テニス知識

試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

テニスプレイヤーとして、持っておきたいマストアイテム。

私はあえて、ランニングシューズ、を挙げたいと思います。

普段のトレーニングはもちろん、実は試合会場でも重宝するのがランニングシューズ。

しっかりしたお気に入りの一足を持っておくことで、試合に対する意識もすごく高まります。

 

試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

 

1.テニスの試合会場で、足下はどうなってる?

みなさん、試合会場でテニスの試合を待っているときは、どんなシューズを履いてますか?

サンダルやリラックスシューズ、という方も多いと思います。

足を解放的にしておく、ことは大事ですが、サンダルだと怪我が怖い。

ちょっとしたことで、爪が割れたりする怪我も起きますからね。

とはいえ、締め付けの強いテニスシューズをずっと履いているのも辛い。

またソールの減りを抑えるなら、テニスコート以外ではテニスシューズは履かない方が良いでしょう。

そこで必要になるのが、ランニングシューズ、です。

 

2.トレーニングにも、試合会場でも大活躍なら・・・

しっかり、自分の好みに合ったデザイン、で選びたいですよね。

私が学生時代の頃は、テニスシューズ自体にもデザイン性が高いシューズが無くて、ましてやランニングシューズなんて運動靴に毛が生えたようなモノ、しかありませんでした。

でも、今は違う。

ランニングが一般化されて、すごくデザイン性の高いシューズがたくさん売られてますよね。

お気に入りの1足を持っておく、ということは、自分のテニスに対するコミットにもなるはずです。

 

3.勝手にオススメの3足をご紹介

 

3-1.アンダーアーマー] トレーニングシューズ コミット TR (メンズ)

出典:amazon

 

以前に中野区のランニングイベントに参加したときに、アンダーアーマーのショップがあって発見。

インナーのイメージが強かったですが、ランニングシューズがすごくかっこよくて、一目ぼれしました。

シンプルなデザイン、足の甲をすらっと見せてくれるシルエットが好きで、私服にも合わせられるくらい。

クッションと反発性能を両立した、チャージドクッショニングを搭載しており、ニュートラルなソールがあらゆるトレーニングに対応する汎用性の高いモデルです。

 

 

3-2.アシックス ランニングシューズ TARTHERZEAL 5-wide

 

出典:rakuten

ちょっと派手ですけど、私はランニングの足下はこれくらいでも良いと思います。

アシックスのモデルの中でも、機能のバランスが良く、デザインはビビッド。

テニスの試合前に、気分を高めてくれる色って、私は赤だと思うんですよね。

試合で着るのも良いですけど、トレーニングのような場面で近くに置いておきたい、身にまとっておきたい色。

ちょっと派手なくらいが、周りの注目を浴びるのにも慣れて良いんじゃないですか?

軽くてグリップが良い、足にも優しいアシックスらしい一足です。

 

 

3-3.アディダス ランニングシューズ adiZERO takumi ren BOOST 3

 

出典:rakuten

 

“日本人ランナーを速くするために”現代の名工・三村仁司氏の「匠の技」と「革新」が融合した、アディダスのランニングシューズ。

近未来的なデザインが良いですよね。

黒、白、黄色の組み合わせって、男女問わず「強そう」な雰囲気ありませんか?

こういうランニングシューズでしっかり走り込めば、自然とテニスも強くなる。

色のイメージって、私は大事だと思いますよ。

個人的には、アディダスのシューズ・スニーカーってちょっと「硬い」イメージがあったんですが、これはクッション性と反発性を両立した革新的ミッドソールテクノロジー「BOOST」の機能で、しっとりした柔らかい履き心地。

試合会場でも、自宅近くのトレーニングでも重宝する一足だと思います。

 

 

ランニングシューズ選びも、本当楽しいですよね。

オススメは、機能性もそうですが、テニスシューズとはガラッとデザインを変えてみること、です。

トレーニングして変わる、だったら、普段は自分が選ばないような配色・デザインのランニングシューズを選択するのも有り、ですよね。

ぜひ、アナタ自身でお気に入りの一足を探してみて下さい。

そして、そのシューズと共に強くなると、心に決めましょう。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. 素振り

    テニス知識

    「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

    読者の皆さんの中にも、「素振り」を頑張っている皆さんは多いはず。…

  2. テニス ボレー

    テニス知識

    「毎日のテニス、身体の疲れが抜けない・・・」ときには、どんな食事が効果的?

    平日は練習に、土日は試合・・・。高校や大学でテニスを頑張ってい…

  3. テニス 凌駕

    テニス知識

    あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

    試合が続く夏場・・・皆さん、夏バテや夏風邪、悩まされていませんか?…

  4. テニス知識

    テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

    テニスの試合の現場で、「あれ?こういう時って、ルールどうだっけ?」と思…

  5. テニス メンタル

    テニス知識

    ラケットを買い替える時に、意識したいチェックポイント7つ

    ラケットを買い替える時に、チェックしたいポイント。意外と、みな…

  6. テニス ボレー

    テニス知識

    練習でも試合でも、「テニスコートで怪我をしやすい人」の特徴5つ

    スポーツに怪我は付き物。テニスも選手同士の接触こそありませんが…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ロブ

    ストローク

    「逃げるロブからレベルアップ!」テニスであなたのロブを進化させる4つの考え方
  2. テニス スマッシュ

    メンタル

    「ピンチを乗り切った後」に、乗っていけるかどうかが大事
  3. その他

    T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. メンタル

    試合に強い人は、トラブルが付き物だと理解している
  5. テニス メンタル

    ボレー

    ボレーがどうしても苦手!なテニスプレイヤーに、試合で使えるヒント10選
PAGE TOP