過去の記事一覧

  1. テニス ロブ

    ストローク

    「ストロークをシュート回転させて相手のラケットの芯を外す」テクニックは近代テニスの試合では必須!

    最近のテニスの試合、特に錦織選手の試合を観ていて感じるのは、「ストロークの横へのキレ」です。ラケットはしっかり上下に動きながら、肩より高いボール、フォア…

  2. テニス メンタル

    その他

    「技術が伴わないないから実戦で使わない」では、アナタのテニスの試合はいつまでたっても進歩しない!

    よく「練習でしっかり打てるようになってから、試合で使います」という声を聞きます。このしっかり打てるって、どの程度のレベルなんだろうと思う。大抵こ…

  3. テニス リターン

    ストローク

    「パッシングショット、試合で使える自信ありますか?」テニスのシングルスの試合で必要なパスのコツ5つ

    シングルスの試合は、一人でコート全体をカバーしなければならない。だからこそ面白いし、色々な戦略で相手と競わなければいけない。一般の試合でも、シン…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースの種類、実はたくさんあるの知ってますか?」テニスの試合をよく観察すると気付くこと

    プロ選手のテニスの試合では、サーブ1本でポイントが決まるケースが多くあります。一般の試合でもレベルが上がってくるとサービスエースのポイントも増えてきます…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「ウォーミングアップはサーブ4本のみ」さて、テニスの試合前に何を確認する?

    一般の草トーナメントや学生の大会で、試合前のウォーミングアップで一番多いのが「サーブ4本のみ」という形。この短い時間をどう活用するか・・・で、大事な試合…

  6. テニス リーダー

    その他

    「インターハイの次は全日本ジュニア」この2つのテニスの大会の特徴と違いとは?

    インターハイの個人戦も、本日で閉幕。そして暑い中夏の戦いは、そのまま大阪の靱・江坂テニスセンターと江坂へ。そう、インターハイが終わるとすぐに始ま…

  7. テニス メンタル

    スマッシュ

    テニスの試合で「スマッシュ打てる!と思ったら意外とロブが深かった…」ときに慌てず対処する技術4つ

    相手をラリーで追い込んで、ロブが来た!打ち込んでポイントゲット、と思いきや意外と深くてどうしよう。。そんなシチュエーション、試合でも経験あると思いま…

  8. テニス 時間

    メンタル

    テニスの試合で「いやらしく時間を使ってくる相手」には、毅然とした姿勢で!

    テニスの試合に出ていると、相手が「意図的に時間を使ってるな・・・」と感じることがあると思います。厳密にはルール上、ポイント間やチェンジコート間は時間制限…

  9. テニス メンタル

    ストローク

    「錦織選手の強さ」を紐解く、一般テニスプレイヤーも参考になる試合でのストローク術

    テニスメディア・雑誌は今、どこを見ても錦織選手一色。その技術もたくさんのページを割いて解説してありますが、基本的にはしっかりトレーニングした人向けのテニ…

  10. テニス ストローク

    フットワーク

    「片足スプリットステップはテニスプレイヤーなら誰でも使える!」試合での反応を良くする5つの理由

    漫画「ベイビーステップ」でも紹介され、最新のテニス業界の技術の一つ「片足スプリットステップ」。スプリットステップの基本もできていないかも知れないのに、自…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    ボレー

    テニスのダブルスのポーチは「相手の特徴をふまえたコース」で勝負して、確実にポイン…
  2. テニス ストローク

    リターン

    相手のサーブは1種類しかない、と思えばリターンは楽
  3. サーブ

    セカンドサーブのトスは、少しだけ身体の近くに設定すれば安定する
  4. テニス メンタル

    シングルス

    テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみ…
  5. ダブルス

    「意外とこれがポーチチャンス!」パートナーのセカンドサーブがテニスの試合では勝負…
PAGE TOP