テニス ボレー

ボレー

「俺はストローカー!」だけど、負けない為に押さえておきたいボレーの基本5つ

「ストロークには絶対の自信がある!」という人も、試合ではそれだけだと厳しい。

ダブルスなら前衛でプレーしますし、シングルスでも相手がドロップ系のショットを使ってくるかもしれない。

アナタのストローク主体のテニス、に必要なのはきっとシンプルで手堅いボレー。

今回はその視点から、基本を見直してみませんか?

 

「俺はストローカー!」だけど、負けない為に押さえておきたいボレーの基本5つ

 


 

1.まずはしっかりグリップチェンジを

ストロークが得意な方は、きっとグリップが厚い方が多い。

回転量が多いスピン系のショットには適していますが、ボレーを打つにはグリップチェンジが必要です。

コンチネンタルグリップ、にしっかり持ち変えて使い分けましょう。

ネットに近付いたら自然にクルッと持ち変えられるように、普段の練習からストロークからボレー、のような移行をスムーズに出来るようにしておきましょう。

 

2.「壁」になれば大丈夫!

ボレーで決める!という気持ちは、ミスにつながりやすい。

相手にアピールしたいのは、手堅さ、ですよね。

ストロークに自信があるなら、しっかりボレーでは安定感を。

そうすることで、相手にとってアナタは「弱点の無い、隙の無い相手」になれる。

この心理的なプレッシャー、すごいですよ。

しっかり丁寧に、ラケットを動かし過ぎないでブロック、するボレーの意識が基本です。

 

3.ネットに近い位置でボレー!

ストロークが主体の選手こそ、しっかりネットに近付きましょう。

ネットから遠いと、細かい技術が求められますし、ミスも増えてしまう。

ネット近くなら、当たり損ないでも入りますし、相手にもプレッシャーになる。

ポジショニングは、技術に関わらずいつでも変えることが出来ますよね。

少しでもネットに近い位置でボレー、がストロークプレイヤーにも基本になります。

 

4.ドライブボレーを使っていこう

先ほど、「ネットから遠い位置でのボレーは、細かい技術が求められる」と書きました。

でも、ストロークが得意な選手なら、どんどんドライブボレーを入れていきましょう。

学生の皆さんだけでなく、社会人の女性プレイヤーの方もしっかり練習すれば、きっと使える武器になるはずです。

大きめに打っても、回転量があればコートに収まる。

ネットから遠い位置からは、高い打点でドライブボレー、イメージして練習していきましょう。

 

5.スマッシュの存在を忘れない

つい、忘れてしまいがちですが・・・実は、スマッシュを打つ機会、試合では多い。

きっとアナタがストロークが強い選手なら、どんどん前に引っ張り出される。

その後には・・・ロブ、が来ますよね。

このロブをしっかり打てるように、スマッシュを磨いておく、ケアして下がれるフットワークを準備する。

試合に強いストローカータイプの選手って、スマッシュが上手いような気がします。

アナタも、ぜひそうなって下さい!

 

ストローカータイプの皆さん、きっとネットプレーをどうしいていこうか悩んでいる方も多いはず。

アナタの強いストロークを活かすためのネットプレーは、基本が第一。

「ストロークは強いけど、前に出せば怖く無いね・・・」と思われているなら、変えていきましょう。

基本を押さえて、試合に勝ちましょう!

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス コントロール

    ボレー

    テニスの試合で「ボレーが安定しない人」のほとんどに共通するのは、両手の距離感の問題

    ソフトテニスを経験していた方は、とてもパンチ力のあるボレーを打ってきま…

  2. ボレー

    ドライブボレーは、相手の心を打ち砕く

    私が今、社会人やシニア、ベテランのみなさんに覚えて欲しい技術。…

  3. テニス リターン

    ボレー

    打つ方向に踏み込んでいくボレーは、逆クロス方向だけ

    ボレーは、踏み込んでいく方向があります。みなさんは、こんなアド…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    サーブ側の前衛は、短距離選手のイメージで

    ダブルスの試合で、相手の嫌なプレー。それは、前衛がどんどん動い…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスのファーストボレー、「コツンと当てる」感じで

    サーブ&ボレー、並行陣、なんだかんだで難しいですよね。サーブを…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    浮いたチャンスボールなのにネットプレーで足が出ない人は「無意識のうちに安心している」

    浮いたチャンスボールほど、テニスではつい力が入るもの。「しっか…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    サーブ

    ファーストサーブが入るのが当たり前、にしていこう
  2. テニス 攻撃

    練習メニュー

    サービスからのクロス&ストレートコース限定のシングルス練習メニュー
  3. テニス ストローク

    戦術

    試合では、意図的に「長い」「短い」を作ってみよう
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合では、相手を追い込んだかどうかの瞬時の判断が肝
  5. ボレー

    相手に深いボールを打たせない、為にネットプレーがある
PAGE TOP