攻撃

  1. テニス ストローク

    ストローク

    身体からラケットを離してテイクバック、で自然に伸びのあるクロスストロークは打てる!

    テイクバックのときの恰好を見ていると、その人のストロークの「伸び」がある程度分かる。伸びが少ない、威力が足りない選手はテイクバックの形が窮屈なケースが多…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    逆クロス方向へのショットは、「自分が思っているよりも、しっかり肩を入れて」相手に背中を向けよう

    テニスの試合の中で、多く使う逆クロス方向へのショット。特にフォアハンドは、アナタのストロークでも生命線なはずです。今回紹介するポイントは、逆クロ…

  3. テニス ドロップショット

    ボレー

    ボレーを「強く打ち込む雰囲気」を相手に見せれば、ドロップボレーは8割完成です

    試合の中で、華麗にドロップボレーを決めたい・・・。だけど、普通のボレーも怪しいのに、そんな難しい技術は出来ないと思っている皆さん。それって、勘違…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの壁は「前足で作る!」で安定感をアップ出来る

    攻撃的なストロークを、いかに安定させるか。これが出来れば、きっと試合でも優位に立てる。でも・・・実際にはなかなか、安定しないですよね。そ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースを試合で量産したい」なら、この方法をオススメします

    サービスゲームで、ガンガン押していってエースも欲しい。色々書いてきましたが、やっぱりテニス選手ならそう思います。であれば、サービスエースに対する…

  6. テニス ストローク

    サーブ

    ボディへのサーブからのサーブ&ボレーは、基本の型として身に付けておこう!

    ここ1本、絶対に獲りたい・・・ような場面。皆さんなら、どんな選択をしますか?自分のサービスゲーム、だったらオススメはこれです。シングルス…

  7. テニス スライス

    ボレー

    自分のボレーを「下半身から重たいボール」にする、4つの秘訣

    自分のボレーに、「重たさ」はあるのか・・・。簡単にパッシングで抜かれる場面が増えると、つい考えてしまいますよね。ボレーの重さ、はなかなか伝わり辛…

  8. テニス 上達

    メンタル

    追い詰められた時こそ、自分のテニスの殻を破るチャンス

    テニスの「試合」を経験していると、何が良いのか。それは、自分が「追い詰められる」経験を出来ることだと私は思います。もちろん、仕事や勉強、受験やプ…

  9. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールの処理は、「スライスで変幻自在にコントロール」出来るようになろう

    スライスを使えるようになると、浅いボールの処理が便利になる。浅いボールの処理が出来るようになるには、スライスを覚えるのが一番。試合の中でドロップ…

  10. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスでの前衛のポーチは、「2本で1セット」を基本に考えれば攻撃に厚みが出る

    ダブルスの前衛でのポーチ、皆さんは決定力・・・ありますか?私自身、意識しているのはこのポイント。自分のボレーに自信が無いという人も、2本で1つ、…

レクタングル広告枠

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ネットプレーで「肘の曲げ伸ばし」を使えると、ボレーにパンチ力とスピードが伝わる
  2. テニス リターン

    サーブ

    安定感のあるサーブを目指すなら、「低めのトスアップ」をお勧めする4つの理由
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    「自分のポジショニングが、どう相手に影響を与えているのか?」を意識すれば、駆け引…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    格上選手に向かっていけない、テニスというスポーツは不思議な要素がある
  5. ボレー

    テニスのネットプレーで、「ハイボレーで横回転をかける」ことが上級者への大事なステ…
PAGE TOP