メンタル

「テニス部内のレギュラー決めで、先輩と試合することに・・・」そのとき、どう戦うべきかを考える

テニス部に所属した経験のある人は、経験がある方も多いんじゃないでしょうか。

部活の中でも、「先輩とレギュラー決めの試合」では、辛い経験をした方も多いと思います。

いざ試合前になって考えるのではなく、来るべきときに向けてどんなメンタルで臨めば良いのか。

日本人がとても弱い部分、身内に対して試合に勝つ、という部分を今回は考えてみます。

 

「テニス部内のレギュラー決めで、先輩と試合することに・・・」そのとき、どう戦うべきかを考える

 

■人数の多いテニス部では、公式戦に出るメンバーは限られる

テニスの試合は数あれど、中学・高校・大学などの公式戦は限られた出場枠数しかありません。

県大会予選の出場枠数も強豪校であれば多く、毎年初戦で敗退するチームは少ない。

これはテニスに限らず、他競技でも同じこと。

まずはアナタが所属しているテニス部のレギュラーにならなければ、公式戦の試合に出ることはできないのです。

 

■皆で決めたルールの基で出した結論なら、勝敗に関わらず胸を張ろう

レギュラー選手を決めるルールは、部内でしっかり統一しておきましょう。

一発勝負で決めるのか、実績を考慮するのか。

考慮するのであれば、公平に考慮する期間とルールを決めておくべきです。

顧問の先生が全て独断で決める、というのも良くありません。

勇気がいるかも知れませんが、変える為に動くことをお勧めします。

そして皆で納得して決めたルールを基に決定したレギュラーメンバーは、胸を張って試合に出ましょう。

 

■目の前の試合に勝つことから、逃げてはいけない

部内の試合であれ、お世話になった先輩であれ、目の前の試合から逃げてはいけません。

日本の選手は、「情」に弱い。

これに負けると終わり、という環境が相手にあると、「自分が勝って良いのか・・・」という感情が湧いてきます。

必ず湧いてくると、覚悟しておいたほうが良いでしょう。

「強い方が勝って試合に出る、公式戦でもしっかり勝って恩返しする」という意識が、アナタにとっても対戦する先輩にとっても、最も望ましいこと。

部内の厳しい戦いを乗り越えられれば、公式戦でもきっと結果を残せます。

逆に言えば、強豪校は試合に出ている前から、こういった厳しい戦いで切磋琢磨されているから強いのです。

 

■「辛い」と思えるのは、とても素晴らしいこと

共に辛い練習をしてきたからこそ、湧き出る「辛い」という感情。

これが感じれるなら、アナタのテニス部はきっと素晴らしいチームです。

今までに高校テニス部を何校か訪問してきましたが、部内戦の雰囲気を見れば、強いチームかどうかはすぐに分かります。

そしてどんな結果になったにせよ、それはアナタの長いテニス人生において必ずプラスになるはずです。

「レギュラーメンバーになれなかった悔しさが、自分を強くしてくれた」という大学生、社会人選手もたくさんいます。

結果をどのように捉えて次へのステップにつなげるかは、当然ですがアナタ次第です。

 

これからは、自分自身が後輩と戦うときのことも、考えてみましょう。

「勝って当たり前」と思われている試合ほど、やり辛いものはありません。

それは外の試合でも同じです。

プレッシャーの中で、どういうプレーができるのか・・・練習の60%も出せれば、充分かも知れません。

ということは、練習でのプレーをさらにしっかりレベルアップする必要がありますね。

プレッシャーのかかる試合を常に想定して、日々の練習に励みましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    メンタル

    テニスの試合では、ポイントイメージが固まるまでポジションにはつかないこと

    テニスの試合は、もっと自分のペースで進めて良い。試合の進行状況…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「自分はテニスが下手」という言葉は、謙遜でも口にしたり文章に書いてはいけない

    テニスの実力、皆さんは自分で自分をどう感じているのか。もちろん…

  3. メンタル

    テニスの試合で、「少し左右に振られたくらいで、破れかぶれのショット」になる人は、絶対勝てません

    テニスは左右に動くのが激しいスポーツ。広いコートをシングルスでは一…

  4. テニス 靭テニス

    メンタル

    実行するのに勇気が求められる作戦は、成功すれば相手に「大打撃」を与えることが出来る

    皆さんは、相手にやられて嫌なこと、どんなことですか?私は、リス…

  5. テニス 練習

    メンタル

    テニスの試合の中で、「自分にとってラッキーなポイント」があった後こそ、冷静な自分に戻ろう!

    テニスの試合は、色々なポイントがある。相手のダブルフォルトや、…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスを成長させていく過程では、実力に実績が付いていかない時期もある

    練習では確かな手応えを感じているのに、なかなか試合で結果が出ない。…

特集記事

  1. テニス 練習
  2. テニス トレーニング
  3. テニス ガット
  4. テニス ラケットバッグ
  5. テニス 水分補給
  1. テニス ストローク

    ストローク

    「両手でも片手でも」共通するバックハンドストロークの基本的なコツ5つ
  2. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「しまった・・・出れた・・・」と思った相手前衛の顔を見逃すな!…
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    並行陣のサーブ&ボレーは、「ファーストボレーをストレートに流す準備」をし…
  4. テニス スライス

    フットワーク

    「大きな歩幅から、小さな歩幅へ」フットワークの基本を変えれば、テニスコート上でも…
  5. ダブルス

    テニスの試合で、「対戦相手のフェイト」に引っかかりやすい人、気にしない人の違いと…
PAGE TOP