テニス メンタル

メンタル

「テニス部内のレギュラー決めで、先輩と試合することに・・・」そのとき、どう戦うべきかを考える

テニス部に所属した経験のある人は、経験がある方も多いんじゃないでしょうか。

部活の中でも、「先輩とレギュラー決めの試合」では、辛い経験をした方も多いと思います。

いざ試合前になって考えるのではなく、来るべきときに向けてどんなメンタルで臨めば良いのか。

日本人がとても弱い部分、身内に対して試合に勝つ、という部分を今回は考えてみます。

 

「テニス部内のレギュラー決めで、先輩と試合することに・・・」そのとき、どう戦うべきかを考える

 

■人数の多いテニス部では、公式戦に出るメンバーは限られる

テニスの試合は数あれど、中学・高校・大学などの公式戦は限られた出場枠数しかありません。

県大会予選の出場枠数も強豪校であれば多く、毎年初戦で敗退するチームは少ない。

これはテニスに限らず、他競技でも同じこと。

まずはアナタが所属しているテニス部のレギュラーにならなければ、公式戦の試合に出ることはできないのです。

 

■皆で決めたルールの基で出した結論なら、勝敗に関わらず胸を張ろう

レギュラー選手を決めるルールは、部内でしっかり統一しておきましょう。

一発勝負で決めるのか、実績を考慮するのか。

考慮するのであれば、公平に考慮する期間とルールを決めておくべきです。

顧問の先生が全て独断で決める、というのも良くありません。

勇気がいるかも知れませんが、変える為に動くことをお勧めします。

そして皆で納得して決めたルールを基に決定したレギュラーメンバーは、胸を張って試合に出ましょう。

 

■目の前の試合に勝つことから、逃げてはいけない

部内の試合であれ、お世話になった先輩であれ、目の前の試合から逃げてはいけません。

日本の選手は、「情」に弱い。

これに負けると終わり、という環境が相手にあると、「自分が勝って良いのか・・・」という感情が湧いてきます。

必ず湧いてくると、覚悟しておいたほうが良いでしょう。

「強い方が勝って試合に出る、公式戦でもしっかり勝って恩返しする」という意識が、アナタにとっても対戦する先輩にとっても、最も望ましいこと。

部内の厳しい戦いを乗り越えられれば、公式戦でもきっと結果を残せます。

逆に言えば、強豪校は試合に出ている前から、こういった厳しい戦いで切磋琢磨されているから強いのです。

 

■「辛い」と思えるのは、とても素晴らしいこと

共に辛い練習をしてきたからこそ、湧き出る「辛い」という感情。

これが感じれるなら、アナタのテニス部はきっと素晴らしいチームです。

今までに高校テニス部を何校か訪問してきましたが、部内戦の雰囲気を見れば、強いチームかどうかはすぐに分かります。

そしてどんな結果になったにせよ、それはアナタの長いテニス人生において必ずプラスになるはずです。

「レギュラーメンバーになれなかった悔しさが、自分を強くしてくれた」という大学生、社会人選手もたくさんいます。

結果をどのように捉えて次へのステップにつなげるかは、当然ですがアナタ次第です。

 

これからは、自分自身が後輩と戦うときのことも、考えてみましょう。

「勝って当たり前」と思われている試合ほど、やり辛いものはありません。

それは外の試合でも同じです。

プレッシャーの中で、どういうプレーができるのか・・・練習の60%も出せれば、充分かも知れません。

ということは、練習でのプレーをさらにしっかりレベルアップする必要がありますね。

プレッシャーのかかる試合を常に想定して、日々の練習に励みましょう。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの実力差というものは、「テニスコート上の現場」で変化し続けるから怖い

    実力差・・・テニスの試合では、個人戦だからこそ、差を意識しがち。…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「絶対勝つ!」と気負って挑むより、「良い試合をしよう」と考えて入る方が試合に勝てる可能性大

    テニスの試合前、経験豊富な選手だって少なからず緊張する。特に、…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    相手をおちょくってみる、という意識はテニスの試合で必要です

    テニスの試合、ちょっとした意識の問題について。言葉は悪いかもし…

  4. メンタル

    「緊張感の中で・・・」テニスの試合で実力を発揮する為に、必要なイメージとは?

    試合というものは緊張するものだ。結果が欲しいから負けたくない。…

  5. メンタル

    テニス選手にとっての基本、「自分が打った全ボールを信じ切る」ことは意外と皆実践出来ていない

    テニスの試合を観ていて、「フッ」と残念な間がよぎることがある。あ、…

  6. メンタル

    「勝ち負けなんて重要ではない」と言った人は、みんな負けてるはず・・・という言葉の重みを噛み締めよう

    往年の名選手、マルチナ・ナブラチロワ選手の言葉。有名な言葉ですので…

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス 練習

    その他

    身体能力が高い人が、必ずしもテニスが上手くなるとは限らない
  2. テニス ハードコート

    日々の雑記

    WBCの試合を観て感じる、試合の長さと間の取り方
  3. テニス メンタル

    ストローク

    深い山なりなスピンボールは、「下がらずにライジングショットで打つ」為に必要なポイ…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    セルフジャッジの試合では、「自分がミスショットしたときに、声を出さない」相手がア…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「最先端のビッグサーバー対抗術」錦織選手の戦い方に観る、テニスの試合での攻略法4…
PAGE TOP