テニス メンタル

メンタル

アナタがテニスの世界を拡げたいのなら、「自分のテニスを否定してくれる人」を大切にしよう

先週に、このサイトを観て頂いている読者の方に実施したアンケート、たくさんのご意見を頂くことが出来ました。

思った以上に、「参考になる、試合に勝てるようになった!」という声を頂き、本当に嬉しく思っています。

でも中には、「難し過ぎる、やってみたけど全然上手くならない」というお声も、たくさん頂きました。

私自身、どちらも大事なご意見として、しっかり向き合いたいと思っています。

特にテニスを強くなっていきたいのであれば、自分を否定してくれるような人の存在は大事。

だって誰しも、周りの人には好かれたいと思うのが普通。

それでも言ってくれるということは、それだけアナタ自身に期待しているということなのですから。

 

アナタがテニスの世界を拡げたいのなら、「自分のテニスを否定してくれる人」を大切にしよう

 


 

■テニスを否定されても、動じない心を持とう

もしコーチや先輩が、アナタのテニスに対してアドバイスをしてくれたとする。

「ボレーは全然ダメ、根本的にここをこう変えよう」みたいな話、聞いた瞬間は感情的になるかも知れません。

でも、それはアナタ自身が否定された訳では無く、あくまでテニスの話。

自分とテニスを上手く切り離して、客観性を持つことは、上達において不可欠です。

どんな人の意見も、冷静に一度受け入れてみる心、持てていますか?

 

■あらゆる否定、アドバイスはあくまで「提案」である

このサイトで書いていることもそうですが、全てはアナタへの「提案」です。

実際に取り入れるかどうかは、アナタ自身の判断。

でも・・・やっぱり大事なのは、「しっかり一度試してみる、やってみる」ということ。

やってみるからこそ、「自分が取り入れるべきかどうか」の判断がつく。

もったいないと思いますが、つい感情的になって「自分が否定された・・・」と思って、やってみない人、意外とテニス界には多いです。

そんな人こそ、ぜひ身近で大事にして欲しいと思います。

 

■テニスの試合での敗戦も、アナタ自身が「否定」されている訳ではない

試合で負けて悔しさの余り、「自分自身を否定された」と感じることもあるでしょう。

私自身そうでした。

何度も負ける度に、もうテニスを辞めようかと思った時期もあります。

ですが、試合で負ける度に、「相手からアドバイスをもらっている」というような感覚で冷静に自分と向き合うことで、テニスを頑張り続けることができました。

どんなに良いテニスをしても、負けるときは有ります。

それでもそこに至るプロセスや準備は、アナタ自身で分かっているはず。

ぜひ否定されたと思ったときこそ、自分を認めてあげることも大事にしてあげて下さい。

 

誰だって、アドバイスをもらうのはちょっと「悔しい」という想いはあると思います。

心を開いて、しっかり聞いて受け入れるのは、状況によっては難しいときもある。

それでも良いと、私は思います。

しかし感情的な態度に出したり、意地になって言われたことを全然試してみない、というのはテニス選手として失格です。

学生やプロ選手だけでなく、社会人で頑張るテニス愛好家の皆さんも一緒。

コーチのアドバイスに対する態度、見直してみる良い機会かも知れませんね。

そして、こう言ってみませんか?

「心から受け入れて実践するので、今日は本音でアドバイスを下さい!」と・・・。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス 戦術

    メンタル

    テニスの試合はリードを奪うのは簡単だけど、「リードを守るのは難しい」のはなぜなのか?

    テニスの試合、誰でもまくられた経験はあるはず。リードしていても…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    スコア差があっても無くても、集中力に差が生まれてはいけない

    すごく、難しい話です。普通の人は、まずできない。でも、…

  3. テニス リターン

    メンタル

    相手のサーブの調子が良い試合こそ、焦ってはいけない

    相手のサーブの調子が良い。そんな試合ほど、つい焦ってしまいます…

  4. テニス ストローク

    メンタル

    テニス部の中で、「チームの柱になれる選手と、なれない選手」は、ココが違う

    テニス部、テニスサークル、どんなチームでも柱となる選手はいる。…

  5. テニス シングルス

    メンタル

    テニスが楽しくない、というのは、ある意味楽しめている証拠かも

    「最近、テニスが楽しくないな・・・」と、感じている皆さん。すごく、…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    格上の上位選手に対して、「このまま勝ってしまって良いのか?」という問いかけに、打ち勝てますか?

    テニスに限らず、学生スポーツでは特に、この問題を避けて通れない。…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「デュースサイドからセンターへのスライスサーブ」は試合で有効なボディサーブに!
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「俺はストローカー!」だけど、負けない為に押さえておきたいボレーの基本5つ
  3. テニス ストローク

    ストローク

    今年こそ自分のストロークを「試合で使えるストローク」に変えていく為に、意識したい…
  4. テニス 練習

    スマッシュ

    打点が後ろになったスマッシュでも攻撃する、為に必要な4つのコツ
  5. テニス 確率

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で有効な「ドライブボレー」の使い方4つ
PAGE TOP