗濯して、洗い込んでから力を発揮する、と思って使い始めた方が良いでしょう。

 

3.デザインはちょっと、派手だけど・・・

これは、ちょっと躊躇するポイント。

でも、チェンジコートのときに、何を考えるか・・・。

少しくらい派手なタオルの方が、気持ちが前向きになりませんか?

真っ黒や真っ白、なタオルだと、私は少し落ち込んでいくような感じになるんですよね・・・。

そしてチャンピオンのブランドは私も普段、スウェットとして着てたりするので、勝手に自分の味方でいてくれるような気がしています。

こういう暗示って、自分のアイテムに対して持つのは大事だと思いますよ。

だってシングルスの試合、味方が多い方が良いじゃないですか。

 

テニス タオル

出典:amazon

 

4.がっつり汗を拭き取れる機能性が凄い

このチャンピオンのタオル、やっぱり魅力は「分厚さ」です。

ガッツリ汗を、一気に拭き取れる。

ゴワゴワしているくらいが、扱いやすいんですよね、試合でのタオルは。

海外ではこういうタオル、結構見るんですが、日本ではあまり見ないんです。

柔らかく、肌さわりが良いタオルがほとんど・・・ですからね。

テニスのシングルスの試合を頑張る選手、にはこういう無骨なタオルがあっても良い。

寒くなるシーズン、汗を早く拭き取らないと風邪の元ですからね。

 

1枚1,700円、でも恐らく5年くらいはヘビーに使えるでしょう。

チャンピオンって、やっぱり生地の出来はすごく良い・・・。

このタオルを持ってシングルスの試合に行く、それだけで私は大事な「相棒」と一緒にいる気分になれます。

皆さんもお気に入りのタオル、一枚探してみても面白いですよ!

 

 

 

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス アディダス

    テニス知識

    アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッコイイ

    以前に書かせて頂きましたが、私は足の甲が広い典型的な日本人ぽい足型。…

  2. テニス グッズ

    テニス知識

    テニスの試合に行くときに、ラケットバックに入れとくと便利なグッズ6選

    テニスの試合会場、「あれ持ってくるの忘れたー!」ということ、皆さん経験…

  3. テニス シューズ
  4. テニス 怪我

    テニス知識

    急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

    テニスの試合に、怪我は付き物。試合会場では本部も準備してくれて…

  5. テニス サーブ

    テニス知識

    スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

    スピンサーブは、「屈強な男性が打つサーブ」というのが、一昔前のテニスで…

  6. テニス パラソル

    テニス知識

    晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

    試合中、思いがけない雨に見舞われること、ありますよね。オムニコ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. メンタル

    「やられた」と思うのが、早過ぎる
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で必要なストロークの展開力について、「同じ構えから前後に打てる」…
  3. ストローク

    ドロップショットが相手に効くのは、「その前のショットがしっかり深い」ときだけ
  4. ダブルス

    「ダブルスが分かり始めた30歳」テニスの試合の醍醐味は様々なペアと試合に出れるこ…
  5. メンタル

    コードボールは、決してラッキーや偶然なんかじゃない
PAGE TOP