ボレー

  1. ボレー

    前へ押す力は、全てに通ずる

    テニスの試合の現場だと、なかなか気づけないこと。でも、自然と皆さんも「勝っている試合」では実践できていることだと思います。前方向に力を伝える、…

  2. テニススクール

    西葛西でのプロ選手のレッスンで感じたこと

    先日、コナミスポーツ西葛西でのプロテニス選手のイベントにご参加頂いたみなさん、ありがとうございました!またコロナ禍の厳しい状況の中で開催にご協力頂いた…

  3. 戦術

    クロスに打つ?ストレートに打つ?

    テニスでショットを打つコース、大きく分けるとこの2つですよね。斜め、つまりはクロス方向に打つか、それとも真っすぐ自分の正面、ストレートに打つのか。…

  4. ダブルス

    意志は大胆な行動で、見せる

    最近YouTubeで、土居コーチの女子ダブルスレッスンの動画を更新してます。そこで、改めて私自身が気付くことは、「センターを死守することの重要性」です…

  5. ボレー

    練習慣れって、怖い

    テニスの試合、練習、試合…と、繰り返していると、感じること。それは、練習に慣れるって、本当に怖いなということです。試合では、相手を倒すこと、崩…

  6. ボレー

    大きく変えないと、何も生まれない

    最近私が、強く感じていること。しっかり、強いボレーを打たないといけないな…と感じている日々。佐藤プロ、土居コーチのボレーを見ていると、強く叩く…

  7. ボレー

    ネットにつなげる、サーブやアプローチの基本

    シングルスでもダブルスでも、試合の中でネットに出る。これでポイントが取れると、すごく気分も乗っていけますよね。でも、なかなか難しいのが実際のと…

  8. 戦術

    前に入りながら打つことでの、副産物とは?

    最近強い人のテニスを観ていて、感じること。みなさん、必ず下がらないで「前に入りながら」を実践している。これ、実はすごく大事なポイントだと私は思…

  9. ボレー

    今一度確認しておきたい、ボレーの基本5つ

    試合の中で、ボレーのミスが多い方に。特にダブルスでは、この差がそのままスコア差になり、勝敗につながりやすいですよね。だからこそ、意識したい基本…

  10. ダブルス

    沈められたら繋ぐ、そんな相手はやりやすい

    ダブルスの試合で、相手が並行陣の時に。相手の足下に沈めて、それを繋いでくる相手は、みなさんどうでしょう。非常に基本に忠実ですが、その反面「やり…

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で大事なのは、「ボールがバウンドした地点ではなく、バウンド後の伸び」…
  2. テニス 指導

    練習メニュー

    練習中に「ごめん」は、卒業しよう
  3. その他

    「サッカーの方がきつかったよ」テニスの試合では実力差が僅差で初めて、持久力が問わ…
  4. サーブ

    セカンドサーブは、打ち上げる感覚で
  5. サーブ

    テニスの試合、「山なりでスピンスライスのワイドサーブ」を身に付ければ、相手をコー…
PAGE TOP