テニス シングルス

ボレー

出来るとネットプレーに余裕が持てる、「面を下向きにしてハーフボレー」を覚えてステップアップしませんか?

ネットプレーに自信が無い人は、どんなプレーに苦手意識が強いのか。

まず、ネットから少し離れた位置にいるときに打つ、「低い位置のローボレー」に苦手意識が強いように思います。

でも実際は、このローボレーよりもハーフバウンドしたボールを打つハーフボレーを打つ機会の方が多かったりする。

ハーフボレーが打てるようになると、ベースライン近くで急に深いボールが来たときにも、的確に処理が出来ます。

この機会に、ちょっとしたコツを掴んで「ハーフボレー」を覚えることで、プレーの幅を拡げて余裕を持ってみませんか?

きっと、テニスがまたグッと楽しくなります。

 

出来るとネットプレーに余裕が持てる、「面を下向きにしてハーフボレー」を覚えてステップアップしませんか?

 


 

■ハーフボレーは、難しくない!

ハーフボレーは難しいという意識がある方は、あるコツで飛躍的に上達します。

もう既に上手い人は実践している方もいると思いますが、改めて。

ボールに当たるときには、「ラケット面をしっかり下に向けること」。

ハーフボレーは言ってみれば超ライジングショットですので、ボール自体にもかなりの勢いがある状態。

しっかりラケット面を被せないと、弾き飛ばされてしまうのです。

勇気を持って、ラケット面を下に向けることができれば、きっと良い軌道でボールをコントロールできると思います。

 

■ラケット面のコツを掴んだら、あとは先回りしよう!

「ラケット面を下に向けて、被せるイメージ」が出来たら、次は何を意識すれば良いか?

それは、早く打点に入って「ボールを待ち構える」ことです。

それも、目線を落とした低い態勢で。

ハーフボレーが上手い選手って、低い態勢で早く打点に入って、打つと同時に更に前にくる・・・そんなプレッシャーのかけ方をしてきますよね?

前に行きながら打つのに、ハーフボレーはとても相性が良いのです。

しかし、その為には「球筋に先回り」して待ち構えておかなければいけません。

 

■「ノーバウンド?」「ハーフボレー?」は究極の決断

テニスには判断力が求められます。

その最たるものが、この「ノーバウンドなのか?」「ハーフボレー=ワンバウンド」なのか、という判断。

テニスというスポーツにこの2つの選択肢がある以上、足元のボールは常にこの決断を速くしなければなりません。

厳しい、難しい問題です。

普段の練習から、「はっきりノーバウンド、またはワンバウンド」のように、分かりやすい練習ばかりになってはいませんか?

たまには自分たちの「判断力を鍛える」為に、意図的にハーフボレーの練習を取り入れてみましょう。

 

判断力は、練習で必ず養えます。

「自分は優柔不断だから・・・」と、性格のせいにするのは、やめましょう。

判断力を養う練習は、遠い距離でのボレーボレーや、ネットから離れた位置であえて「ハーフボレーと通常のボレー」を混ぜるように、工夫次第でいくらでも出来ます。

いつでもノーバウンドで返球できるし、さっとグリップを変えてハーフボレーも出来る。

その為に、まずはラケット面をしっかりチェック!です!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスで4人がつなぎ合うボレーを打破するには、アングルボレーを使うしか無い

    ダブルスの試合、特に女子ダブルスですかね。40代以上のベテラン…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「ネットプレーでラケットヘッドが下がる」と、絶対良いプレーは出来ません

    ネットプレー、ボレーのときにはストローク以上に反応勝負。だから…

  3. ボレー

    ネットに詰めたら、上段の構えが基本

    これは、私が前衛で意識していること。以前に男子ダブルスの試合で…

  4. ボレー

    「ボレーで打つコースを隠す」ことができれば、ゆっくりしたボールでもポイントが獲れる

    テニスにおいて、ネットプレーでポイントが獲れない選手に共通しているのが…

  5. ボレー

    「ボレー、多方向へ打てるかい?」テニスの試合では、人のいないコースを狙おう!

    ラリー練習ってよくやるでしょ?ストロークラリーもよくやるし、ボ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    「何でも後衛にお任せ」になっている前衛は、責任感が無さ過ぎる

    テニスの試合のアナタの姿。それは、アナタの日常に潜む本性をさら…

特集記事

  1. テニス ガット

    テニススクール

    「張るガットはコーチにお任せで」は、卒業していきましょう
  2. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合で力が入ってミスばかり・・・の人は、ポイント奪取の考え方を変えましょ…
  3. 戦術

    相手のレベルに関係なく、攻めて勝とう
  4. テニス バックハンド

    ストローク

    片手バックハンドのショットは、思っている以上に「横スウィング」になりやすいので注…
  5. テニス 指導

    サーブ

    なぜ部活やサークルで練習する「サーブ練習」のほとんどは、試合に活かされないのか
PAGE TOP