テニス 構え

その他

「テニスの試合が上手い人」はココをチェックしている!対戦相手を観察するポイントとは?

テニスの試合で、一番緊張するのは皆さんいつですか?

私は試合の前のウォーミングアップが、実は一番緊張します・・・。

サーブ4本だけならまだ良いのですが、5分間でストロークからボレー、スマッシュまでのときは、もう自分の調整どころでは無いのです。

「どんな風に相手に見られているんだろうか・・・」ということ、すごく気になります。

そこで試合が上手い、勝ち上がっている人に聞いた「対戦相手のチェックポイント」を今回はご紹介します!

 

テニスの試合が上手い人はココをチェックしている!対戦相手を観察するポイントとは?

 


 

1.どんなテニスギアを使っているか

ラケット、シューズ、ウェア、どんなものを使っているかが最初に分かるポイント。

例えば派手なウェアを着ているようであれば、もしかしたら目立ちだがりかも・・・。

ラケットが薄くフェースが小さい場合は、本格派かハードヒッターか・・・など。

ここではあくまで仮説ベースですが、色々イメージすることでその後の判断に役立てつことができます。

 

2.グリップはどんな握りか?

ストロークとボレーのグリップはどうか、グリップチェンジはスムーズかを見ます。

最初のウォーミングアップでは基本的に平常時より薄めのグリップで身体を慣らして、徐々に厚くしていく人が多いので、そこもチェック。

たまにこちらから強く打ったり、遠くに走らせたりしたときにどんな球種を打つのかも、ウォーミングアップ時にチェックしておくことが大事です。

 

3.前後左右で、不得意そうな場所を探す

試合の序盤でもなるべく前後と左右に動かしてみて、少し窮屈そうなポイントを探します。

これも漠然と探すと難しいので、「バックハンドのストロークが両手打ち」の人であれば、「バック側の浅いボールの処理が苦手かも」という、ある程度の仮設を持って検証していくのが大事。

自分の経験を思い出してみると、テニスというスポーツはショットにかなり得手不得手があるスポーツ。

強そうな相手でも、根気よく探してみましょう。

 



 

4.セルフジャッジはクリーンかどうか

これも試合の序盤でチェックすべき項目。

なぜなら試合の終盤の大事なポイントで判明しても、対策の立てようが無い場合が多いので。

もし怪しい人がいれば、早めに本部と連携を取りロービングに付いてもらうなどの対策をしましょう。

また最初にジャッジがおかしいと感じたら、率直に「今どこにボールが落ちましたか?」、というのを聞くのも良いでしょう。

 

5.試合へのモチベーションは高いのか低いのか

実はこれがすごく大事、という方が多いです。

一般のテニスの試合では、みんながみんな100%のモチベーションで臨んでいる訳ではないのです。

実は諦めが早かったり、コンソレで落ち込んでたり、ペアで喧嘩してたり・・・。

それとは逆に、何が何でも勝ちたいと思っている人もいます。

それをいち早く察知し、相手がどういう心理状況なのかを把握することで、先手を打てます。

もちろん勝ちにこだわっている人を倒すのは、簡単ではありません。

その覚悟を決めるには、やはり早い段階での観察がとても重要になってきます。

 

いかがでしたでしょうか。

言われてみると当たり前のことも、文章にしてみると重い・・・そんな感じがしたのは私だけでしょうか。

テニスは初対面の人と対戦する機会も多いスポーツですので、ポイントを抑えてその「人」を見ていくと、より楽しみが増しますよね。

皆さんも、ぜひトライしてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. メルマガ配信、登録を開始します!
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. その他

    「大谷選手の目標を実現させた方法=マンダラート」は、テニスにも超絶応用が可能です!

    自分自身を、成長させたい。このサイトを観ている方であれば、少な…

  2. テニス サーブ

    その他

    長男、次男、長女、次女、一人っ子、テニスが強いのは…?

    今日は、こんなテーマで考えてみたいと思います。兄弟、姉妹の関…

  3. その他

    「あなたの労力数値、どれくらい?」テニスの試合を勝ち進むには、労力管理能力が問われます

    トッププロの試合を観ていると、特に男子テニスなんかはサーブのスピードが…

  4. その他

    良いフォームが必要という、危険な発想

    綺麗なフォームこそ、上級者の証?いえ、それは「そういう人もいる…

  5. テニス トレーニング

    その他

    テニスが強くなりたければ、「まずは今いるチームの中で、一番になる」全ては、それから

    テニスが強くなりたい、結果を出して認められたい。誰もがそう考え…

  6. テニス メンタル

    その他

    「勝った方が強い。負けた方は弱い。でも次は負けるな!」テニスの試合は続いていく

    俺がコーチしていた東京の大成高校男子テニス部がインターハイ東京都予選で…

特集記事

  1. テニス 準備

    その他

    テニスオタクな彼と付き合うと気付く(はず)、な10のメリット
  2. テニス メンタル

    サーブ

    前足、後ろ足、前足、のリズムがサーブの基本
  3. 練習メニュー

    テニスの試合では、ミスの質を高めよう
  4. テニス ダブルス

    サーブ

    手のサイズが大きい、指が長い男子選手は・・・?
  5. テニス ボレー

    メンタル

    試合中に「良い時の自分」と、比べてはいけない
PAGE TOP