テニス ボレー

ボレー

「ハイボレーでもっとパンチ力が欲しい!」人に、オススメする練習方法とは?

いくらストロークで追い込んでも、ハイボレーが決まらないと・・・なかなかテニスでは厳しい。

ダブルスでは、スマッシュ以上に、実は使用頻度が高いショットですよね。

まずは下に叩き付ける、コンパクトな動きを覚えたい。

なら、オススメはこの練習です!

 

「ハイボレーでもっとパンチ力が欲しい!」人に、オススメする練習方法とは?

 

1.小さいラケットの振り幅で、打点をキッチリ前に

練習方法は、簡単です。

ネットを挟んで縦半面、で1対1のラリーを行いますが、自分のコートにボールを叩きつけて、相手コートにボールを送る。

卓球のサーブ、みたいな感覚ですね。

 

 

簡単そうに見えますが、結構難しいです・・・慣れるまではまず、フォアボレーのみでやってみましょう。

コツは、ラケットでパン!と打ったらすぐに引くこと。

腕を下まで振ってしまうと、ボールに力が上手く伝わりません。

それから打点は必ず前、目線と同じ高さくらいで下に叩き付けてみましょう。

 

2.ハイボレーの基本、しっかりボールをバウンドさせる

深く打つハイボレー、スライスで追い込むボレーも、もちろん大事。

ですが、パチン!と決めるボレーも打てないと、相手はつなぐだけだと安心されてしまう・・・んですよね。

弾くハイボレー、大事です!

実際の試合では、ここまで高くバウンドさせてしまうと相手に返球されてしまうかも知れませんが、ボールをしっかり弾く感覚が無いと、「決める」ボレーは難しいんです。

しっかり角度を付ければ、この弾くハイボレーで充分にポイントは取れます。

とはいえ、フラット気味に打つ、のがバックのハイボレーでは難しいと思います。

特に両手バックボレーを打つ女性の方は苦労すると思いますが、上手く上側の手(右利きなら左手)をかぶせるようにして、目の前に叩き付けてみて下さい。

 

3.バウンドさせたボールを、相手の触れない場所へ送る意識

上級者の方、試合に出て勝っている方は、バウンド後の軌道もしっかりチェック。

実際の試合では、このバウンド後の軌道を「相手が触れない場所」に送れるかどうかが肝になります。

足が速い相手なら、結構走って追いつかれますからね・・・。

しっかり角度を付けて打つ、ネットに詰めてこの弾くボレーが打てるように、練習しておきましょう。

ラリー形式ですので、この練習では相手の打ちやすい場所へ返球しつつ、慣れてきたらお互い相手を動かしながらやってみましょう。

 

特に、下がりながら・・・下に叩き付けるのは、難しいと思います。

だからこそ、しっかり前で触れるようにフットワークから活かしていきたい。

ハイボレーは、フットワークも大事。

ラケットワーク、フットワーク、両方練習出来る良いメニューですので、お試しください!

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    低い位置のボレーを切ってしまう人は、実はコントロールが難しい

    ボレーは少しだけ、スライス回転をかける。確かに、これは硬式テニ…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおける攻撃的なボレーは、全てを「2本で1セット」の考えで詰めていく意識が大事

    ネットプレーは攻撃的に!ですが、1本で決めようとするとミスも増…

  3. テニス 打点

    ボレー

    テニスの試合では「ボールを打っていないときの動き」でネットプレーのレベルが決まる!

    「試合に強いか弱いか」は、ボールを打っていないときの動きで決まる。…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーのコツは、少しラケット面を内側に向けること

    「どうしても、ボレーが出来ません!」というご相談を、よく学生の…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    「強打しないボレー」こそ、アナタ自身が生き残る道である

    テニスに、柔らかさを求めてみる。これは、確実にアナタ自身のこれ…

  6. テニス シングルス

    ボレー

    広い守備範囲が求められるシングルスのネットプレーでは、「優先順位を付けて予測」が出来るようになりまし…

    プロテニス選手のシングルスの試合を観ていて、皆さんは何を感じますか?…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「前衛がポーチに出ただけで、すぐ安心してしまう後衛」は、テニス…
  2. テニス メンタル

    ストローク

    「前足?後ろ足?」テニスのストロークは素早い攻守の切り替えが必要なので・・・
  3. テニス マナー

    戦術

    「初心者」という意識を捨てた人から、テニス選手として巣立っていく
  4. テニス 並行陣

    戦術

    試合後半で相手が攻め急いでるときは、体力切れを起こしている可能性大
  5. その他

    サッカー選手のディフェンスに観る、「テニスのプレーにも必要な、相手に抜かれてから…
PAGE TOP