テニス 睡眠

メンタル

大事な試合の前日に、「目が冴えて眠れなくなってしまった・・・」ときに意識したい4つのこと

試合の前の日、緊張しますよね・・・。

夜が明けたらもう試合、明日の今頃は結果が出ていると思うと、なかなか疲れていても寝付けない方も多いはず。

私自身、学生時代は布団に入って寝るまでに30分はかかってしまう感じでした。

その頃に試していたこと、書いてみたいと思います。

 

大事な試合の前日に、「目が冴えて眠れなくなってしまった・・・」ときに意識したい4つのこと

 


 

1.しっかり水分をとって布団に入る

500mlは寝る前に飲む、ことが身体のメンテナンスにもなる。

寝付く為には、牛乳を飲むと良いとも聞きますよね。

私はお腹を壊してしまう可能性が高いので、避けてましたが・・・お好きな方はぜひ、試してみて下さい。

お勧めは、寝る1時間前。

直前よりも、ある程度時間を空けるのがオススメです。

トイレで目が覚めそう・・・と思うかも知れませんが、実際は喉が渇いて起きてしまう方も多いと思います。

朝起きたときに喉が渇いていない、身体に水分がある程度ある状態で朝食を摂れるように意識すると、自然と寝付きも良くなるはずです。

 

2.ゆっくりした音楽を聞く

正直、私は音楽にはあまり興味が無かったのですが・・・寝付くときには静かな音楽、聞くようにしました。

色々研究して、「繰り返す系」の音楽や、浜辺に打ち寄せる波の音、みたいなのが寝付くのには効果的でした。

最近では、快眠用のアプリもありますし、試してみても良いと思います。

「自分が好き」な曲を聴いてしまうと盛り上がって目が冴えてしまいますので、逆効果ですね。

ゆったり目で、普段聞かないような静かな音楽、が良いと思います。

 

3.時計を見ない

時計を見ると・・・やっぱり焦ってしまいます。

「あと何時間しか寝れない・・・」と思って、より寝れなくなる。

目覚ましは必要ですが、時計やスマートフォンも、自分の枕から離れた場所に置きましょう。

布団の中で見ても良いこと、ありません。

割り切ってしまえば、意外と早く寝付けると思いますよ。

 

4.横になっているだけで、疲れは取れる

私は最後には、この意識で寝付きます。

「このまま朝になっても、横になっているだけで疲れは取れている」と。

寝られない不安、を払拭するおまじないみたいなものでした。

実際には、寝られないと辛い・・・気もしますが、諦めてしまうのも手。

横になって、心安らかに目を閉じておく。

この意識、大事です。

 

試合前日の過ごし方、きっとパフォーマンスにも大きく影響してくるでしょう。

緊張するのが、当たり前。

それだけしっかり準備して、勝ちたいと思ってるということ。

緊張出来ている自分、をまず褒めてあげましょう。

そしてゆっくり、焦らず朝を迎えるような工夫、試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス 居場所

    メンタル

    「褒められても、その気になるな」テニスの試合で本当に必要な実力について考える

    とある高校でレッスンやった時に、こんな質問というか相談があった。…

  2. メンタル

    リードしている側が苦しい、のがテニスの試合です

    テニスの試合、負けているのが苦しい?でも、それって実際は、そう…

  3. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合前、「トイレに行って鏡を見て」自分の時間を作ることをオススメします

    あと少しで、自分の試合が始まる。そんなときに皆さんは、どんな過…

  4. テニス 練習

    メンタル

    正統派以外を、どこかでアナタは見下してはいないだろうか?

    先日私が対戦した相手は、かなり特殊な感じのダブルスペアでした。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「思い出せる悔しい記憶」を、アナタは持っているだろうか?

    試合でどうしても頑張りたいのに、くじけてしまいそうな時・・・ありますよ…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    私たちのテニスのレベルで、「ゾーンに入る」とか、そういう話は一旦止めよう

    最近また「ゾーン」という言葉を、よく聞くようになりました。テレ…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ミス

    サーブ

    ダブルスの試合で、アドバンテージサイドからのサーブは、「前衛が協力してワイドのコ…
  2. テニス ボレー

    ストローク

    相手の大チャンスで、「あえてオープンスペースに動かない」と、思わぬ効果が!
  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    断言します、アナタは「人を感動させる」試合の主役になれる
  4. テニス 居場所

    メンタル

    テニスの練習も試合も、「居心地の良い場所にいる癖」が付くとテニスの上達は止まる
  5. テニス 気付き

    メンタル

    勝つために自分のテニスが制約される、その葛藤と生きていくしかない
PAGE TOP