テニス 打点

日々の雑記

自分の調子が良いときに、勝てないこともあるのがテニスでありスポーツです

6月に入り、もう梅雨本番、ですね。

ジメジメした時期になりましたが、昨日と今日は、全国各地でインターハイ予選が佳境、じゃないでしょうか。

団体戦が終わり個人戦、敗退したら即テニス部引退という方も多いでしょう。

 

まずは、3年生の皆さん、本当にお疲れ様でした・・・。

色々と厳しいことも書いてきましたが、まずテニスをしっかり続ける、受験や進路と両立させながらやり切るのって、本当に大変なことです。

「いや、結局テニスは中途半端なままだった・・・」と、後悔している人も多いでしょう。

そう考える限り、アナタはまだまだ強くなれるし、きっとこれからもテニスだけじゃない、人生のたくさんの難しい問題に立ち向かっていけるはず。

もちろん、全国大会出場、目標としていた結果が得られなかった悔しさはあるでしょうが、しっかり「引退出来る」ことに、まずは自分を褒めてあげて良いんじゃないかと思います。

 

そもそも、テニスやスポーツって、難しい。

自分の調子が最高に良いと思っても、それに結果が伴うとは限らない。

相手がいるスポーツだし、駆け引きもあれば、調子も試合の中で変化する。

相手からのプレッシャーを感じて、試合の後半でプレーが変わることも多いでしょう。

調子が良いときに勝つことが出来ないと、本当に落ち込みますよね・・・でも、それがテニスです。

 

それが、スポーツであり、人生のようなもの。

自分の調子だけで、結果が伴ってくれるなら苦労はしない。

今回、テニス部を引退していく皆さんにも、同じことを伝えたいと思います。

テニスの試合に負けることは、自分自身を否定された訳では無い。

辛い時間を乗り越えて、またぜひ戻って来て欲しいと思っています。

 

皆さんの引退は、プロ選手の引退ではない。

また、テニスコートに戻って来るための、助走期間のようなもの。

私は、インターハイに出場する選手も素晴らしいと思いますが、テニスをしっかり続けて引退していく。

そしてまた、いつかコートに戻って来て生涯ラケットを握って、黄色いボールを追いかけられる人。

そんな人も、本当に心から素晴らしいと思っています。

受験勉強の合間にでも、たまにT-PRESSを覗きに来てもらえれば、私も嬉しいです。

これからも、宜しくお願いします!

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    「周りと違う自分」について、認めてあげないとテニスも始まらない

    今日は総選挙、ですね。でも日本全国大雨で、なかなか投票に行けな…

  2. テニス サーブ

    日々の雑記

    「初心者を大切にしない」テニス界って、最高にダサいと思う

    スポーツの秋・・・と言えば聞こえは良いですが、ちょっと寒すぎですよね。…

  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    大きな喪失感を目の前にして、人は初心、原点に立ち戻れる

    なんだかこの時期って、色々思い出しませんか?季節の変わり目、年…

  4. テニス グッズ

    日々の雑記

    今自分の目の前で起きていることは、全て自分が引き起こしていること

    テニスを続けていれば、基本上手くいかないことばかり。そうじゃな…

  5. テニス テニススクール

    日々の雑記

    日本のテニスの草トーナメント大会って、本当にピンキリ

    一昨日の土曜日、久しぶりに団体戦の草トー大会に私も出て来ました。…

  6. テニス 大学

    日々の雑記

    私はこれからも、試合に出続ける「生涯現役選手」を、精一杯応援し続けます

    今、改めて、今回アンケートにご回答頂いた皆さんの内容を、じっくりと読ま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    深いボレーを下がってストローク、でその後は?
  2. テニス サイト

    その他

    テニス選手なら、「良いイメージの自分の動画」は常にスマートフォンに入れておこう!…
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    リターンした相手の逆を突く、ポーチボレーはコース勝負でいこう!
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの攻撃力を高めたいなら、相手が打つ直前にポジションを微調整出来るようになろ…
  5. テニス テニスボール

    メンタル

    悔しいという感情を表に出すことは、恥ずかしいことでも何でも無い
PAGE TOP