メンタル

  1. テニス ストローク

    テニスの試合での逆転の常套手段、「相手の勝ちビビリ」を、絶対見逃すな!

    テニスの試合、逆転が起きるのは日常茶飯事。プロの試合でも一般、学生の試合でも、必ずテニスの試合に逆転は付き物です。他競技と比較して、テニスはどん…

  2. テニス メンタル

    「知らないから不安になる、というのはテニスでも同じ」だからこそ、準備が必要な4つの要素

    「知って入れば強い」「知らなければ、弱い」これはテニスにも、非常に多く通じる部分があります。知らなければ不安になり、準備不足が自信を削い…

  3. テニス 試合

    テニスの試合に出続けるということは、「弱い自分の中身を覗き続ける」ことに他なりません

    テニスの試合に出続けること、皆さん継続出来ていますか?部活やサークルであれば、公式戦の参加メンバーは人数が限られているので、全員は難しいかも知れません。…

  4. テニス メンタル

    テニスの試合では、「相手に舐められないように・・・」と考えるより、逆のほうが良くないですか?

    つい試合では、自分を大きく見せておきたい。「相手になめられないように・・・」と、無理にでも自分を強く見せようとしてしまいませんか?それ自体は、決…

  5. テニス 環境

    「試合に勝てる選手」になりたければ、テニスが上達すること、環境が変わっていくことを恐れてはいけない

    テニスが上達すれば、自分がいまいる環境も変わる。それは決して、気持ちが良い、居心地が良い場所ばかりではありません。誰しもがテニスを上達して試合に…

  6. テニス メンタル

    上達が早いテニス選手は、「自分自身の失敗から、決して逃げない」から強くなる

    上達が早いテニス選手には、ある特徴がある。私自身、自分はプロ選手の領域にはいけませんでしたが、そこに辿り着く選手は何が違うのか。一言で言えば、テ…

  7. テニス メンタル

    テニスの試合中に「負けても良い理由」を考え出すから、思考が現実になる

    テニスの試合、私自身たくさんの試合を経験してきました。それは選手としても、審判としても、大会ディレクターとしても・・・。人より多く、客観的に試合…

  8. テニス メンタル

    テニスの試合で負けることは恥ずかしくない、だけど「負けを受け入れられない人」は恥ずかしい

    最近私自身、試合に出ていて感じることがあります。学生よりも、社会人の人たちの方が、すごく試合に対して執念深い。最後まで諦めないし、ジャッジでも揉…

  9. テニス センス

    テニス業界に根強い「実績至上主義」が、私は大嫌いです

    私自身、テニスは好きですが、嫌いなところもあります。それは、選手の過去の実績を「重視し過ぎてしまう」傾向にあること。確かにシード選手は実績を考慮…

  10. 「自分の弱さを知らない」選手は、いつまで経っても強いテニス選手にはなれない

    アナタは、自分をどんな人間だと思いますか?少し大きなテーマになってしまいますが、こういう問いかけはぜひ、テニス選手なら定期的に行って欲しい。自分…

  1. ストローク

    伸びてくるストローク、返し方の基本
  2. テニス コントロール

    その他

    一人のテニス選手として、「自分に対する批判」に、しっかり目を向けていこう
  3. Q&A

    Q&A「片手バックハンドのストロークが安定しません。良い方法はありますか…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの神様がいるのなら、アナタ自身は「テニスコート上でいつも試されている」とい…
  5. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合でのストロークのスピン回転、フォアハンドとバックハンドの差ってどんな…
PAGE TOP