テニス ダブルス

Q&A

Q&A「ダブルスでの陣形、並行陣とダブルス前衛って、何が違うの?」

今回は、年末に頂いたご質問について、お答えしたいと思います。

学生の皆さんには、もしかしたら馴染みが少ないかも知れない並行陣。

サーブ&ボレー、からダブルスで2人が前に出て攻撃的に展開していく陣形ですが、実は2人共が前衛、とはちょっと違う。

今回はその違いについて、確認してみましょう。

 

Q&A「ダブルスでの陣形、並行陣とダブルス前衛って、何が違うの?」

 

■並行陣は、あくまで前衛と後衛で役割が違う

並行陣、はまず雁行陣の形からスタートする。

サーブを打つ、リターンを打つ選手はベースライン近くにいますので、この時点では雁行陣。

そこから後衛がサービスラインくらいまで前、に出て来てプレーすると並行陣になる。

つまりは後衛がしっかり前衛の後ろをカバーする、のは並行陣も変わらない。

ここを理解出来ないで前に突っ込み過ぎると・・・ロブを誰も取れない感じになってやられてしまいます。

 

■「ダブルス前衛」という陣形は、基本的には無い

テニスにおいて、ダブル前衛と呼ばれるような陣形は基本的にありません。

ダブルポーチ、という呼ばれ方で実践しているペアもいますが、あくまで特殊な陣形。

この形では、ハッキリ2人で前に詰めて「上を捨てる」意識で攻撃していく。

2人でポーチ、のような感覚に近いので相手が普通のストロークを打ってきた瞬間に、仕留める決定力が求められます。

「ロブを捨てる」という勇気があれば、実践してみても面白い作戦です。

 

■私のオススメは、並行陣をベースにアクセントを加えていく

私のオススメは、あくまで並行陣をベースに前衛と後衛でしっかりプレーする。

後衛は大変です。

足元のボレーもさばくし、前衛の後ろもハイボレーでカバーしないといけない。

ですので、この並行陣の中にアクセントとして、ダブル前衛の形、つまり後衛が前衛と同じくらい前に詰めるポイントを、どこかで作ると相手は嫌。

「並行陣の後衛の足元に沈めるぞ・・・」と思った相手からすると、沈めようとした相手が前に出て来ているので不意を突かれた感じになる。

ロブを打たれたら、そのときは相手を褒めましょう。

それくらい、勝負に出ないと勝てない相手もダブルスでは多いはずです。

 

ご質問頂いた方に、良い答えになっているかは分かりませんが・・・いかがでしたでしょうか。

並行陣、の中に勝負をかけたダブル前衛を入れていけば、試合できっと勝てる。

「そんなことやったら、コーチに怒られそう・・・」という方もいるでしょう、セオリー無視、ですからね。

でも、セオリーだけで勝てる相手は少ない。

勝負に出るときに、並行陣と使い分けていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス ミス

    Q&A

    Q&A「強くなるために、プライドは持った方が良い?持たない方が良い?」

    アンケートにお答え頂いたみなさん、ありがとう御座いました!お忙…

  2. Q&A

    Q&A「前衛で、なかなかポーチに出ることが出来ません…どうすればたくさん触ることができますか…

    今回は、男性大学生の方から。サークルで活動して草トーナメントの試合…

  3. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A「ソフトテニス経験者の強打の癖は、どうやって直していけば良い?」

    ソフトテニスから、硬式テニスに移行する。中学生から高校生、に進…

  4. Q&A

    Q&A「ダブルスの試合で、相手のジャッジがそれぞれインとアウトで分かれました。この場合はどう…

    今回は、ダブルスで実際に起きてしまったケースで質問を頂きました。対…

  5. テニス チャンス

    Q&A

    Q&A「試合に出る頻度は、どれくらいが良いの?」

    アンケートにて頂いたご質問の中で、数名に頂きましたので考えてみたいと思…

  6. Q&A

    Q&A「片手バックハンドのストロークが安定しません。良い方法はありますか?」

    今回は、大学生の男性の方からのご質問をご紹介します。片手バックハン…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で「トップスピンのストロークをスライスで粘りたい」ときに、必要なボー…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの回り込みストロークは、「しっかり高い起動」で大きく打つと相手を押し…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーを深くスライスでつなげるようになると、ダブルスの試合で勝てるようになる…
  4. テニス フットワーク

    その他

    「新人を大抜擢する」ことの重要性
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    すぐには結果につながらないもの、に実は「勝利へのヒント」は埋まっている
PAGE TOP