テニス メンタル

練習メニュー

「雨の日に教室でも出来る」テニス選手に必要なトレーニング4つ

雨の日は部活もサークルも休み。

とは言え、体育館も使えないし、使えるのは放課後の教室のみ・・・。

そんなときに、「教室にあるもの、出来ること」でどんなトレーニングが出来るでしょうか?

テニスに必要な技術は、工夫次第でどこでも実践出来ます。

今回はそのアイデアのヒントになれば・・・嬉しいです。

 

「雨の日に教室でも出来る」テニス選手に必要なトレーニング4つ

 


 

1.椅子に座ってサーブのフォーム練習

椅子に座った状態で、ラケットを振ってみて下さい。

下半身を固定する事で、とてもシンプルなフォームで練習することが出来ます。

ラケットの代わりにタオルを振ってみると、より分かりやすいと思います。

身体に触れないように、しっかり大きくスィングすることを意識するには、椅子に座った状態で練習するのがベストです。

 

2.ボールを使ったコーディネーショントレーニング

コーディネーショントレーニングは、ボールを2つ使って行うと効果的です。

両手で持ったボールを、ゆっくり山なりのキャッチボールしてみる。

慣れてきたらワンバウンド、そしてタイミングをずらしたキャッチボールも試してみて下さい。

ボールが飛んで、備品を壊してしまわないように・・・教室では慎重に行いましょう。

 

3.素振りの動画撮影

自分のフォームを動画で見直すには、雨の日が良い機会です。

いつも通り、無意識でスィングする、構えの様子をしっかり動画で撮影してみると気付くことが多いはず。

恥ずかしがらずに、一度やってみて下さい。

自分のスマートフォンに入れておくと、いつでも良いイメージを確認できて試合前でも効果的です。

 

4.細かいルールの勉強会

テニスの細かいルールをしっかり覚えるのも、立派なトレーニングです。

誰かしらリーダーを決め、グループを作って微妙なルールに関して確認しておく。

この細かいトレーニングが、強豪校への第一歩です。

何より自分たちで調べたこと、考えたことはしっかり覚えられる。

受け身ではなく、テニスのあらゆる情報については積極的に取りにいきましょう!

 

雨の日、教室で出来ることはたくさんあります。

天候によって、何もしない日が続いてしまう・・・のではもったいない。

今回ご紹介したアイデア以外にも、まだまだたくさんあると思います。

ぜひ、アナタのチームならではのメニュー、考えてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス 構え

    練習メニュー

    「最高のラリー練習方法って?」テニスの試合で使える練習法はシンプルイズベスト

    効果的な練習方法ってないですか?よくそういう質問を受けるんだけ…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    練習から、「負けたまま」で終わる癖を付けないようにすることが大事

    テニスの試合って、ポイントの奪い合い。どっちかが取れば、次に取…

  3. テニス ロブ

    練習メニュー

    チームでテニスを上達していく為には、少なからず「自己犠牲の精神」も必要です

    「良い練習」とは、どんな練習なのか。それは、チームで共通認識が…

  4. 練習メニュー

    「バランスボールを使ったトレーニング」は、自宅でも簡単にできてテニスの上達にはピッタリです!

    数年前からトレーニング器具として、ダイエットグッズとして流行したバラン…

  5. テニス イベント

    練習メニュー

    「毎日のテニスの練習が楽しい」と思えたら、それは危険なサインだと自覚しよう

    「苦しいことを強要する」つもりは、毛頭ありません。ですが、アナ…

  6. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ダブルスの練習で「2バック対2アップの練習をシングルスコート」で実践すると効果的です!

    今回は、ダブルスでのボレー対ストロークの練習メニューを一つ、ご紹介。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    普通のテニスに見えるのに、なんであの人は試合に強いの?という人について
  2. テニス メンタル

    戦術

    粘りが身上のシコラープレイヤーでも、試合の最初から最後まで粘っていては結果勝てな…
  3. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスに試合で「ポーチに出る良いタイミング」は、相手の打点が低いときに限る
  4. サーブ

    「1人でも出来るサーブ練習を工夫したい!」よりテニスの試合に近い感覚を養う為の4…
  5. テニス 部活

    練習メニュー

    「自分達が味わってきた辛いこと」を強制するのは、無意味です
PAGE TOP