練習メニュー

  1. テニス イベント

    練習していることは、試合で使わないと練習にも活かせない

    何度か書いてきたことですが、もう一度、大事なことですので。自分の練習に主体性が無い人は、この意識が希薄過ぎる。テニススクールであろうが、どういう…

  2. 練習が締まるかどうか、を人任せにしてはいけない

    良い練習が出来るときと、あまり出来ないとき。この差って、みなさんどこにあると思いますか?学生時代、私の部活はと言えば・・・やっぱりこういうニュア…

  3. テニス 気付き

    振り回し練習では、「相手が頑張って触れる場所」を狙う癖を付けよう

    みなさんも、普段の練習で実践する機会あると思います。球出しや2対1のラリー、でかなり体力的にも厳しい練習、試合で勝つためには必要ですよね。この練…

  4. テニス 試合

    こだわりを捨てて、「上手い人をどんどん真似る」ことが出来れば、上達は早い

    上達するのに、必要なこと。私はこれ、だと思いますよ。まずは身近な人、スクールのコーチでも良いし、チーム内No.1の選手でも良い。先入観や…

  5. テニス 準備

    2人1組で簡単に出来る、試合前のフットワーク練習例

    試合前のウォーミングアップ、みなさんどうでしょうか?ラケットを使ってボールを打つのは、基本的に禁止されてますよね。ボールが2つあれば、簡単に出来…

  6. テニス 指導

    練習中に「ごめん」は、卒業しよう

    サークルでもスクールでも、練習中の口癖になっている方が多い。もちろん、必要なときもありますよ。明らかに相手に迷惑をかける、あるいは何かを間違えた…

  7. 「これを試合で打てるのか?」の疑問は、アナタにしか持てない

    普段の練習で、意識したいこと。私たちはつい、「練習の為の、練習」をしてしまいがち。マンネリ化していると気付いたときは、もう遅いんですよね。…

  8. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

    普段、素振りを習慣にしている方、きっと試合に熱心に出続けている方でしょう。私自身、今でも家で素振りをしています。振った数だけ、自信にもなるし、本…

  9. テニス ダブルス

    ボレー対ストロークのリズム、を体感しよう

    ボレー対ストローク、のリズム。これがしっかり身に付いていると、試合でも強いし質が高い練習が出来る。中上級のクラス、の練習ではこの形がベースになり…

  10. テニス ロブ

    ボレーボレーの練習は、高さを抑えてレベルアップを

    ボレーとボレーを打ち合う、ボレーボレーの練習。これをより実戦に近付けていくには、何が必要でしょうか。テニススクールのネット裏でも実際に練習する機…

  1. テニス 準備

    ボレー

    オープンスタンスでのボレーの時に、しっかり「ドロップボレーの準備」も頭にイメージ…
  2. テニス知識

    真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. 戦術

    人はコントロールの良さで、自信を得て強くなる
  4. ストローク

    走らせ甘いボールを引き出す、決める
  5. テニス スマッシュ

    戦術

    成功体験が少ないテニス選手に、ミスを責めても何も発展しない
PAGE TOP