テニス ダブルス

Q&A

Q&A「ダブルスでの陣形、並行陣とダブルス前衛って、何が違うの?」

今回は、年末に頂いたご質問について、お答えしたいと思います。

学生の皆さんには、もしかしたら馴染みが少ないかも知れない並行陣。

サーブ&ボレー、からダブルスで2人が前に出て攻撃的に展開していく陣形ですが、実は2人共が前衛、とはちょっと違う。

今回はその違いについて、確認してみましょう。

 

Q&A「ダブルスでの陣形、並行陣とダブルス前衛って、何が違うの?」

 

■並行陣は、あくまで前衛と後衛で役割が違う

並行陣、はまず雁行陣の形からスタートする。

サーブを打つ、リターンを打つ選手はベースライン近くにいますので、この時点では雁行陣。

そこから後衛がサービスラインくらいまで前、に出て来てプレーすると並行陣になる。

つまりは後衛がしっかり前衛の後ろをカバーする、のは並行陣も変わらない。

ここを理解出来ないで前に突っ込み過ぎると・・・ロブを誰も取れない感じになってやられてしまいます。

 

■「ダブルス前衛」という陣形は、基本的には無い

テニスにおいて、ダブル前衛と呼ばれるような陣形は基本的にありません。

ダブルポーチ、という呼ばれ方で実践しているペアもいますが、あくまで特殊な陣形。

この形では、ハッキリ2人で前に詰めて「上を捨てる」意識で攻撃していく。

2人でポーチ、のような感覚に近いので相手が普通のストロークを打ってきた瞬間に、仕留める決定力が求められます。

「ロブを捨てる」という勇気があれば、実践してみても面白い作戦です。

 

■私のオススメは、並行陣をベースにアクセントを加えていく

私のオススメは、あくまで並行陣をベースに前衛と後衛でしっかりプレーする。

後衛は大変です。

足元のボレーもさばくし、前衛の後ろもハイボレーでカバーしないといけない。

ですので、この並行陣の中にアクセントとして、ダブル前衛の形、つまり後衛が前衛と同じくらい前に詰めるポイントを、どこかで作ると相手は嫌。

「並行陣の後衛の足元に沈めるぞ・・・」と思った相手からすると、沈めようとした相手が前に出て来ているので不意を突かれた感じになる。

ロブを打たれたら、そのときは相手を褒めましょう。

それくらい、勝負に出ないと勝てない相手もダブルスでは多いはずです。

 

ご質問頂いた方に、良い答えになっているかは分かりませんが・・・いかがでしたでしょうか。

並行陣、の中に勝負をかけたダブル前衛を入れていけば、試合できっと勝てる。

「そんなことやったら、コーチに怒られそう・・・」という方もいるでしょう、セオリー無視、ですからね。

でも、セオリーだけで勝てる相手は少ない。

勝負に出るときに、並行陣と使い分けていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    Q&A

    Q&A「とにかく試合でミスが多いんですけど、どうすれば良いですか?」

    改めて、今回もこの問題に挑んでみたいと思います。たくさんご質問…

  2. テニス 練習

    Q&A

    Q&A「テニス弱小校の僕たちに、練習メニューを考えて欲しい」

    今日は、Twitterで頂いたご質問より。中学、高校での部活は…

  3. テニス 錦織圭

    Q&A

    Q&A「バックハンドストロークが、片手か両手か定まりません・・・」

    今回は男子高校生から、バックハンドストロークに関する質問です。…

  4. テニス ミス

    Q&A

    Q&A「強くなるために、プライドは持った方が良い?持たない方が良い?」

    アンケートにお答え頂いたみなさん、ありがとう御座いました!お忙…

  5. Q&A

    Q&A「前衛で、なかなかポーチに出ることが出来ません…どうすればたくさん触ることができますか…

    今回は、男性大学生の方から。サークルで活動して草トーナメントの試合…

  6. テニス 前衛

    Q&A

    Q&A「やる気の無いテニス部員には、どう接していけば良いんですか?」

    新学期、部活やサークルの雰囲気がどうも盛り上がっていかない。何…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 読書

    メンタル

    自分の身の周りの整理整頓が出来ない人が、縦23.77m、横10.94mのテニスコ…
  2. テニス 評価

    日々の雑記

    感動は人を変え、またその人が次の感動を紡いでいく
  3. テニス ボレー

    フットワーク

    相手が足下のボールを処理するときは、「ボールに触られる前」までの動きで全ては決ま…
  4. テニス ミス

    その他

    「思っていること、感じていることを言わない」という日本人らしさは、テニスコート上…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    アナタは一人で走っている?だったらここまで辿り着いていますか?
PAGE TOP