テニス ミス

その他

「来年はどうなっているか、想像できない」選手を、私は応援したい

少し早いですが、皆さんは今年一年どんな年でしたか?

思うような結果、残せましたか・・・?

色々チャレンジしたり、試行錯誤している人は不安も多いはず。

でもそれで良いし、それがテニス選手として当たり前、なんです。

 

「来年はどうなっているか、想像できない」選手を、私は応援したい

 


 

1.想定出来る未来は、必ず実現してしまうのがテニス

良くも悪くも、アナタが想像していること。

それは、テニスではほぼ実現出来ると思った方が良い。

「来年も、県大会ベスト16くらいかな・・・」と思ったらそうなる、不思議ですが。

自分が想像出来る、ということは、ある意味自分で限界を作ってしまうということ。

無意識にやっている方も多いと思いますが、この年末の時期に、来年の自分のテニスについて考えてみることは必要です。

 

2.「想像出来ない」くらいのチャレンジ、が出来ているだろうか?

来年の想像出来る、という人。

良い意味で言えば、積み重ねてきた練習や仕込みが、一気に花開くことが想像出来るのかも知れない。

でもほとんどの方は、「あまり練習出来ていないし、環境も変わっていない。結局同じくらいかな・・・」と、現実的に考えてしまっているのではないでしょうか?

そんな方は、今からでも遅くない。

「来年の自分が想像出来ない」くらいのチャレンジ、してみませんか?

プレースタイルを変える、バックハンドを片手から両手にする、みたいな感じで、誰の目から見ても分かるくらいの変化を付けてみても良いと思います。

それくらい変えて初めて、想像出来ないくらいの自分になっていけるはずです。

 

3.アナタのテニス、もっと無限に出来ることはある

学校の部活でもサークルでも、ほとんどが「イメージ出来ること」の繰り返し。

それはなぜか。

答えはシンプルで、必ず身近に「先輩」がいるからです。

「先輩のように、自分も来年は過ごすんだろうな・・・」と思うのが自然ですよね。

悪くないですが、それだと先輩と同じように勝てない、ですよ。

変えていくのは自分自身、です。

 

年末のこの時期、自分を振り返ることは大事です。

そのときに、想像出来てしまう自分に、危機感を持つこと。

想像出来ない自分に、ワクワクすること。

性格の問題?

だったらテニスを通じて、変えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. その他

    「気を付けろ!スポーツドリンク!」試合に出るテニス選手に必要な意識改革

    夏は暑い毎日が続く。練習中もしっかり水分補給をしないとね。…

  2. テニス 観察

    その他

    興味が無いこと、湧かないことに、チャンスは転がっている

    新しいことに挑戦したい、自分を成長させていきたい。そう考えてい…

  3. テニス メンタル

    その他

    「新しい環境でテニスを頑張る」君に贈る、5つのメッセージ

    新年は、新しく何かが始まる季節。部活でもサークルでも、新しい環…

  4. その他

    テニスの草トー大会ほど、残酷なものは無い

    私は普段、テニス以外の競技も試合を観戦する機会が多い。それこ…

  5. テニス サイト

    その他

    テニスの試合が確実に強くなる!「スマートフォンの活用方法」5つ

    皆さんが普段使っているスマートフォン。せっかく多機能ですので、…

  6. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合は、皆さんも経験してきた「定期テスト」に似てると思う

    皆さんも経験してきた、定期テスト。中間、期末と、まさに今学生の…

特集記事

  1. テニス ミス

    サーブ

    「みんなに注目されているみたいで、サーブが苦手…」な人は、少し自意識過剰かも
  2. テニス メンタル

    戦術

    左利きのテニスプレイヤーが、もっと「左利きであることを活かす」為に必要な意識4つ…
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    前に走ってボールを処理するときは、その後のポジションを考えよう
  4. テニス グッズ

    戦術

    ロブやドロップショットのような技は、数を打たないと絶対に上手くはなれない
  5. テニス 指導

    練習メニュー

    テニスの実戦力を養う為の、練習メニュー5選
PAGE TOP