ボレー

  1. ボレー

    テニスの試合で、「ネットプレーの構えが低く反応が遅い相手」には、フラット系の速いボールでアウトを誘う…

    相手のネットプレーを観察していると、「ん?ここは狙い目かも?」と思うときがあります。私がそう感じるのは、まず構え。ラケットの位置が低い、または肘がピーン…

  2. ボレー

    フォアハンドのボレーで、「スライス回転をかけたいから手首でこね回してしまう」人の改善策について

    フォアハンドのボレー、実は「苦手」って言える人は少ないんじゃないでしょうか。でも・・・本当にそうですか?フォアハンドのボレーはある程度自由に打てる分、ど…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「厳しいロブをしっかりカットして粘りたい」ときには、まず相手の出方を確認しよう

    ネットプレーが上手い人、試合に強い人はアップヘッド(頭の上)のボールの処理が上手い。厳しいロブを無理してスマッシュを打つ、ことも時には必要ですが、基本は…

  4. ボレー

    ハイボレーをいつもふかしてアウトする人は、「テイクバックのときに膝が伸びない」ようにチェック!

    テニスの試合で、ミスして落ち込むのがハイボレー。ダブルスでもシングルスでも、「チャンスを作ってここぞ!」という場面で打つ機会が多いですよね。でも簡単そう…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    テニスのネットプレーで必要な、「速いストロークのボールに対しては、上半身のひねりだけでブロック」する…

    ネットプレイヤーが少ない、育たないと言われて久しいですが、その原因はどこにあるのか。高校生の試合を観ていても、速いストロークのボールに対してどこか受け身…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーが上手い選手は、「逆クロス方向へ流していくサイドスライスのボレー」が打てるから安定感があ…

    ボレーの基本、ある程度身に付けてきたらぜひ「逆クロス方向へのショット」も練習して欲しい。ラケット面を作ってボールを引き付けることが出来れば、ストローク以…

  7. テニス ロブ

    ストローク

    テニスのダブルスの試合では、「並行陣に対して触らせるロブ」が打てると、相手をネットから下げさせること…

    ダブルスで2人がネットに出て来る並行陣。どんなにストロークに自信があっても、プレッシャーに感じてしまう部分はあると思います。それはなぜか・・・「…

  8. テニス 練習

    ストローク

    ラリー練習をしていて、「相手が打ったノーバウンドで飛んできて、アウトしそう・・・」なときに、アナタは…

    テニスのラリー練習をしているときに、相手の打ったボールが明らかに長くアウトしそうなとき。アナタはどんな対応をしていますか?賛否両論がありますが、…

  9. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合のラリーでは、「相手がクロスにしか打てない状況」を作れると前衛を活かしてポイントが獲れ…

    ダブルスの後衛は、そのペアでのゲームメーカー。しっかりポイントを組み立てて、前衛を活かしていくのがまず大きな仕事になります。この、「前衛を活かす…

  10. テニス ボレー

    ボレー

    自由に打てるフォアハンドボレーを安定させたいなら、「足のつま先を横向き」にすることで壁が出来る!

    フォアハンドストローク同様に、フォアハンドボレーも簡単なようで難しい。自由に打てる分どうしても振り幅が大きくなってしまいがちだし、チャンスボールで力が入…

  1. ストローク

    「腰が引けてしまうストローク」になってしまわないように、意識したいポイントとは?…
  2. テニス サーブ

    日々の雑記

    誰もが出来ることを、誰も出来ないくらい続けるということ
  3. ストローク

    「スウィングスピードアップの決め手」筋力アップと環境改善の両軸が必要
  4. シングルス

    シングルスの試合では、「最後は楽しんだもん勝ち」な感覚も大事
  5. リターン

    テニスの試合に勝てる選手は身に付けている、「逆クロス方向へのリターン」はなぜ必要…
PAGE TOP