テニス ミス

その他

「来年はどうなっているか、想像できない」選手を、私は応援したい

少し早いですが、皆さんは今年一年どんな年でしたか?

思うような結果、残せましたか・・・?

色々チャレンジしたり、試行錯誤している人は不安も多いはず。

でもそれで良いし、それがテニス選手として当たり前、なんです。

 

「来年はどうなっているか、想像できない」選手を、私は応援したい

 


 

1.想定出来る未来は、必ず実現してしまうのがテニス

良くも悪くも、アナタが想像していること。

それは、テニスではほぼ実現出来ると思った方が良い。

「来年も、県大会ベスト16くらいかな・・・」と思ったらそうなる、不思議ですが。

自分が想像出来る、ということは、ある意味自分で限界を作ってしまうということ。

無意識にやっている方も多いと思いますが、この年末の時期に、来年の自分のテニスについて考えてみることは必要です。

 

2.「想像出来ない」くらいのチャレンジ、が出来ているだろうか?

来年の想像出来る、という人。

良い意味で言えば、積み重ねてきた練習や仕込みが、一気に花開くことが想像出来るのかも知れない。

でもほとんどの方は、「あまり練習出来ていないし、環境も変わっていない。結局同じくらいかな・・・」と、現実的に考えてしまっているのではないでしょうか?

そんな方は、今からでも遅くない。

「来年の自分が想像出来ない」くらいのチャレンジ、してみませんか?

プレースタイルを変える、バックハンドを片手から両手にする、みたいな感じで、誰の目から見ても分かるくらいの変化を付けてみても良いと思います。

それくらい変えて初めて、想像出来ないくらいの自分になっていけるはずです。

 

3.アナタのテニス、もっと無限に出来ることはある

学校の部活でもサークルでも、ほとんどが「イメージ出来ること」の繰り返し。

それはなぜか。

答えはシンプルで、必ず身近に「先輩」がいるからです。

「先輩のように、自分も来年は過ごすんだろうな・・・」と思うのが自然ですよね。

悪くないですが、それだと先輩と同じように勝てない、ですよ。

変えていくのは自分自身、です。

 

年末のこの時期、自分を振り返ることは大事です。

そのときに、想像出来てしまう自分に、危機感を持つこと。

想像出来ない自分に、ワクワクすること。

性格の問題?

だったらテニスを通じて、変えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. 第4回読者ミーティングは、「上級者男子ダブルス」がテーマです

関連記事

  1. テニス 戦術

    その他

    テニスの試合、地味だけど勝利を呼び込む小技4つ

    テニスの試合で、細かいけど大事なこと。小技、とでも言いましょう…

  2. テニス メンタル

    その他

    自分よりテニスが上手い人の中に入れば、「その場の空気と緊張感」だけで上手くなる可能性が高いです

    普段の練習、皆さんは本当に「試合に近い緊張感」で実践出来ているでしょう…

  3. その他

    ミスが多いときは、何も考えていないときがほとんど

    試合でミスが多い時。こんなはずじゃ・・・と思っていても、どんど…

  4. テニス メンタル

    その他

    「引退」高校テニスを振り返ってみて

    高校3年生の時、引退掛けた最後の大会のことはまったく覚えていない。…

  5. テニス メンタル

    その他

    「技術の前に体力作り」テニス以外のスポーツでも身に付けることができる体力の重要性

    何歳までが子供というのか分からないが、高校生はまだまだカテゴリーとして…

  6. テニス 格上相手

    その他

    テニスの試合で「シード選手との闘い」をドラクエ風に考えてみると・・・

    テニスの大会を勝ち抜いていくうえで、避けて通れないのがシード選手との闘…

特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「最後は楽しんだもん勝ち」な感覚も大事
  2. ストローク

    プロ選手に影響を受けやすいけど、「ストロークのスタンスはオープン?クローズ?」の…
  3. テニス 怪我

    テニス知識

    急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. ストローク

    深いボールは、「しっかり打ってからジャッジ」が基本です
  5. テニス メンタル

    リターン

    曲がるスライスサーブに対しては、「打点に近付き過ぎるくらい」で、ちょうど良いリタ…
PAGE TOP