テニス 知識

テニス知識

「テニスをよく知っている」選手になる為に、何が必要?

全豪オープン、残念ながら大坂なおみ選手は2回戦敗退。

ですが敗退後の記者会見で、とても印象深いメッセージを残していました。

「今日は相手の方が、テニスをよく知っていた」

「試合は楽しかったし、自分ももっと経験を積んで強くなりたい」

こういう言葉って、なかなか試合後の悔しい状況では言えないものだと、私は思います。

 

「テニスをよく知っている」選手になる為に、何が必要?

 


 

■「テニスを知っている」とは、どういうことか?

テニスをよく知っている人、とはどんな人でしょう?

ルールや歴史の知識が豊富、というのも一理ありますね。

やたらと選手に詳しかったり、最新ギアに精通している人もいるでしょう。

ですが、ここで私が考えたいのは、「テニスを知っている=出来る手段が多く、試合を勝利に結びつけられる人」だと思っています。

すごく速いサーブ、は持っていなくても、全ての技術を80点で出来て適切な判断力がある。

工夫次第で、テニスの結果は変わることを理解している。

相手を観察して、自分を変化させていける選手が、「テニスを知っている」と言えるのではないでしょうか。

 

■経験豊富な相手を知り、受け入れる大坂選手は凄い

若いのに、非常に落ち着いて自分を客観視している。

それに、相手の経験豊富な点を率直に受け入れて自分の足りない部分を補いたい、強くなりたいと口に出来るのは、大坂選手の凄みだと感じました。

なかなか、「経験の差」で負けた試合って、受け入れられない人も多い。

経験が足りないのは、仕方ない、自分の努力ではどうしようもない、と思いたいですからね。

でも、それって全く成長出来ない考え方。

時間は平等に流れている、のであれば今からでも出来ることはたくさんあるはずです。

 

■テニスをよく知る、為に必要なのはたくさんの選手と打ち合うこと

練習時間が長いより、いかにたくさんの選手と打つ機会を設けるか。

自分で創り出すことが出来るか。

2時間1人の相手とずっと練習するよりも、10人と打てる機会があった方が良い。

それも、「ちょっとこの選手の球質、打ち辛いな・・・」というような相手ほど、大事にしたい。

もっと言えば、自分の耳が痛い言葉も、きちんと言ってくれる人。

そうやって様々なテニス観に触れていくことが、「テニスを知る」ということにつながっていく。

先ほど書いたように、知っているだけでなく実践出来るかどうか、自分の試合を自分のテニスで勝利に導けるかどうか。

この基準をぜひ、大事にして欲しいと思います。

 

テニスを知っている、人は意外と少ない。

テニスを知るとは自分を知り、周りを知ろうと興味を持って主体的に動くこと。

「だって、部活やサークルで忙しいし、そんな暇ないよ」という方も多いでしょう。

本当に、無いのは時間ですか?

きっとアナタの勇気が、無いだけです。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス コントロール

    テニス知識

    ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

    T-PRESS読者の皆さんの中には、漫画「ベイビーステップ」を購読して…

  3. テニス 暑さ対策

    テニス知識

    水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

    もう・・・とにかく暑い毎日、ですよね。テニスを夏場にやるのって…

  4. テニス知識

    テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

    私が学生の頃、もう15年くらい前の話ですが、とにかく「プロテイン」が美…

  5. テニス 知識

    テニス知識

    冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

    冬場のテニス、みなさんの手元はどうでしょうか?はっきり言って、…

  6. テニス

    テニス知識

    急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

    テニス選手にとっても、また学生、社会人の皆さんにとっても、体調管理は重…

特集記事

  1. ボレー

    至近距離でのボレー戦になったら、どんどん上を使おう
  2. 戦術

    ケガこそ神様が与えてくれた、「自分が変われる機会」です
  3. ストローク

    「トップスピン系ストローク、ここに気を付けろ」テニスではボール起動とその頂点をイ…
  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの基本、「自分が打ったボールがコードボールになったら、迷わず前!」に全力で…
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    試合中にミスを続けるダブルスペアに、「どういう言葉をかけることが出来るのか?」を…
PAGE TOP