テニス ボレー

ボレー

「俺はストローカー!」だけど、負けない為に押さえておきたいボレーの基本5つ

「ストロークには絶対の自信がある!」という人も、試合ではそれだけだと厳しい。

ダブルスなら前衛でプレーしますし、シングルスでも相手がドロップ系のショットを使ってくるかもしれない。

アナタのストローク主体のテニス、に必要なのはきっとシンプルで手堅いボレー。

今回はその視点から、基本を見直してみませんか?

 

「俺はストローカー!」だけど、負けない為に押さえておきたいボレーの基本5つ

 


 

1.まずはしっかりグリップチェンジを

ストロークが得意な方は、きっとグリップが厚い方が多い。

回転量が多いスピン系のショットには適していますが、ボレーを打つにはグリップチェンジが必要です。

コンチネンタルグリップ、にしっかり持ち変えて使い分けましょう。

ネットに近付いたら自然にクルッと持ち変えられるように、普段の練習からストロークからボレー、のような移行をスムーズに出来るようにしておきましょう。

 

2.「壁」になれば大丈夫!

ボレーで決める!という気持ちは、ミスにつながりやすい。

相手にアピールしたいのは、手堅さ、ですよね。

ストロークに自信があるなら、しっかりボレーでは安定感を。

そうすることで、相手にとってアナタは「弱点の無い、隙の無い相手」になれる。

この心理的なプレッシャー、すごいですよ。

しっかり丁寧に、ラケットを動かし過ぎないでブロック、するボレーの意識が基本です。

 

3.ネットに近い位置でボレー!

ストロークが主体の選手こそ、しっかりネットに近付きましょう。

ネットから遠いと、細かい技術が求められますし、ミスも増えてしまう。

ネット近くなら、当たり損ないでも入りますし、相手にもプレッシャーになる。

ポジショニングは、技術に関わらずいつでも変えることが出来ますよね。

少しでもネットに近い位置でボレー、がストロークプレイヤーにも基本になります。

 

4.ドライブボレーを使っていこう

先ほど、「ネットから遠い位置でのボレーは、細かい技術が求められる」と書きました。

でも、ストロークが得意な選手なら、どんどんドライブボレーを入れていきましょう。

学生の皆さんだけでなく、社会人の女性プレイヤーの方もしっかり練習すれば、きっと使える武器になるはずです。

大きめに打っても、回転量があればコートに収まる。

ネットから遠い位置からは、高い打点でドライブボレー、イメージして練習していきましょう。

 

5.スマッシュの存在を忘れない

つい、忘れてしまいがちですが・・・実は、スマッシュを打つ機会、試合では多い。

きっとアナタがストロークが強い選手なら、どんどん前に引っ張り出される。

その後には・・・ロブ、が来ますよね。

このロブをしっかり打てるように、スマッシュを磨いておく、ケアして下がれるフットワークを準備する。

試合に強いストローカータイプの選手って、スマッシュが上手いような気がします。

アナタも、ぜひそうなって下さい!

 

ストローカータイプの皆さん、きっとネットプレーをどうしいていこうか悩んでいる方も多いはず。

アナタの強いストロークを活かすためのネットプレーは、基本が第一。

「ストロークは強いけど、前に出せば怖く無いね・・・」と思われているなら、変えていきましょう。

基本を押さえて、試合に勝ちましょう!

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスの並行陣、「ファーストボレーは、深ければ良い・・・」だけだと、相手前衛に捕まりやすい

    サーブ&ボレー、シングルスよりもダブルスで使う機会が多いんじゃないでし…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合、鋭いボレーに必要なのは、「後ろ足の膝の曲げとキック」です

    プロ選手のボレーは直線的で鋭い弾道、しかもスライスが効いているから相手…

  3. ボレー

    低いボレーは、軽く触って返せば良いと思う

    ボレーが苦手な人の、泣き所と言えばコレ。低い位置でのボレー、ロ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーの準備は、「利き腕では無い方の手のひら」を使えば抜群に安定します!

    バックハンドボレーのミス、大半は「準備が遅いのと、大きい」のが原因にな…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ボールの軌道に先回り、がボレーの基本中の基本

    ボレーはシンプルに、出来るだけラケットを動かさないこと。この基…

  6. ボレー

    相手がスライスの構え、ならボレー側は突っ込み要注意

    ボレーに苦手意識がある人、こういう方が多いように思います。速い…

特集記事

  1. テニス 雨

    メンタル

    「マナー違反ギリギリの行為」で対戦相手を惑わそうとしても、結果的に自分たちの首を…
  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「精神的に自分が落ち着ける場所」をコート後方に作りましょう…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーは外から、ローボレーは内側からラケットを入れていこう
  4. テニス ストローク

    ストローク

    相手がネットに出て来ているのに、「後ろ足体重でベースラインからストローク」で粘る…
  5. ストローク

    「必須!バウンド地点予測能力」テニスの試合で攻撃力を高める為に
PAGE TOP