テニス ダブルス

Q&A

Q&A「ダブルスでの陣形、並行陣とダブルス前衛って、何が違うの?」

今回は、年末に頂いたご質問について、お答えしたいと思います。

学生の皆さんには、もしかしたら馴染みが少ないかも知れない並行陣。

サーブ&ボレー、からダブルスで2人が前に出て攻撃的に展開していく陣形ですが、実は2人共が前衛、とはちょっと違う。

今回はその違いについて、確認してみましょう。

 

Q&A「ダブルスでの陣形、並行陣とダブルス前衛って、何が違うの?」

 

■並行陣は、あくまで前衛と後衛で役割が違う

並行陣、はまず雁行陣の形からスタートする。

サーブを打つ、リターンを打つ選手はベースライン近くにいますので、この時点では雁行陣。

そこから後衛がサービスラインくらいまで前、に出て来てプレーすると並行陣になる。

つまりは後衛がしっかり前衛の後ろをカバーする、のは並行陣も変わらない。

ここを理解出来ないで前に突っ込み過ぎると・・・ロブを誰も取れない感じになってやられてしまいます。

 

■「ダブルス前衛」という陣形は、基本的には無い

テニスにおいて、ダブル前衛と呼ばれるような陣形は基本的にありません。

ダブルポーチ、という呼ばれ方で実践しているペアもいますが、あくまで特殊な陣形。

この形では、ハッキリ2人で前に詰めて「上を捨てる」意識で攻撃していく。

2人でポーチ、のような感覚に近いので相手が普通のストロークを打ってきた瞬間に、仕留める決定力が求められます。

「ロブを捨てる」という勇気があれば、実践してみても面白い作戦です。

 

■私のオススメは、並行陣をベースにアクセントを加えていく

私のオススメは、あくまで並行陣をベースに前衛と後衛でしっかりプレーする。

後衛は大変です。

足元のボレーもさばくし、前衛の後ろもハイボレーでカバーしないといけない。

ですので、この並行陣の中にアクセントとして、ダブル前衛の形、つまり後衛が前衛と同じくらい前に詰めるポイントを、どこかで作ると相手は嫌。

「並行陣の後衛の足元に沈めるぞ・・・」と思った相手からすると、沈めようとした相手が前に出て来ているので不意を突かれた感じになる。

ロブを打たれたら、そのときは相手を褒めましょう。

それくらい、勝負に出ないと勝てない相手もダブルスでは多いはずです。

 

ご質問頂いた方に、良い答えになっているかは分かりませんが・・・いかがでしたでしょうか。

並行陣、の中に勝負をかけたダブル前衛を入れていけば、試合できっと勝てる。

「そんなことやったら、コーチに怒られそう・・・」という方もいるでしょう、セオリー無視、ですからね。

でも、セオリーだけで勝てる相手は少ない。

勝負に出るときに、並行陣と使い分けていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. Q&A

    Q&A「前衛で、なかなかポーチに出ることが出来ません…どうすればたくさん触ることができますか…

    今回は、男性大学生の方から。サークルで活動して草トーナメントの試合…

  2. テニス リターン

    Q&A

    Q&A「周りに自分よりテニスが強い選手がいません・・・」

    今日は、大学のテニスサークルの方からのご質問について。同じよう…

  3. テニス 練習

    Q&A

    Q&A 「部活で人数が多過ぎてテニスコートが足りない。ランニング以外に、何ができますか?」

    今回は、東京都内の高校のテニス部の方からのご相談です。私自身も…

  4. テニス Q&A

    Q&A

    Q&A「自分はオールラウンダーだと思っていますが、武器がありません・・・。どうやったら試合…

    今日は高校生男性の方から。県内ではシングルスベスト8の実力があ…

  5. テニス サーブ

    Q&A

    Q&A「サーブに必要なトスアップの練習、何をやれば良いの・・・?」

    「とにかくトスが安定しなくて・・・」と、お悩みの皆さん。トスが…

  6. テニス チャンス

    Q&A

    Q&A「タイブレークで勝ち切れない・・・有効な作戦はありますか?」

    今回は社会人女性の方からのご質問です。プロの試合でも、残酷なま…

特集記事

  1. テニス アームカバー
  2. テニス 縄跳び
  3. テニス 書籍
  4. テニス タオル
  5. テニス 皮膚
  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスのトーナメントで良い成績を上げたなら、すぐに0に戻してまた練習を再開しよう…
  2. テニス メンタル

    ストローク

    テニスのラリーでは、「ボールは近づいて来てから見る」だと遅過ぎる
  3. ストローク

    テニスではストロークもボレーも「後ろから力で、勢いを付けよう」とすると上手くいか…
  4. スマッシュ

    「前足?後ろ足?」テニスのストロークは素早い攻守の切り替えが必要なので・・・
  5. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブを勘違いしている人は、「頭の後ろでボールをこすってばかり」だから入ら…
PAGE TOP