テニス ボレー

ボレー

全国のシコラーの皆さん、シコラーだからこそネット出ましょう!

私は、最近常々感じていることがあります。

ストロークが得意、ネットプレーが得意。

決めるのが得意だったり、粘るのが得意・・・色々ある。

でも、その強みって、実は弱い部分をカバー出来る「才能」なんじゃないかなと。

 

全国のシコラーの皆さん、シコラーだからこそネット出ましょう!

 

ベースラインで粘っているだけでは、テニスは勝てなくなってくる

ある一定のレベルまでは、粘っていれば勝てる。

これはテニスに限らず、あらゆるスポーツにおいてまずは守備が基本、となる部分で変わらないでしょう。

ですが、粘っているプレーを相手に見せることが出来ているなら・・・シコラータイプのプレーがしっかり出来るなら、実はネットプレーにも「お宝」が潜んでいる。

まず、相手は「お、この選手はシコいから、攻撃してくることは無いな・・・」と、勝手に油断してくれる。

そんなときに、いきなりサーブやリターンで前に出る、とどうですか?

それだけで、相手を出し抜いたようなポイントになり、結果的に相手もパッシングショットをミスしてくれたりするでしょう。

シコラーのイメージを植え付けることが出来れば、ネットプレーも入れやすくなるのです。

 

シコラーに前に出て決められるなんて・・・

すごく嫌、じゃないですか?

何だかプライドが傷付けられるみたいな感じ、になって慌ててしまう。

シコラータイプの選手=ボレーが下手、と勝手に思い込んでいた自分が、信じられなくなる・・・と、もうテニスは崩壊していきます。

ストロークで粘るのが得意な選手、がネットプレーが出来ないって誰が決めたんですかね?

そんなの、幻想に過ぎません。

積極的に前に出ることで、対戦相手にも「俺も攻めないと!」とより焦ってもらうことが出来る。

そうなると、今までの粘りのスタイルがより活きてくる。

テニスの技術は、こうやって回して使っていくからこそ試合に勝てる、のです

 

そもそも、シコラーはボレーヤーに向いている!

私の考えは、これです。

どうも世の中では、ド派手にスマッシュを打ったり柔らかいタッチのドロップボレーで決める、のが上手いボレーヤーだと思われている。

確かに、一理あります。

でもそれって、同時にミスも多いし調子に波のあるプレイヤー・・・だと思いませんか?

ですが、一般や学生の大会では、「安定感があるボレーを深く返して、相手からミスを誘う」タイプのネットプレイヤーのほうが実戦的。

試合で負けない、粘るネットプレーが出来るのは、そもそもシコラーのマインドを持った選手が有利なはず。

そう、シコラータイプの選手こそ前に出る、べきなんです。

前に出ることで、安定感を望むアナタ自身のプレーマインドが、結果的に実戦的なネットプレー、を生み出してくれるでしょう。

 

「でも、決めないとパッシングショットで抜かれるような気がする・・・」のは、もっともです。

であれば、一番抜かれやすい場所を予測して、そこを張る。

逆を突かれたら、相手のナイスショット。

その失点は、非常に意味のある失点です。

相手に、「この相手は、粘るだけじゃないな・・・」と、意識を植え付けられますからね。

粘りが得意な皆さんこそ、これから高校・大学と進学していく皆さんこそ、ぜひ前に出るポイントを意識して作ってみて下さい!

 

今回のまとめ

ストロークで粘れる選手ほど、ボレーヤーとしての才能を持っている!

 

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. ボレー

    テニスのネットプレーで、「ハイボレーで横回転をかける」ことが上級者への大事なステップです

    部活やテニススクールで頑張っている皆さんの中で、ハイボレーに自信がある…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス ガット
  4. ボレー

    「足元ボレー強化法」テニスの試合で求められる即決力をネットプレーで磨くには?

    相手がネットプレーに出てきたらどうする?パッシングで抜いてしまう?…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    フォアハンドボレーでもっとパンチ力が欲しい人は、「ラケットを持たない腕の脇の開け閉め」を有効活用しよ…

    フォアハンドボレーを、しっかり決めることが出来ると試合はやりやすい。…

  6. テニス サイト

    ボレー

    先入観を無くせば、バックハンドボレーの攻撃力は絶対にまだまだアップ出来る!

    バックハンドボレーが、どうしてもつなぐだけになってしまう。試合…

特集記事

  1. テニス サーブ
  2. テニス 水分補給
  3. テニス 暑さ対策
  4. テニス 多動力
  5. テニス バナナウェイト
  1. テニス セオリー

    その他

    テニスの試合の現場で、「セオリーにこだわり過ぎる人」は、セオリーに甘えて負けてい…
  2. テニス 練習

    ダブルス

    ダブルスの前衛で、味方のサーバーがまだボールを下に突いているときにできる、フェイ…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「ミスが多いから丁寧にいこう‥」と意識し過ぎると、今度は足が止まってしまう人はど…
  4. メンタル

    「良いフォームは自分で開発出来なきゃなきゃダメ!」テニスの試合で苦しいときに実力…
  5. テニス フットワーク

    スマッシュ

    相手にスマッシュで打ち込まれそうなときは、とにかく一度止まって構えよう
PAGE TOP