守備

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    本当に深い絆でつながったダブルスパートナーは、苦しい時にこそ支え合える

    良いときは良い。何をやっても楽しいし、上手くいっていれば雰囲気も良い。でも、大事なのは上手くいかなくなったとき。ダブルスは、特にその時に…

  2. テニス 団体戦

    戦術

    強い相手は、試合の中で同じやられ方を繰り返さない

    強い相手は、試合の中でも修正が早い。「でもそれって、経験豊富で技術がある選手だから、でしょ・・・?」と思っている皆さん、違います。ちょっとの意識…

  3. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスで相手2人が下がる「2バックの陣形」になったときに、必要な意識4つ

    ダブルスの試合、自分たちが準備していないと困ること。それは、パートナーのサーブの調子が良くて、相手が引いてくること。意外と最近、この2バックの陣…

  4. テニス スライス

    スマッシュ

    スマッシュをロブで粘れる、ようになるには「身体に引き付ける勇気」を養っていこう

    相手の速いボールを、しっかり返球出来る人。特にスマッシュをロブ、で返球出来るようになると試合では強いですよね。これに必要なのは、少しの工夫と勇気…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    強烈なスピン回転のストロークに対抗するには、ボレーとスライスの技術は必須です

    全仏オープンの試合を観ていると、強烈なスピンのストロークは本当に厄介。すごく下がって処理している選手も多いですが、それもプロ選手の脚力があるからこそ。…

  6. テニス ダブルス

    戦術

    「つなぎのボールの精度」を上げないと、そもそも強い相手には粘れない

    強い相手に、粘って試合を進める。何とか接戦に持ち込めば、試合の終盤になればチャンスがある。まず、強い相手にはラリーを挑んでいくために必要なことは…

  7. テニス ボレー

    ボレー

    頭が突っ込んだボレーになったときには、「最後に手首の形だけしっかり作る」ことでネットは超える

    態勢を崩されても、しっかりボレーを返球する。低い打点でも、しっかりあるポイントを意識出来ればボレーでのミスは減ります。厳しい試合では、態勢が充分…

  8. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを力強く打ち込んでくるハードヒッターは、相手の打点をしっかり見れば反応出来る!

    相手のハードヒットに、押されて手も足も出ない・・・ようなとき、まずは冷静になりましょう。アナタ自身、どこを見て反応速度を速めていくのか。私がいつ…

  9. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスで守備力が高い選手は、「キャッチ力が高い」だけでは無い強さがある

    守備力が高い選手は、何が上手いのか?ラケットでのキャッチ力?もちろんそれも大事ですが、私はもう一つ大事な要素に注目したい。他のスポーツ競…

  10. テニス シングルス

    フットワーク

    サイドステップよりも早い!「クロスオーバーステップ」を身に付けないと、現代テニスでは厳しい

    シングルスの試合、左右前後に走り回ってコートをカバーする。でも、圧倒的に多いのは横の動き、ですよね。そこで差が出るのが、ステップ。サイド…

  1. ボレー

    「クレーコートでのネットプレーのコツ」新時代のテニスに不可欠な戦術を身に付けよう…
  2. ボレー

    テニスの試合で、「ネットに詰めてのフラットボレーは、肘を伸ばして前に押し出して打…
  3. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    身近に上手い人がいるなら、テニスは教わるよりも感じれるようになろう
  4. テニス 確率

    その他

    テニスノートを使って、「テニスの試合の勝率を上げていく」シンプルな方法とは?
  5. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスに試合で「ポーチに出る良いタイミング」は、相手の打点が低いときに限る
PAGE TOP