テニス メンタル

その他

「やっぱりこの店が良い!」テニスのアフターで選ばれるお店のポイント5つ

練習や試合も終わり、その後は・・・そう、酷使した身体に流し込むBEER。

失ったタンパク質を補給してくれる焼き鳥・・・。

そう、お待ちかねのアフターですね。

体育会出身の筆者には、当時「アフター」の意味が飲み会と分からず、オロオロしてたのを思い出します。

でも、そこで大事なのはお店選び・・・。

まずはそのポイントを整理してみましょう。

 

「やっぱりこの店が良い!」テニスのアフターで選ばれるお店のポイント5つ

1.ラケバを笑顔で扱ってくれる

のっけから、一番大事なポイントです。

ともすれば何十人もがお店に入るとき、その生涯となりかねないのがラケットバッグ。

自分たちの席に置ければ良いけど、大抵ボリュームオーバー。

他の席に置けば迷惑になるし、大切な荷物なのでボーンと投げ飛ばされても少しやるせない気分に。

そこで店員から笑顔で「お預かりします」と言われた日には、もう食後に皿洗いをしたい気分になりますよね。

 

2.ソフトドリンクの料金が安め

本当は全て安い・・・と書きたいとことですが、あえてこれを強調させて頂きます。

そう、最近は特に多いのですが、「飲める人と飲めない人の差が激しい」のが現実です。

会計係としては、男女と同様にこの飲む人飲まない人の区別を付けて、お会計時をまとめたいモノ。

そうなったときに、「ソフトドリンクも高い」と迷いが生じてしまいます。

アルコールとはっきりした値段の区別のつかないお店は、要注意です。

 

3.分煙されているお店かどうか

昨今の禁煙ブーム、テニス界も例外ではありません。

私の周りでも、ほぼ毎年「永久禁煙」を宣言する人が増えています。

そう、やはり喫煙界に対する風当たりは強いですよね。

そこでしっかり分煙されているお店をチョイスし、「喫煙したい方はあちらで・・・」というアナウンスが最初にできる幹事の方は、もうそれだけで後光が差すくらい美しいと思います。

決して喫煙者に対して冷たくならない、優しい心遣いが大切ですね。

 

4.幹事と注文役を覚えてくれる店員がいる

学生テニスサークル、部活、社会人サークル・・・色々な団体のアフター。

どんな環境になっても、「幹事」と「注文役」は必ず存在し続けるのが世の常です。

コレに店員が気付いてくれると、とっても頼もしいのです。

特に食事に関しては、大人数の場所で個別に取っていると収集がつかなくなります。

「良いアフター=食べ残しや飲み残しが少ない」が大原則。

もちろんこれにはお店の協力も必要ですが、幹事と注文役の連携プレーが必要です。

入店したらまず、幹事の方は担当になりそうであろう店員とがっちり握手して会をスタートさせましょう。

 

5.「お写真お撮りしましょうか?」の言葉が、店員から自然に出てくる

やや逆説的ですが、この一声があるお店は、もうリピート必須でしょう。

最近はFacebookしかり、何でもシェア、シェアの世の中。

全体写真はお店をタグ付けしてもらう、恰好のチャンスでもあります。

これが分かっている店は、経験上ドリンクや料理が出てくるのも早いし、雰囲気も良い。

「いや、本当荷物多くて騒がしくてすみません。また来ます。」という言葉が、こちらも自然に出てきます。



まだまだ、「良い居酒屋」というテーマで言えば他にもあるのかも知れませんが、今回は少し的を絞って書いてみました。

テニスにおけるアフターって、大事な「テニス」の要素の一つだと思います。

それを良くも悪くもしてしまうのが、お店選びと幹事の腕。

そう、人任せにするのではなく、あなた自身でも開拓してみませんか?

アフターで良いお店にみんなを案内できれば、きっと周りから一目おかれる存在になれます。

普段行くお店も、こういう視点で見てみても面白いかも知れませんね。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス ガット

    その他

    「ストリングのテンション」気温の変化とプレースタイルで調整しよう

    気温が低くなって来くると、ラケットに張っているストリングのテンションを…

  2. テニス 錦織圭

    その他

    私が改めて考えてみる、「錦織選手の強さは何か?」を紐解く7つのポイント

    これから全仏オープン4回戦に挑む、錦織選手。改めて彼のすごさ、…

  3. テニス メンタル

    その他

    「強い選手だけが特別扱い」される部活やサークルは、その選手も弱くなっていく

    皆さんの周りでも強いチーム、強い学校、サークル、いくつかありますよね。…

  4. テニス メンタル

    その他

    人に何かを伝えたいなら、「違う言葉での表現力」が求められる

    テニスを続けていると、人に何かを教えること、伝えることも増えてくる。…

  5. その他

    「気を付けろ!スポーツドリンク!」試合に出るテニス選手に必要な意識改革

    夏は暑い毎日が続く。練習中もしっかり水分補給をしないとね。…

  6. テニス 客観視

    その他

    「シングルス専門、ダブルス専門」を自負する人に伝えたいことがあります

    「私はダブルス専門だから、シングルスはプレーしません」という人がいます…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    自分の感情中心でテニスをしている人は、試合で勝てる選手にはなれない
  2. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーのコースが安定しない人は、「自分の肩が回転していないか」をチェックしてみよ…
  3. ストローク

    スピンストロークがあるから、追い付いていないボールでもカバー出来る
  4. テニス サーブ

    サーブ

    15-40からデュースにもっていく、その力があるか?
  5. テニス メンタル

    シングルス

    全豪オープンでジョコビッチ選手を苦しめた「センター返球セオリー」は、シングルスで…
PAGE TOP