テニス アクセス

その他

2017年1月 アクセスが多かった記事ランキング TOP10

いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。

今年も、気が付けばもう2月中旬。

ということで・・・1月でアクセスが多かった記事、のランキングをまとめてみました!

 

2017年1月 アクセスが多かった記事ランキング TOP10

 

第10位

「テニス初心者の方」を、どんどん成長させていく為の優良記事7つ

まずはコチラのまとめ記事。たくさん読んで頂き、ありがとう御座います!

 

第9位

「ストロークでテイクバックが大きい」と現代テニスで通用しない5つの理由

テイクバックの意識から、テニスは変わります。

 

第8位

「テニスの試合で勝ち進みたい」なら、今日限りで止めたほうが良いこと6つ

試合に勝つって、準備大事ですよね。

 

第7位

ストロークのスウィングスピードを上げたければ、「腕を止めてラケットが走る」打ち終わりを意識してみよう

振り切る意識、は小さいポイントから始まります。

 

第6位

世界50位のミーシャ・ズベレフ選手が、マレー選手に勝てた「決断」について

全豪オープンでの名勝負、皆さんの試合でも非常に参考になるはずです。

 

第5位

「ストローク」カテゴリページ

ストロークに対しての意識、やっぱり皆さんすごく高いですね。

 

第4位

「テニスでヘッドが走るストローク」でキレ味の鋭さを増すのに必要なポイント4つ

切れ味鋭いストローク、やっぱり誰しも打ちたいですよね。

 

第3位

2017年全豪オープン、錦織選手とフェデラー選手の試合、「勝敗を分けたポイントはどこだったのか?」を考えてみる

正直やっぱり、悔しい・・・試合でした。。

 

第2位

関東近辺で「テニスの試合経験」をたくさん積みたいならココで!

去年からの人気記事。やっぱり試合に出たい人、多いんですね!

 

第1位

軽く打ってるのに、なぜあの人のストロークには伸びがあるのか?

ストロークが強い、軽く打ってるのに強いって・・・やっぱり魅力的ですよね。

 

今月も、良い記事をお届け出来るように頑張ります。

寒い時期が続きますが、皆さん怪我に気を付けてテニス一緒に頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス リターン

    その他

    変化の激しいテニスの世界では、「現状維持は後退である」という強い意識を持って挑もう

    テニス界って、アナタが思っている以上に変化が激しい。10年前の…

  2. その他

    一緒に練習するテニス仲間が、「いつの間にか画一化された集団」になっていないか、立ち止まってみる

    普段一緒にテニスを練習している仲間は、アナタから見て上達できていますか…

  3. テニス 練習

    その他

    試合後の握手の場面、テニス選手としての器はそこに全て現れます

    プロ選手でも一般の方の試合、学生さんの試合でも、試合終了後は握手をして…

  4. テニス メンタル

    その他

    「こんな人、ちょっと嫌・・・」と思ってしまう、テニス選手5つの特徴

    練習仲間でも、試合相手でも。テニスで関わっている人の中で、「こ…

  5. その他

    「通勤・通学中でも出来る!」テニス選手に必要なプチトレーニング4つ

    テニスに必要なトレーニング、分かってるけどなかなか続かない・・・。…

  6. テニス チーム

    その他

    テニスを選手として強くしてくれるのは、練習よりも「悔しい試合」です

    自分のテニスを劇的に変えてくれる、強くしてくれるきっかけ。それ…

特集記事

  1. テニス アームカバー
  2. テニス 縄跳び
  3. テニス 書籍
  4. テニス タオル
  1. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「浅いボールのアプローチショットが難しい」人はボール…
  2. テニス 前衛

    ストローク

    ロブを多用してくる相手には、どこかで先読みして下がらないと相手のペースになる
  3. ダブルス

    「ダブルスペアとの話し合い」はテニスの試合では難しく考えなくてOK!
  4. テニス ストローク

    ストローク

    相手のストロークのボールが速く深いときは、「慌てず後ろ足で壁を作る」ことで精神的…
  5. テニス ストローク

    リターン

    リターンミスが多い人は、「自分の脇が空き過ぎている」ケースが多いので要チェック!…
PAGE TOP