テニス 打点

日々の雑記

自分の調子が良いときに、勝てないこともある

6月に入り、もう梅雨本番、ですね。

ジメジメした時期になりましたが、昨日と今日は、全国各地でインターハイ予選が佳境、じゃないでしょうか。

団体戦が終わり個人戦、敗退したら即テニス部引退という方も多いでしょう。

 


 

まずは、3年生の皆さん、本当にお疲れ様でした・・・。

色々と厳しいことも書いてきましたが、まずテニスをしっかり続ける、受験や進路と両立させながらやり切るのって、本当に大変なことです。

「いや、結局テニスは中途半端なままだった・・・」と、後悔している人も多いでしょう。

そう考える限り、アナタはまだまだ強くなれるし、きっとこれからもテニスだけじゃない、人生のたくさんの難しい問題に立ち向かっていけるはず。

もちろん、全国大会出場、目標としていた結果が得られなかった悔しさはあるでしょうが、しっかり「引退出来る」ことに、まずは自分を褒めてあげて良いんじゃないかと思います。

 

そもそも、テニスやスポーツって、難しい。

自分の調子が最高に良いと思っても、それに結果が伴うとは限らない。

相手がいるスポーツだし、駆け引きもあれば、調子も試合の中で変化する。

相手からのプレッシャーを感じて、試合の後半でプレーが変わることも多いでしょう。

調子が良いときに勝つことが出来ないと、本当に落ち込みますよね・・・でも、それがテニスです。

 

それが、スポーツであり、人生のようなもの。

自分の調子だけで、結果が伴ってくれるなら苦労はしない。

今回、テニス部を引退していく皆さんにも、同じことを伝えたいと思います。

テニスの試合に負けることは、自分自身を否定された訳では無い。

辛い時間を乗り越えて、またぜひ戻って来て欲しいと思っています。

 

皆さんの引退は、プロ選手の引退ではない。

また、テニスコートに戻って来るための、助走期間のようなもの。

私は、インターハイに出場する選手も素晴らしいと思いますが、テニスをしっかり続けて引退していく。

そしてまた、いつかコートに戻って来て生涯ラケットを握って、黄色いボールを追いかけられる人。

そんな人も、本当に心から素晴らしいと思っています。

受験勉強の合間にでも、たまにT-PRESSを覗きに来てもらえれば、私も嬉しいです。

これからも、宜しくお願いします!

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス シングルス

    日々の雑記

    「テニスは面白い」と思ったまま、各カテゴリを卒業して欲しい

    先週末の3連休、とにかく暑かったですね・・・。関東では台風がそ…

  2. テニス ミス

    日々の雑記

    世界トップクラスの選手のコーチ、はもちろん凄いけれども

    私は思うんですけど、テニスって凄いスポーツだと思うんです。だっ…

  3. テニス ボレー

    日々の雑記

    「自分はこんなもの」と、どこかで決め付けてない?

    ゴールデンウィークの連休、みなさんいかがお過ごしでしたか?試合…

  4. テニス テニスボール

    日々の雑記

    どんな風にお金を払っても、経験は買えない

    関東では急に寒さが厳しくなって、本当真冬って感じになりましたね。…

  5. テニス ストローク

    日々の雑記

    自分のテニスに、胸を張ってコートに立とう

    「まだまだです」「あくまでヒントでしかない」「試合に勝…

  6. テニス 環境

    日々の雑記

    後輩来た道、先輩ゆく道

    もうすぐゴールデンウィーク。既に連休がスタートしている方も多い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    人から盛り上げてもらえないと動けない、そんなテニス選手は強くなれない
  2. テニス 気付き

    メンタル

    テニス選手として、「普通であろうとする自分」に危機感はあるか?
  3. フットワーク

    「粘れる足」を持っているとテニスの試合では強い
  4. テニス ストローク

    リターン

    勝ちたければ、アングルリターンを狙おう!
  5. ボレー

    「オープンスタンスで片手フォアボレー」を身に付けると、テニスの試合で守備範囲が劇…
PAGE TOP