テニス 睡眠

メンタル

大事な試合の前日に、「目が冴えて眠れなくなってしまった・・・」ときに意識したい4つのこと

試合の前の日、緊張しますよね・・・。

夜が明けたらもう試合、明日の今頃は結果が出ていると思うと、なかなか疲れていても寝付けない方も多いはず。

私自身、学生時代は布団に入って寝るまでに30分はかかってしまう感じでした。

その頃に試していたこと、書いてみたいと思います。

 

大事な試合の前日に、「目が冴えて眠れなくなってしまった・・・」ときに意識したい4つのこと

 

1.しっかり水分をとって布団に入る

500mlは寝る前に飲む、ことが身体のメンテナンスにもなる。

寝付く為には、牛乳を飲むと良いとも聞きますよね。

私はお腹を壊してしまう可能性が高いので、避けてましたが・・・お好きな方はぜひ、試してみて下さい。

お勧めは、寝る1時間前。

直前よりも、ある程度時間を空けるのがオススメです。

トイレで目が覚めそう・・・と思うかも知れませんが、実際は喉が渇いて起きてしまう方も多いと思います。

朝起きたときに喉が渇いていない、身体に水分がある程度ある状態で朝食を摂れるように意識すると、自然と寝付きも良くなるはずです。

 

2.ゆっくりした音楽を聞く

正直、私は音楽にはあまり興味が無かったのですが・・・寝付くときには静かな音楽、聞くようにしました。

色々研究して、「繰り返す系」の音楽や、浜辺に打ち寄せる波の音、みたいなのが寝付くのには効果的でした。

最近では、快眠用のアプリもありますし、試してみても良いと思います。

「自分が好き」な曲を聴いてしまうと盛り上がって目が冴えてしまいますので、逆効果ですね。

ゆったり目で、普段聞かないような静かな音楽、が良いと思います。

 

3.時計を見ない

時計を見ると・・・やっぱり焦ってしまいます。

「あと何時間しか寝れない・・・」と思って、より寝れなくなる。

目覚ましは必要ですが、時計やスマートフォンも、自分の枕から離れた場所に置きましょう。

布団の中で見ても良いこと、ありません。

割り切ってしまえば、意外と早く寝付けると思いますよ。

 

4.横になっているだけで、疲れは取れる

私は最後には、この意識で寝付きます。

「このまま朝になっても、横になっているだけで疲れは取れている」と。

寝られない不安、を払拭するおまじないみたいなものでした。

実際には、寝られないと辛い・・・気もしますが、諦めてしまうのも手。

横になって、心安らかに目を閉じておく。

この意識、大事です。

 

試合前日の過ごし方、きっとパフォーマンスにも大きく影響してくるでしょう。

緊張するのが、当たり前。

それだけしっかり準備して、勝ちたいと思ってるということ。

緊張出来ている自分、をまず褒めてあげましょう。

そしてゆっくり、焦らず朝を迎えるような工夫、試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    将来大成するテニス選手は、「調子が悪くても、調子が悪いという言葉は口にしない」強さがある

    選手の口から出る言葉は、全てに魂が宿っている。有言実行、という…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス メンタル
  4. テニス 客観視

    メンタル

    アナタのテニスの評価は、他人が下すということを忘れてはいけない

    このことに気付いたのは、バリバリ現役でやっていた頃を終えて、でした。…

  5. テニス 雨

    メンタル

    雨の日でも試合がある!「雨のオムニコート」で戦う為の心得え4つ

    関東では今日も雨が降り、急に寒くなってきましたね・・・。オムニ…

  6. テニス メンタル

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    脱・ネットプレー中級者、の為には「打った方向へ詰める基本」を再度徹底しましょう!…
  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合、「長いラリーのポイントの後に、簡単なミス」をしてしまう人はココ…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合、「ダブルスペアの力で試合に勝つ」為に必要な練習方法と考え方について…
  4. テニス ボレー

    戦術

    テニスの試合では「対極のショットを同じ構えから組み合わせる」ことで、相手を惑わす…
  5. ストローク

    「両手から片手へ」テニスのストロークを改造するうえで注意したいこととは?
PAGE TOP