テニス メンタル

ストローク

「ビビッて置きに行くストローク」は、試合中に変えないと後悔だけが残る

皆さんも、必ず経験があるはず。

試合中、ビビッてラケットが振れなくなって、そのまま試合が終わってしまう。

後から後悔しても遅い・・・ですよね。

大事なのは、試合の現場でどうするか?です。

 

「ビビッて置きに行くストローク」は、試合中に変えないと後悔だけが残る

 


 

1.誰だって試合中、パニックになることはある

経験がある選手でも、必ずその恐れはある。

試合中に、どうしてもラケットが振れなくなる。

サーブでもストロークでも、何をやっても上手くいかない、アウトする気しかしない。

大事なのは、「あ、いつものビビっている俺が出て来たな・・・」と思えるかどうか。

気付いている人は、準備出来ている。

多少、気休めな部分もあると思いますが・・・準備しておいて損は無いですよ。

 

2.「振ってアウトしていく」ポイントを、作って良い

結局、ビビッて相手に攻撃されても同じ。

置きに行くようなストロークは、強い相手だと許してはくれない。

攻撃されて失点、が続くなら、思い切って「アウトするポイント」を作ってしまう。

そのポイントは、落としても良い。

その代わり、しっかりラケットを振って、どういう軌道でどういう回転がかかるのか、を確認しておく。

そして次には、それと同じ打ち方で入る場所、ポジションに移れば良いのです。

 

3.ベースライン後方に下がる、のも一つの手段

思い切り打ってアウト、だった軌道を覚えておく。

そして、アウトの具合を見てポジションを下げる、というのも一つの手です。

私はいつもラケットを振れないときには、1メートル以上ベースラインの後ろに下がる。

もちろん、打点は低くなるしドロップ系でやられる可能性もある。

でも、まずは「しっかり振って、ビビっている自分を脱する」ことが大事ですからね。

試合中に修正する、一つのアイデアとして使えるかも知れませんので、ご参考までに。

 

他にも、色々な策があるはずです。

大事なのは、アナタなりの準備をするということ。

そして、数ポイントは捨ててでもビビっている自分を直す、ことを優先する。

この思い切りがあれば、結構試合って修正出来ますよ。

次の大事な試合に向けて、考えてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    打点が身体に近い時は、ラケット動作を止めてブロック返球を

    試合の中で、意外と多いのがボディ近くのボールの処理。ボレーでも…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「両手でも片手でも」共通するバックハンドストロークの基本的なコツ5つ

    バックハンドストロークにボールを集められる機会、試合でも多いですよね。…

  3. テニス スライス

    ストローク

    シングルスの試合こそ、「ロブの技術には精度」が求められる、その理由とは?

    シングルスの試合、強い選手の特徴って、どんな部分が目立ちますか?…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    相手のネットプレイヤーが「ネットから離れた場所」にいるなら、ボールを足元に沈めて前に出よう

    相手のポジションを観察する癖を付けると、テニスでは勝機が見えてくる。…

  5. テニス ラケット

    ストローク

    コースを打ち分ける時に、どこを変えるの?

    試合の中で、コースを打ち分ける時に。上手い人は、ほとんど同じフ…

  6. テニス リターン

    ストローク

    「フォアハンドストロークの高い打点」をテニスの試合でしっかり打ち切るためのポイントとは?

    テニスの試合で勝ち進む人には色々なタイプがありますが、まず共通している…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    人から評価されることが、目的になってはいないか?
  2. 戦術

    テニスの試合では、「相手の主張」を受けて立とう
  3. テニス サーブ

    戦術

    テニスではセンスこそ体系化出来るし、理論化出来るはず
  4. テニス メンタル

    戦術

    アナタのナイスショットは、相手にとってどうなの?
  5. テニス 並行陣

    ダブルス

    誤解されがちですが、並行陣は「ミスをもらう守備的な陣形」
PAGE TOP