テニス メンタル

練習メニュー

厳しい練習とは、「通常の試合より相手が優位な状態」からスタートする練習

練習は、厳しく。

でも、実際にどういう目的、感覚で練習すれば試合に勝てるチームになっていくのか。

この部分については、テニス独特のこのテーマ、が大事です。

練習する側、その相手となる台になる側。

をしっかり意識しながら練習内容を考えていきましょう。

 

厳しい練習とは、「通常の試合より相手が優位な状態」からスタートする練習

 

1.練習する選手、その相手をする選手、という意識は大事

何かテーマを決めて練習するときに、2人で均等に練習する・・・のは、難しい。

ただラリーを打ち合う、ならそれも有りだと思いますが、テーマを決めたら「台」になる選手と主役の練習役の区別をハッキリしましょう。

そして、厳しい練習では主役となる選手が「不利」な状態からスタートする。

分かりやすいのが、厳しい球出しからのスタートですよね。

台になる、相手をする選手が優位な状態から開始して、どう挽回していくのか。

これを考えるのが、練習で大事なことです。

 

2.台になる選手は、主役の練習意図をくむことが大事!

例えば、厳しい球出しを拾ったところ、からラリーをスタートする練習をするとします。

やっと触って返球したボールを、台の選手がすぐミスしてしまうようでは意味が無い。

台となる選手は、そこからジワジワ攻めていく、その中で主役の選手が挽回していくのがこの練習の目的のはず。

しっかり目的を理解して、意図をくめるようになることが、良い練習相手の台になるということ。

「自分が自分が」という感じだと、チームとしての練習が成り立たない。

自分の練習は、自分が主役のときにしっかり行う。

皆さんは普段、どうでしょうか?

 

3.厳しい練習、とは「疲れる練習」ではない

ただ疲れる、単純な振り回しの球出し・・・は、もちろん必要な時もあります。

でも、本当に試合で活かせる練習ってやっぱり対人練習。

それも、厳しい状況をイーブンに戻して、しっかり挽回出来る技術を養う練習、だと思います。

普段から、こういう意図を理解しておけば、試合って楽ですよ。

だって、実際には練習でやってきたような場面、数回しかないですからね。

自分が追い込まれて挽回する、ことに慣れた人は、試合自体がすごく楽になる。

練習で強くなるって、こういうことです。

 

普段の練習、もっとメリハリを付けましょう。

不利な状況、を作ってあげる。

練習って、どうしても気持ち良くやりたいイメージが先行してしまいがちですが、それだけだと試合で厳しい。

厳しい練習、の先に試合での成功がある。

これだけは、覚えておいて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス 雨

    練習メニュー

    「あと1本」を絞り出せる選手が、テニスコートでは勝者になっていく

    皆さんは普段の練習、どういう「決まり」で進行してますか?時間?…

  2. テニス 練習
  3. テニス サーブ

    練習メニュー

    試合に必要な「サーブリターンの練習」、こそ工夫しよう

    サーブリターンの練習、みなさんもよくやるメニューだと思います。…

  4. テニス 打点

    練習メニュー

    緊張した場面で、力を引き出す為には?

    試合の中で、緊張した場面で力を発揮する。これが出来る、自信が…

  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    本当に「キツイ」テニスの練習は、体力的なキツさだけじゃない

    皆さんは普段の練習、キツイですか?キツイ日もあれば、そうでない…

  6. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスでも型を覚えた人から、型破りなテニスに進化出来る

    独特なフォーム、戦術で、試合を勝っていける人。みなさんの周りに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 格上相手

    ストローク

    テニスのストロークの安定感をアップする為に、「使ってない軸足ありませんか?」とい…
  2. メンタル

    ミスの根本の原因は、相手に対する恐怖心にある
  3. 戦術

    試合で出せる技、が全て
  4. テニス 客観視

    戦術

    教わって来たことの逆、にこそ活路がある
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーを安定させたければ、「先にインパクト面を作り打点にセット」からテイクバック…
PAGE TOP