スマッシュ

厳しいロブに対応するスマッシュは、「つなぐ意識で」しっかりスマッシュ

ネットプレーでの戦い、その醍醐味はロブ対スマッシュ、にあります。

シングルスでもダブルスでも、この攻防をどちらが制するのかは大きな試合の分かれ目になる。

大事なのは、ネットプレイヤー側の判断力。

それから、引かない姿勢と演技力、です。

 

厳しいロブに対応するスマッシュは、「つなぐ意識で」しっかりスマッシュ

 


 

■スマッシュを打つ、という事実がまず大事

実は、ハイボレーとは大違い。

厳しいロブをハイボレーで対処する、ことは悪くない選択ですが、きっとその姿勢は相手を勢い付かせてしまう。

出来る限り、ゆっくりのショットでも良いので「スマッシュで終わる」ことがネットプレイヤー側には大事。

なぜなら、ロブを上げている側は「スマッシュされた」という事実、結構重くのしかかるんですよね。

試合の序盤に、自分なりにナイスなロブがスマッシュされた、例え強烈なスマッシュで無いにせよ、脳裏に焼き付いて離れないのです。

 

■だから私は、「入れにいくときも、スマッシュ」を実践したい

実際に打っているボールは、ハイボレー並みの威力、つないでいる感じ。

でもスマッシュのフォームでしっかり打つ、ことが出来れば、それはきっと良い演技になって相手にプレッシャーになる。

ダブルスでも、前衛はまずロブに触ることが大事。

後衛に安易に任せては絶対にダメ。

このときの、厳しいロブに対応するスマッシュは・・・イメージつきますか?

きっと打点も後ろだし、結構差し込まれた状態になっているはず。

ポイントは、軌道と回転量です。

 

■自分の上方向に、スピン回転をかけて打つスマッシュのイメージで

ナイスなロブ、ということは自分もネットから後ろに下げられている。

つまり相手との距離があるので、ある程度大きく打ってもアウトしない。

打点がかなり後ろになっているときには、背中に近いところでスピンサーブを打つイメージで回転をかけてみましょう。

スピン回転をかければ、より変化して相手のコートに収まりやすい軌道になる。

練習で打ってみれば分かるのですが、上方向に打って深く打つ、相手を前に出させないようなスマッシュ。

そう、スマッシュらしきもの、でも良いのでしっかり上から振ること。

ロブが本当に厳しくて振り切れなくても、スマッシュらしさを残して、次のプレーにつなげていきましょう!

 

ナイスなロブに、ナイスなスマッシュなんてなかなか厳しい。

プロ選手はリストも強く背筋力もあるので強引に押し込めますが、私たちでは厳しいでしょう。

その代わり、速度を落として回転量を上げる。

少し不格好でも、ハイボレーじゃなくてスマッシュ。

これを打てる選手には、絶対にロブを上げたくなくなる、はずですよ。

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス サーブ

    スマッシュ

    「スマッシュ対ロブ」のラリーが出来ないと、試合前の5分間アップで大変なことに

    プロテニス選手の試合、しっかりウォーミングアップから観たことはあります…

  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    深いロブのスマッシュは、後ろに傾きながら打って良い

    深いロブも、スマッシュで。これは、私自身がテーマに置いているポ…

  3. テニス ミス

    スマッシュ

    スマッシュがスロート部分に当たる人は、準備のラケット位置を高くスタート!

    スマッシュミスで多いケース、はこのケースでしょう。打点が近く、…

  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「コートに叩き付けて相手に触らせないスマッシュ」を、最低限ネット近くでは打てるよう磨きましょう

    スマッシュをしっかり決めきる、というのはテニスの試合で最重要項目ですが…

  5. テニス 練習

    スマッシュ

    打点が後ろになったスマッシュでも攻撃する、為に必要な4つのコツ

    スマッシュを打つときに、厄介なのが深いロブ。何度も、「ロブは落…

  6. テニス メンタル

    スマッシュ

    テニスにおいて、「ジャンピングスマッシュは、難しく無い!」ことを証明します

    ジャンピングスマッシュ、テニスの試合において花形のフィニッシュですよね…

特集記事

  1. 日々の雑記

    動画で新しい上達法、を示したい
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップの腕、「トスを上げて終わり」じゃない
  3. テニス 練習

    戦術

    自分の形を作るとは、戻れる型を作るということ
  4. テニス スライス

    戦術

    準備とは守りではなく、武装である
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で大事なのは、「ボールがバウンドした地点ではなく、バウンド後の伸び」…
PAGE TOP