テニス ポジショニング

ストローク

ストローク戦で勝ち目が無い、と感じたら・・・?

今回はちょっと極端な例のお話を。

私が去年、シングルスの試合をする機会があったときに・・・もう、とにかくストロークがすごい、敵わないと思う相手でした。

そこで、割り切ってこの考えで試合をすることに。

皆さんも、試合に勝とうと思ったらこういう発想、が大事だと私は思います。

 

ストローク戦で勝ち目が無い、と感じたら・・・?

 


 

1.ストローク戦での勝負に、なんでみんなこだわるの?

私自身・・・学生時代はそうでした。

実際、ストロークの打ち合いこそが、試合。

そこで負けたら、もう仕方ない。

ストロークでの打ち合い、真っ向勝負、こそがテニスの試合だと思っていましたが・・・それも昔の話。

ここにこだわっていること自体、視野が狭いしテニスの幅が無い証拠。

ストロークの勝負、だってテニスの試合での1つの選択肢でしかない、ことを受け入れましょう。

そうすることで、アナタが勝てる相手は間違いなく増えるはずです。

 

2.ドロップショット、ネットプレーはテニス独自のルールです

テニスの面白い所は、何度も書いてきましたが「ノーバウンド」でも「ワンバウンド」でも、どちらで処理しても良い、という点。

だからこそ、アナタ自身ワンバウンド同士の打ち合い、に固執することは無い。

逆に言えば、固執している人はどんどん、違うフィールドに引っ張り出す。

自分が前に出るか、相手を前に出す。

このパターンが実践出来るだけで、ストロークの鬼にも勝つことが試合では出来るでしょう。

断言します、絶対に勝てる可能性は拡がるんです。

 

3.普段の練習から自分で相手との距離を知事められるように

つまりは、相手との距離を縮める、ということ。

自分が前か、相手が前、2人共前、ということもあるでしょうね。

とにかく、2人でお互いが後ろでストローク、というのは格上相手だと辛い。

真っ向勝負と言えば聞こえは良いですが、その時点で諦めているような感、はありませんか?

相手との距離を縮めるには、アナタが主体的に動くしかない。

この勇気を持っている選手、が試合で勝てるようになっていくのです。

 

シングルスでもダブルスでも、みんなストロークにこだわり過ぎ。

確かに、大事ですよ。

ですが、ジュニアからしっかり練習している選手相手に、ストロークの打ち合いは辛い。

彼らは、そればっかり繰り返し、練習してますからね。

あ、気付きました?

だからこそチャンス、があるんですよ。

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ベースライン上でプレーするアグレッシブな相手には、ムーンボールを深く打ってみよう

    相手のポジションをよく見てみると、ベースライン上でプレーしている。…

  2. テニス スライス

    ストローク

    「スライス限定で試合をしないといけない」と考えると、テニスの幅がグッと拡がります

    スライスを覚えたいけど、どうしてもスピンに頼ってしまう。そんな…

  3. ストローク

    エグいスピンに押される人は、結局何が問題なのか?

    強い相手との試合は、ストロークで押されてしまう。ベテランの方が…

  4. テニス 戦術
  5. テニス フットワーク
  6. テニス メンタル

    ストローク

    「前足?後ろ足?」テニスのストロークは素早い攻守の切り替えが必要なので・・・

    ストロークの時、足からパワーをもらってボールを打つんだけど、前足と後ろ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    言葉に出来ないことは、「考えていないのと同じ」だということ
  2. テニス メンタル

    戦術

    試合で負けるときは、自分で決めている場合がほとんど
  3. テニス ボレー

    その他

    テニストーナメント大会は、「強いシード選手」が優位に作られている
  4. テニス 練習

    サーブ

    ファーストサーブをネット、から全て崩れていく
  5. ボレー

    遅く緩いボールをドロップボレー、出来る?
PAGE TOP