テニス メンタル

ダブルス

「ミスしないで・・・」とアドバイスした時点で、ミスへの序章が始まる

ダブルスのペアで試合中、皆さんどんな「声かけ」が多いですか?

味方同士、励まし合いながら・・・のつもりが、一声で余計に緊張させてしまう。

そんな経験ありませんか?

無い、という方は・・・もっとペアの表情や雰囲気、しっかり観た方が良いと思いますよ。

きっとこんな言葉、時に発しているはずです。

 

「ミスしないで・・・」とアドバイスした時点で、ミスへの序章が始まる

 

1.ミスしたくてミス、している人なんていない

当たり前ですが、みんな一生懸命やっている。

それでも起きるのがミス、です。

それなのに、試合の大事なポイントで「ミスだけはしないでいこう!」という言葉、必要でしょうか?

何だか余計に、緊張させてしまうだけ・・・・じゃないですか?

「じゃあ、どうすれば良いの?」と思う皆さん、一緒に考えていきましょう。

 

2.「やるべきこと」を明確にして、その上でのミスはOK!のスタンスで

しっかり、自分たちの方針、作戦は決まってますか?

ポーチに出る、リターンをストレート、ダブルスだったら「最初の配球、攻撃」くらいまではしっかり約束しておきましょう。

それが出来ていれば、ミスはOK。

やるべきこと、をやることで成功、という声かけが私は大事だと思います。

そうすれば、「実行責任」を果せば良い、ということで精神的にも楽になれますからね。

 

3.ミスを怖がっていると、相手はプレッシャーを感じない

考えてみて下さい。

アナタが試合をしていて、「やりやすい相手」って、どんな相手でしょう。

「ミスが怖い、ペアに遠慮している」ようなテニスの相手、すごく楽じゃないですか?

ミスを怖がっていても、何も始まらない。

作戦遂行のミス、は試合中にでも指摘し合うべきですが、細かい技術的なミスを「減らそう」と話しても、それは無理。

余計に無難な選択で相手を楽、にしてしまうだけですよ。

 

普段の練習から、「しょうもないミス」は当然無くしていかないといけない。

でも、同時に失敗を恐れない、チャレンジした上でミスは必要、という意識も大事。

試合から、練習から、ダブルスでどういう声かけをペアに出来るのか。

一度書き出してみることを、オススメします。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    本当に深い絆でつながったダブルスパートナーは、苦しい時にこそ支え合える

    良いときは良い。何をやっても楽しいし、上手くいっていれば雰囲気…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で必要な、「ゲームメイクと展開力」を身に付ける為に必要な意識とは?

    ダブルスが上手い選手は、ゲームやポイントを作っていくのが上手いと言われ…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで効果的な攻撃が出来る選手は、「常に2/4で空いているコートスペース」を意識している

    「上手い!」とうなるようなダブルスの名手、あこがれますよね。試…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合で知らないと恥ずかしい、「後衛の基本的な役割」について5つのポイント

    ダブルスは前衛、後衛と求められる役割が違う。硬式テニスでは前衛専門…

  5. ダブルス

    何度でも書きますが、「ストレートを抜かれる前衛」こそ、ダブルスの試合で使える前衛です

    ダブルスの試合、「良い前衛」ってどんな前衛か?と聞かれると、私は間…

  6. テニス ダブルス

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    シングルス

    テニスのラリーには、「法則があるけどそれに気付けるかどうか」が試合で大事
  2. テニス 指導

    メンタル

    テニスの試合では、「思考は必ず行動に現れる」と覚悟しておくこと
  3. テニス 雪

    メンタル

    メンタルの弱さとは、そのままアナタの意志の弱さである
  4. テニス サーブ

    ダブルス

    並行陣を作るサーブ&ボレーでは、「サーバーはセンターに寄って、外側のボレ…
  5. ストローク

    今一度考えて欲しい、「速くて低いストロークと、山なりで深いストローク」は、どちら…
PAGE TOP