テニス イベント

練習メニュー

「毎日のテニスの練習が楽しい」と思えたら、それは危険なサインだと自覚しよう

「苦しいことを強要する」つもりは、毛頭ありません。

ですが、アナタ自身テニスの練習をしている中で、この意識は常に頭の片隅に入れておいて欲しい。

楽しい、という言葉は、楽(らく)と同じ意味を持っている。

この危険性に気付いておくことが、大事です。

 

「毎日の練習が楽しい」と思えたら、それは危険なサインだと自覚しよう

 


 

1.出来ることだけを練習して楽しいのは、うわべだけ

私も過去に、練習でたくさんの反省があります。

高校時代は、「出来ること」しか基本的に練習しなかった。

勉強で言えば、自分が出来るようになった簡単な公式、例題以外はやらないのと同じ。

これで、学力が向上する訳ありませんよね。

出来ることだけをやって楽しい、というのは、実はうわべだけ。

本当の楽しさって、何かを乗り越えて新しいことを身に付ける楽しさ、なはず。

 

2.練習はきつい、試合は楽、を基本ラインに設定しよう

試合に強い人は、もっと厳しい練習環境を設定している。

試合が厳しいのって、体力的なものより精神的なもの、じゃないですか。

普段の練習から、試合と同じくらいの緊張感で精神をすり減らしているかどうか、が現場で強さになる。

練習で楽しんでいる人ほど、試合では苦しんでいる。

厳しいようですが、この事実にまず目を向けるべきでしょう。

 

3.練習も勝負であり、記録を残すことが大事

私は社会人になり、練習時間が限られるようになってから、意識しているのはこれ。

練習の1つのラリーにしても、ネットを挟んだ相手との勝負だということ。

そして、テニスノートに試合結果、練習結果を記録していくこと。

何も残らないと思えば、楽しい・・・というか、気楽で良いですよね。

でも、実際の試合は結果として出るし、変えられない過去として残る。

せめてこのギャップを埋めていく動き、必要だと私は思います。

 

毎日頑張って練習している方、たくさんいると思います。

すごく立派なことですし、継続してもらいたいのですが、やはり試合に「勝てる」ようになる練習になっているかどうかは、常に意識して欲しい。

「ちょっと待て、練習を楽しんでないか?」という問いかけ、大事です。

部活にせよサークルにせよ、強い選手になるには必要な気付きでありステップです。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス ボレー

    練習メニュー

    ボレーボレーの応用編、「両足固定」で何回続くかやってみよう!

    練習前のアップで、ボレーボレーをやる機会多いと思います。ここで…

  2. テニス 読書

    練習メニュー

    テニスノートは、とにかく鮮度が命

    テニス選手として、しっかり意識したい部分。「当たり前」だと思っ…

  3. テニス 練習

    練習メニュー

    テニス部に必要なのは、基礎練習から個性を伸ばす視点だと思う

    熱心なテニス部のみなさんから、たくさんご質問を頂きます。中でも…

  4. 練習メニュー

    練習が締まるかどうか、を人任せにしてはいけない

    良い練習が出来るときと、あまり出来ないとき。この差って、みなさ…

  5. 練習メニュー

    テニスにおける技術は、身に付けるという意識より「どんどん丸呑みしていく」くらいの貪欲な姿勢が大事

    高いお金を払ってテニススクール、プライベートレッスンをやってもなかなか…

  6. テニス 打点

    練習メニュー

    シングルスの試合に必要な「コートカバーリングとコントロール」を養う、基礎的な練習メニュー

    シングルスの試合では、広いコートを幅広くカバーしないといけない。…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    打点が後ろになってしまったスマッシュは、「絶対に振り切ってはいけない」ことを覚え…
  2. テニス メンタル

    ボレー

    「速いボールがボレー出来ない、怖い」のは、ただアナタの目線が高いから
  3. ストローク

    深いストロークのカウンターショット、テイクバックのタイミングに秘密有り
  4. テニス ストローク

    戦術

    センターセオリーを軸に置いて、常にアングルを狙うこと
  5. テニス 評価

    戦術

    どうやって勝ったのか、よりも、どうやって負けたかの方が大事
PAGE TOP