テニス ボレー

ボレー

コントロールの良いネットプレーは、「ボールを飛ばす方向を見ない」ことから

私がこのコツを掴んだのは高校一年生のとき。

それまでは、打つ方向を見ないで「どうやってコントロールするんだろう・・・」と思ってました。

プロ野球選手のピッチャーでも、キャッチャーミットを見続けながら投げる。

でもボレーだと、それでは逆にコントロールが悪くなってしまうのです。

 

コントロールの良いネットプレーは、「ボールを飛ばす方向を見ない」ことから

 


 

1.なぜ、打つ方向を見てはいけないのか?

答えは簡単、身体が正面向きになってしまっては、硬式テニスはボレーがコントロール出来ないから。

遅い、簡単なボールなら当てて飛ばすことも出来るでしょう。

ですが、相手の鋭いボールや縦に変化するスピン、スライスは、正面向きだと対処が難しい。

今や、ストロークは沈めるのが当たり前。

この縦の変化に対応する為に、横向きの態勢でボレーすることが必要。

速いボールでも、上半身は少しひねって斜め横を向きますよね。

だから自然に、目線と打球が飛ぶ方向は異なる、んです。

 

2.打点の顔を残しておけば、ボールはコントロール出来る

何が怖いって、飛ばす方向を見ない・・・のが怖い。

ノールックパス、を送るようなものですからね、実際にボレーは。

ラケット面でボールを飛ばす方向を決める、その準備をしっかりする。

この意識があれば、きっとコントロールの良いネットプレーは自然に身に付きます。

 

3.アングルボレーを練習しよう!

一番良い方法は、アングルボレーを練習することです。

打つ方向を見ないで、角度を付けたボレーをいつでも打てる、とダブルスでは強い。

ボールの横を触って、飛んでいくボールの軌道は自分の背中の方向、くらいの意識でちょうど良いでしょう。

「難しそう・・・」と思わず、まずチャレンジしてみる。

最初から、完璧にコントロールしようとしないで、勇気を持って打点に顔を残してみる。

ここから本物の、ネットプレーがスタートです!

 

私も、この感覚を覚えてから試合でネットプレーを積極的に使えるようになりました。

やっぱりボールの軌道、速く見たいんですよね。

でもサーブもストロークも同じで、まずは打点に集中。

良いショットを打てれば、確認は後でもOK。

この意識でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「相手のドロップボレーを見切る裏技」を公開します

    テニスの試合、いかに「予測」が大事かは何度も書いてきました。そ…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    「バックのハイボレー強化!」一番力は入らないショットの対策とは?

    「困った時にはバックのハイボレーを打たせよう!」そう考えたこと…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    サーブ側の前衛は、短距離選手のイメージで

    ダブルスの試合で、相手の嫌なプレー。それは、前衛がどんどん動い…

  4. ボレー

    ネットに詰めた時こそ、正面向きでは何も出来ない

    ボレーでの決定力を上げていきたい、と考えているみなさん。ネット…

  5. ボレー

    つなぐボレーで攻撃していく、コツは簡単

    つないでいるのに、強い。攻撃的にプレー出来ている人は試合でも強…

  6. ボレー

    ボレーの感覚が、どうしても掴めない方へ

    攻撃的なボレーを打ちたい、だけど…。どうしても感覚が掴めない…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    メンタル

    何故テニス選手は試合の中で、「いつも通りにやろう…」と考えると、より緊張してしま…
  2. テニス イベント

    メンタル

    「試合に勝てる雰囲気」がある選手と、「負けそうな雰囲気ばかり」な選手は何が違うの…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合のラリーでは、自分が打った後は「ボールでは無く相手」を集中して見よう…
  4. その他

    Q&A「試合中に痙攣した相手に対して、どう攻めて良いか分からないのですが…
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では「劣勢のときこそ、焦ってはいけない」その理由5つ
PAGE TOP