テニス メンタル

練習メニュー

厳しい練習とは、「通常の試合より相手が優位な状態」からスタートする練習

練習は、厳しく。

でも、実際にどういう目的、感覚で練習すれば試合に勝てるチームになっていくのか。

この部分については、テニス独特のこのテーマ、が大事です。

練習する側、その相手となる台になる側。

をしっかり意識しながら練習内容を考えていきましょう。

 

厳しい練習とは、「通常の試合より相手が優位な状態」からスタートする練習

 

1.練習する選手、その相手をする選手、という意識は大事

何かテーマを決めて練習するときに、2人で均等に練習する・・・のは、難しい。

ただラリーを打ち合う、ならそれも有りだと思いますが、テーマを決めたら「台」になる選手と主役の練習役の区別をハッキリしましょう。

そして、厳しい練習では主役となる選手が「不利」な状態からスタートする。

分かりやすいのが、厳しい球出しからのスタートですよね。

台になる、相手をする選手が優位な状態から開始して、どう挽回していくのか。

これを考えるのが、練習で大事なことです。

 

2.台になる選手は、主役の練習意図をくむことが大事!

例えば、厳しい球出しを拾ったところ、からラリーをスタートする練習をするとします。

やっと触って返球したボールを、台の選手がすぐミスしてしまうようでは意味が無い。

台となる選手は、そこからジワジワ攻めていく、その中で主役の選手が挽回していくのがこの練習の目的のはず。

しっかり目的を理解して、意図をくめるようになることが、良い練習相手の台になるということ。

「自分が自分が」という感じだと、チームとしての練習が成り立たない。

自分の練習は、自分が主役のときにしっかり行う。

皆さんは普段、どうでしょうか?

 

3.厳しい練習、とは「疲れる練習」ではない

ただ疲れる、単純な振り回しの球出し・・・は、もちろん必要な時もあります。

でも、本当に試合で活かせる練習ってやっぱり対人練習。

それも、厳しい状況をイーブンに戻して、しっかり挽回出来る技術を養う練習、だと思います。

普段から、こういう意図を理解しておけば、試合って楽ですよ。

だって、実際には練習でやってきたような場面、数回しかないですからね。

自分が追い込まれて挽回する、ことに慣れた人は、試合自体がすごく楽になる。

練習で強くなるって、こういうことです。

 

普段の練習、もっとメリハリを付けましょう。

不利な状況、を作ってあげる。

練習って、どうしても気持ち良くやりたいイメージが先行してしまいがちですが、それだけだと試合で厳しい。

厳しい練習、の先に試合での成功がある。

これだけは、覚えておいて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. テニス ストローク

    練習メニュー

    来る場所も打つ場所も決まっている球出し練習なんて、試合で使えると思う?

    「球出し練習は、どうやれば良いですか?」というご質問を、よく頂きます。…

  2. テニス 雨

    練習メニュー

    「あと1本」を絞り出せる選手が、テニスコートでは勝者になっていく

    皆さんは普段の練習、どういう「決まり」で進行してますか?時間?…

  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでも何でも、「分かったつもり」が成長を止める

    つい、私たちは何でも理解したつもりになってしまう。でも、それが…

  4. テニス 練習

    練習メニュー

    「短い練習時間」でも、テニスが上達出来る人、出来ない人はココが違うと思う

    読者の皆さんは、色々な環境でテニスを頑張って練習しているかと思います。…

  5. テニス 部活
  6. テニス 観察眼

    練習メニュー

    テニスコートでの練習で、「ボールを転がしながら拾うチーム」は、絶対強くなれないその理由

    テニスコート上での練習、テニスサークルやテニス部、テニススクールのクラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    こねればこねる程、ボレーは点でしか合わせられなくなる
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    踏み込んでストロークで攻撃、していくときには「高い位置でのテイクバック」で上から…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで「試合前の緊張」と上手く向き合う5つの方法
  4. テニス メンタル

    戦術

    「ミスしようがナイスショットだろうが、次、次」と無表情が基本
  5. テニス メンタル

    テニススクール

    「誰かから指導されている」というレールを、外れる覚悟を持とう
PAGE TOP