テニス 居場所

メンタル

「褒められても、その気になるな」テニスの試合で本当に必要な実力について考える

とある高校でレッスンやった時に、こんな質問というか相談があった。

「いつも、色んな所で『良いテニスだね』って褒められるけど、なかなか勝てないんです。」

確かにその彼のテニスは素晴らしい。

 

「褒められても、その気になるな」テニスの試合で本当に必要な実力について考える

 

ショットは速いし、動きも良い。

ボレーやサーブもこなせる。

これは「良いテニスだ!!」って俺も言いたくなるよ。

でもそれは彼のテニスを表面的に観て言った感想で、実際の評価は違う所にあるんだよ

例えば、試合の時にコートへ相手選手が現れた時に、どっちのタイプの方がいいだろう?

一つは攻撃的なショットを持った選手。

もう一つはディフェンスがしっかりしている選手。

だいたいの人は、攻撃的より粘ってディフェンスしてくる相手の方が、ちょっとウンザリする

わかるでしょ?

もちろんかなりハイレベルで次元の違う攻撃をする相手なら別だけど、同じカテゴリーの範囲内なら攻撃的なショットを受け続けても、なんとか凌いで持ち堪えようと思えるし、そういう気持ちでプレーした方が集中しやすかったりしない?

でもとことんディフェンスで粘る相手に、こちらが攻撃をし続けなきゃいけないってゾッとする。

なので、パッと表面だけ観て評価されるのは「攻撃面」なんだよ。

 

でも実際試合に出場している選手達が、相手に対して探りを入れたいのは「ディフェンス力」なんだよ

このディフェンス力が無い人が、いくら攻撃仕掛けても怖くない。

だから、質問してきた彼は、その彼が持っている攻撃面を周りに評価されたんだよ。

しかも自分自身もその攻撃面を評価されたのが分かっているから、何とかその攻撃力を試合に活かそうとして、いつの間にかディフェンス面を磨くことを忘れている。

もちろんその素晴らしい攻撃力は活かしてもらいたい。

でも出番が来るまでは粘れるようにして、チャンスが来てから使おうよ。

でも粘れないとその攻撃力は、苦しい時の「一発逆転捨て身ショット」として使ってしまう可能性がある

地味だから一見高評価を得られないけど、皆ちゃんとディフェンス部分を鍛えておいてね。

周りで観ている人達以上に、相手選手から高評価を得られる選手になろう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス ボレー

    メンタル

    テニスのようなスポーツでは、「失敗の要因を突き詰め過ぎない」ことも大事だと私は思います

    試合に負けた後に、びっしりとテニスノートに書かれた分析。それを…

  2. テニス 錦織圭

    メンタル

    「自分のテニスをやり切ること」を勘違いしていると、結果的に試合で勝てないことが多いのはなぜか?

    リオオリンピックが開幕し、テニス競技は良い感じでスタートを切りましたね…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    普通のテニスに見えるのに、なんであの人は試合に強いの?という人について

    皆さんの周りにも、いませんか?「何であの人が強いのか、分からな…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    なぜテニスの試合、初戦は戦い辛いのか?

    初戦の戦いの、難しさ。これは、テニスの試合だけでは無いでしょう…

  5. テニス テニスボール

    メンタル

    真面目な人ほどかかりやすい、「テニス鬱」について、アナタにも知っておいて欲しい

    「テニス鬱」という言葉、聞いたことはありますか?恐らく無い、と…

  6. テニス ストローク

    メンタル

    アナタ自身、「これが決まればリズムに乗れる!」という基本ショットは何ですか?

    試合の中で、頼れるショット。これは、無理やりにでも作っておきま…

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「移動中の相手を、襲う」という発想、ありますか?
  2. テニス 並行陣

    ダブルス

    誤解されがちですが、ダブルスの並行陣は「ミスをもらう守備的な陣形」です
  3. テニス 風

    ストローク

    風下からは強めに打つ!だけで、テニスの試合運びは楽になる
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップの腕の役割は、決して「トスを上げて終わり」じゃない
  5. テニス 練習

    メンタル

    練習を繰り返すことで、しっかり「自信の土台」を作れてるかは常に意識しよう
PAGE TOP