テニス ボレー

メンタル

すごくテニスが上手いのに、「知り合い同士の試合」に弱い人は意外と多い

皆さんの周りにも、いませんか?

草トーや市民大会、団体戦で「知り合い同士の試合」になると、急に弱くなる人。

こういう人って、意外とテニス界には多い気がします。

私は思うんですよね。

知り合い同士の戦い、こそテニスの試合の醍醐味じゃないかなと。

 

すごくテニスが上手いのに、「知り合い同士の試合」に弱い人は意外と多い

 

1.「嫌だ・・・」と思うか、「やってやるか!」と思うのか

日本だと、後者は圧倒的に少ないように思います。

知り合い同士だと、やっぱり試合したくない・・・勝ち負けが付いてしまうのが、気まずいように感じてしまう。

「嫌だ・・・」と思った時点で、もう試合前から勝負は決まっているようなモノ。

「やってやる!」と思える人って、何が違うんでしょうか・・・?

私は、結果を受け入れる覚悟、だけだと思いますよ。

 

2.「本気で負ける」か「本気で勝つ」のどちらか、しかない

知り合い同士で本気でテニスの試合、しっかり出来てますか?

どこか、言い訳出来る部分を残しておきたい・・・というのが、本音じゃないですかね?

いや、それを否定しなくても良いと思います。

私だって正直、試合中にもそうやって逃げたくなってくる。

でも、本気で戦うこと、本気で戦った結果を受け入れる覚悟を持つこと、がテニスの試合では大事。

本気で勝つこと、負けること、決して恥ずかしいことじゃない。

終わった後に、しこりが残る?

いや、ハッキリと白黒ハッキリさせて切磋琢磨していく、方が大事じゃないですか?

 

3.上手い人ほど、「上手いまま終わりたい」と思ってしまう

技術的に高いレベルにある人、ほど私は知り合い同士の試合に弱いと思っています。

小技に走る、ついポイントを決め急いだり、配球で勝とうとこねくり回してくる。

知り合い同士の試合で、ミスが目立つ人ってどこかで「上手い自分」で終わりたい・・・相手になめられないようにしたい・・・と思っている。

相手を倒す、前に自分のイメージを守ってしまう。

これって、知り合い同士の対戦で弱い人の典型例だと思います。

皆さんはどうですか・・・?

 

知り合い同士の試合、「やってやろう!」と思えるかどうか。

考えてみて下さい。

知り合い同士の試合って、テニスのレベルが上がってくれば当たり前のように起こること。

大会で毎回、同じメンバーで勝ち残る・・・のが、アナタの目指す未来じゃないんですか?

本気で戦って、切磋琢磨していく。

知り合い同士の試合、絶対に逃げない覚悟を今日、決めましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス 部活

    メンタル

    テニスの試合で「すぐに格上選手相手に諦めてしまう・・・」人は、もっと弱点を貪欲に探す習慣を

    トーナメントも勝ち進んで3回戦。サーブに触るのもやっとだし、ラ…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「はまらないと勝てないテニス」は、カッコ悪いって気付かないと

    「はまると強い人」って、いますよね。テニス界にも、ビッグサーバ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    試合に強くなる、ということは、外の世界を知るということ

    テニスの試合に勝ちたい。でもそれは、負けるリスクも覚悟のうえで…

  4. テニス 雨
  5. テニス 練習

    メンタル

    自分で決められる人は、確実にテニスも強くなる

    テニスが強くなる人、それって特別な人?でしょうか?私はそうは思…

  6. メンタル

    「嫌われるのではなく、嫌がられろ」このニュアンスを間違えると、テニス界で干されます

    テニスは相手あってのスポーツ。だから試合中は、自分自身のプレーをよ…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス 観察

    ダブルス

    ダブルスでの試合は「お互いの武器を確認すること」でペアの完成度が磨かれていく
  2. テニス ダブルス

    メンタル

    「絶体絶命の場面」をしっかり乗り切れるテニス選手は、頭の中でこう考えている
  3. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「マッチポイントをサービスエースで終わりたい」男子なら誰もが考える…
  4. ダブルス

    発想力が乏しい人はダブルスの前衛で、「ナイスサーブが入る」のを待っている
  5. テニス マナー

    戦術

    「初心者」という意識を捨てた人から、テニス選手として巣立っていく
PAGE TOP