テニス シングルス

ボレー

出来るとネットプレーに余裕が持てる、「面を下向きにしてハーフボレー」を覚えてステップアップしませんか?

ネットプレーに自信が無い人は、どんなプレーに苦手意識が強いのか。

まず、ネットから少し離れた位置にいるときに打つ、「低い位置のローボレー」に苦手意識が強いように思います。

でも実際は、このローボレーよりもハーフバウンドしたボールを打つハーフボレーを打つ機会の方が多かったりする。

ハーフボレーが打てるようになると、ベースライン近くで急に深いボールが来たときにも、的確に処理が出来ます。

この機会に、ちょっとしたコツを掴んで「ハーフボレー」を覚えることで、プレーの幅を拡げて余裕を持ってみませんか?

きっと、テニスがまたグッと楽しくなります。

 

出来るとネットプレーに余裕が持てる、「面を下向きにしてハーフボレー」を覚えてステップアップしませんか?

 


 

■ハーフボレーは、難しくない!

ハーフボレーは難しいという意識がある方は、あるコツで飛躍的に上達します。

もう既に上手い人は実践している方もいると思いますが、改めて。

ボールに当たるときには、「ラケット面をしっかり下に向けること」。

ハーフボレーは言ってみれば超ライジングショットですので、ボール自体にもかなりの勢いがある状態。

しっかりラケット面を被せないと、弾き飛ばされてしまうのです。

勇気を持って、ラケット面を下に向けることができれば、きっと良い軌道でボールをコントロールできると思います。

 

■ラケット面のコツを掴んだら、あとは先回りしよう!

「ラケット面を下に向けて、被せるイメージ」が出来たら、次は何を意識すれば良いか?

それは、早く打点に入って「ボールを待ち構える」ことです。

それも、目線を落とした低い態勢で。

ハーフボレーが上手い選手って、低い態勢で早く打点に入って、打つと同時に更に前にくる・・・そんなプレッシャーのかけ方をしてきますよね?

前に行きながら打つのに、ハーフボレーはとても相性が良いのです。

しかし、その為には「球筋に先回り」して待ち構えておかなければいけません。

 

■「ノーバウンド?」「ハーフボレー?」は究極の決断

テニスには判断力が求められます。

その最たるものが、この「ノーバウンドなのか?」「ハーフボレー=ワンバウンド」なのか、という判断。

テニスというスポーツにこの2つの選択肢がある以上、足元のボールは常にこの決断を速くしなければなりません。

厳しい、難しい問題です。

普段の練習から、「はっきりノーバウンド、またはワンバウンド」のように、分かりやすい練習ばかりになってはいませんか?

たまには自分たちの「判断力を鍛える」為に、意図的にハーフボレーの練習を取り入れてみましょう。

 

判断力は、練習で必ず養えます。

「自分は優柔不断だから・・・」と、性格のせいにするのは、やめましょう。

判断力を養う練習は、遠い距離でのボレーボレーや、ネットから離れた位置であえて「ハーフボレーと通常のボレー」を混ぜるように、工夫次第でいくらでも出来ます。

いつでもノーバウンドで返球できるし、さっとグリップを変えてハーフボレーも出来る。

その為に、まずはラケット面をしっかりチェック!です!

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    ポーチに出るのが怖ければ、ポジションをしっかり前にしてプレッシャーをかけよう!

    ダブルスの試合で、実力に関わらず大事なこと。前衛のプレーって、難し…

  2. ボレー

    ボレーの基本は、遅いボールはしっかりと真ん中に当てること

    ボレーの基本、いやテニスの基本ですね。私たちはつい、忘れてしま…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    相手のスライスは、全てポーチチャンス!

    ダブルスの試合、皆さんもっと、チャンスに貪欲にならないと。相手…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチボレーのコントロールは、「先にラケット面を作ってから動く」に限る

    ポーチボレーの基本、それはシンプルに打つこと。相手のリターン、…

  5. ボレー

    「ボレー、多方向へ打てるかい?」テニスの試合では、人のいないコースを狙おう!

    ラリー練習ってよくやるでしょ?ストロークラリーもよくやるし、ボ…

  6. テニス ラケット

    ボレー

    「アングルボレーは、前に腕を押し出す」ことでテニスの試合でミスが減り、使えるショットになります!

    ダブルスでもシングルスでも、「上手いな~!」と周りを唸らせるショットの…

特集記事

  1. テニス 目

    メンタル

    「テニスの試合で必要な観察眼」は、日常生活でこそ磨かれる!
  2. テニス リターン

    ストローク

    試合の序盤でストロークのネットミスが多いときは、「スタンスを広く、目線を落とす」…
  3. テニス ミス

    サーブ

    「みんなに注目されているみたいで、サーブが苦手…」な人は、少し自意識過剰かも
  4. ボレー

    足下のボレーを克服する、5つの秘策
  5. テニス 疲れ

    その他

    テニスの試合中、「どうも他の選手より疲れるのが早い・・・」と感じる人は、ラケット…
PAGE TOP