スマッシュ

厳しいロブに対応するスマッシュは、「つなぐ意識でちょうど良い」けどしっかりスマッシュで終わることが大事

ネットプレーでの戦い、その醍醐味はロブ対スマッシュ、にあります。

シングルスでもダブルスでも、この攻防をどちらが制するのかは大きな試合の分かれ目になる。

大事なのは、ネットプレイヤー側の判断力。

それから、引かない姿勢と演技力、です。

 

厳しいロブに対応するスマッシュは、「つなぐ意識でちょうど良い」けどしっかりスマッシュで終わることが大事

 

■スマッシュを打つ、という事実がまず大事

実は、ハイボレーとは大違い。

厳しいロブをハイボレーで対処する、ことは悪くない選択ですが、きっとその姿勢は相手を勢い付かせてしまう。

出来る限り、ゆっくりのショットでも良いので「スマッシュで終わる」ことがネットプレイヤー側には大事。

なぜなら、ロブを上げている側は「スマッシュされた」という事実、結構重くのしかかるんですよね。

試合の序盤に、自分なりにナイスなロブがスマッシュされた、例え強烈なスマッシュで無いにせよ、脳裏に焼き付いて離れないのです。

 

■だから私は、「入れにいくときも、スマッシュ」を実践したい

実際に打っているボールは、ハイボレー並みの威力、つないでいる感じ。

でもスマッシュのフォームでしっかり打つ、ことが出来れば、それはきっと良い演技になって相手にプレッシャーになる。

ダブルスでも、前衛はまずロブに触ることが大事。

後衛に安易に任せては絶対にダメ。

このときの、厳しいロブに対応するスマッシュは・・・イメージつきますか?

きっと打点も後ろだし、結構差し込まれた状態になっているはず。

ポイントは、軌道と回転量です。

 

■自分の上方向に、スピン回転をかけて打つスマッシュのイメージで

ナイスなロブ、ということは自分もネットから後ろに下げられている。

つまり相手との距離があるので、ある程度大きく打ってもアウトしない。

打点がかなり後ろになっているときには、背中に近いところでスピンサーブを打つイメージで回転をかけてみましょう。

スピン回転をかければ、より変化して相手のコートに収まりやすい軌道になる。

練習で打ってみれば分かるのですが、上方向に打って深く打つ、相手を前に出させないようなスマッシュ。

そう、スマッシュらしきもの、でも良いのでしっかり上から振ること。

ロブが本当に厳しくて振り切れなくても、スマッシュらしさを残して、次のプレーにつなげていきましょう!

 

ナイスなロブに、ナイスなスマッシュなんてなかなか厳しい。

プロ選手はリストも強く背筋力もあるので強引に押し込めますが、私たちでは厳しいでしょう。

その代わり、速度を落として回転量を上げる。

少し不格好でも、ハイボレーじゃなくてスマッシュ。

これを打てる選手には、絶対にロブを上げたくなくなる、はずですよ。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュでコースを狙えない人は、ロブが上がった瞬間に目線を相手コートに移そう

    ただ力任せにスマッシュを打っても、なかなか決まらない。決まらな…

  2. テニス 上達

    スマッシュ

    スマッシュがいつまでも上達しない人は、「上半身の動きの練習」しかしないから

    練習で打つスマッシュ、試合で使うスマッシュ。この決定的な違いを…

  3. テニス サーブ

    スマッシュ

    意外とスマッシュ時に、横向きが出来ていない人が多い

    スマッシュの基本、だけど試合では難しいこと。横向きを作ってしっ…

  4. テニス スマッシュ
  5. スマッシュ

    「深いロブでスマッシュが厳しい!」ときにはスィングを止めての返球でOK!な感覚も大事

    女子ダブルスの試合、特に年齢別の方の試合になると、頭上を狙うロブの精度…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    全仏オープンを観て感じる、「ベースラインで粘る形」の進歩系について
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合のほとんどは、「客観的に観れば誰か一人が仕切っている」試合が多い
  3. メンタル

    テニス選手なら、「勝つべき選手に対しての憧れ」を絶対に抱いてはいけない
  4. テニス トレーニング

    サーブ

    アナタが左利きのテニス選手なら、「ワイドよりもセンターへのサーブ」をしっかり磨い…
  5. その他

    「引退」高校テニスを振り返ってみて
PAGE TOP