テニス アディダス

テニス知識

アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッコイイ

以前に書かせて頂きましたが、私は足の甲が広い典型的な日本人ぽい足型。

だから正直、昔からナイキやアディダスのような靴は「先っぽが痛い・・・」と思いながらも、頑張って普段のスニーカーは履いて過ごす毎日。

でもテニスは難しいから、アディダスのシューズはカッコイイけど履き辛いなと思ってました。

そんなとき、先月のテニスの大会で私のパートナーが履いてきたシューズが・・・コレ。

いやもう、オシャレ過ぎてビックリしました。

 

アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッコイイ

 

1.左右非対称の印象的なデザイン!

アディダスのテニスシューズ、と言えばアディバリケード。

以前は錦織選手も愛用してましたし、日本でも根強いファンが多いですよね。

元々、左右への揺さぶりにはめっぽう強いのが特徴で、フットワークを武器にする選手に愛用者が多いのも納得。

特に今回は、「ただでさえカッコイイ、アディバリケード」のシューズが、左右非対称のデザインが最高にカッコイイ。

それが、「バリケード JAPAN」のモデルです。

 

テニス アディダス

出典:amazon

 

2.機能性も充分な、競技者仕様のオムニクレー用シューズ

私も少しだけ、今回パートナーにお願いして履かせてもらったんですが・・・。

「いや、アディダスって、こんなに履きやすかったっけ?」っていうのが、第一印象です。

調べてみると足先が3E仕様になっていて、日本人の足型を考慮したモデルになっているみたいです。

それでいて、元々の伝統としてある「左右へのブレの抑制」に関してはさすがの一言。

機能性も充分で、しかもカッコイイ。

これは、大人の草トープレイヤーにもピッタリですね。

 

テニス アディダス

出典:amazon

 

ソール部分も、非常にバランス良く設計されていると思います。

砂の多いオムニコートでも、しっかり止まりつつも滑るプレーも妨げない。

 

テニス アディダス

出典:amazon

 

3.衝撃吸収に非常に優れたadiPRENE+を採用

でも、どこかアディダスのシューズって「硬い」ようなイメージがありました。

私の中で・・・なんですが。

だから、衝撃吸収性の部分でどうなのかというのが、最後の不安点。

でも、これも衝撃吸収に非常に優れたadiPRENE+を採用することで、ジャンプ、ステップ、全てにおいてすごく頼もしく感じました。

T-PRESSを読んで頂いている皆さんならご理解頂けると思いますが、私自身、コートを走り回り、フェイントで相手を揺さぶり、細かいポジショニングでプレッシャーをかけていくスタイル。

だから、ボールを打っていなくても凄く細かく動くのが特徴・・・ですから、衝撃吸収力が乏しいと、すぐに膝や腰にガタが来る。

もちろんトレーニングも重要なんですが、テニスシューズの機能性も大事。

改めて、今回のこのシューズの完成度は高いなと、感じました。

 

ポイントであしらわれている日の丸も、スタイリッシュ。

最近デ杯を見続けていたせいか、履くだけで日本チームの一員みたいな気持ちになってしまいますね。

テニス アディダス

出典:amazon

 

周りと一味違うテニスシューズ。

でもデザイン自体がシンプルなので、気付いた人が「おっ・・・!」と思ってくれる。

そんなちょっとしたオシャレを楽しみたい方に、オススメです。

 

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス コントロール

    テニス知識

    ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

    T-PRESS読者の皆さんの中には、漫画「ベイビーステップ」を購読して…

  2. テニス ガット

    テニス知識

    モノ、マルチ?ポリ、ナイロン?ガットの種類の基本を覚えましょう

    たくさん種類があって、どれを選んだら良いのか・・・。ガットは本…

  3. テニス 英語

    テニス知識

    プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ

    もしアナタが、将来プロテニス選手やテニスコーチ、審判員として活躍したい…

  4. テニス トレーニング

    テニス知識

    一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

    テニスに必要な体力、筋力をしっかり蓄えておく。その為には、良い…

  5. 食事

    テニス知識

    テニスの試合前に、「飲まない・食べない方が良いモノ」5つ

    暑い時期の試合、食欲も無くてどうしよう・・・と思いながら、試合会場へ。…

  6. テニス 読書

    テニス知識

    T-PRESS筆者が選ぶ「テニスの成長に大事な考え方」を学べる名著5選

    まさに今は、読書の秋。ということで、最近筆者の私が実際に読んで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    戦術

    リターン時の身体の向きは、少しだけコートの内側に向けて構えよう
  2. テニス 環境

    戦術

    「自分のテニスを変えていく」為には、目先の勝利にこだわらない勇気も大切です
  3. テニス ストローク

    ボレー

    シングルスの試合で上手くスライスを使ってくる相手には、早めにネットプレーを見せて…
  4. テニス フットワーク

    ダブルス

    ミックスダブルス必勝法は、「序盤で女性が相手の男性に向かっていく」ことに尽きる
  5. テニス ストローク

    その他

    テニスの絶対原則「ニアサイドを塞いでコート端に打たせる」ことで、ポイントを稼ぐこ…
PAGE TOP