ボレー

ボレーをふかし気味にアウトばかりしてしまう人は、「準備でラケットを上げる高さ」が足りない

ボレーがどうしても、アウトしてしまうことが多い方は、準備に問題がある。

自分が思っている以上に、ラケットって上に準備するのは難しいんですよね。

上からしっかり抑えの効いたボレーを打つには、準備の位置はかなり神経質になりましょう。

打点に対して30cm上、が基本です。

 

ボレーをふかし気味にアウトばかりしてしまう人は、「準備でラケットを上げる高さ」が足りない

 


 

■低い位置のボレーも、30cm上から打点に入るのが基本

低い位置のボレーも、基本は同じです。

打点に対して30cmくらい上から入って、その時に少しボールの下を触るからまっすぐ飛んでいく。

最初から低い位置のラケットをセットしていると、当たりが良すぎてバーンと飛んでアウトする。

高い打点でも同じです。

高い打点のボレーほど、しっかりラケットを上に準備しましょう。

 

■ボレーがアウトするのは、必ず理由がある

結構聞かれるケースが多いのですが、ボレーがアウトしてしまう理由は様々です。

・グリップを強く握り過ぎ

・ラケットが横振りになっている

・身体が突っ込んでいる

・手首でこねている

こういった問題は根本から解決が必要ですが、難しいのがラケットの準備の位置。

まだまだ、打点の高さにラケットをセットしている人が多い。

これだとしっかり下方向に飛んでいく、抑えの効いたボレーが難しくなります。

 

■脇をしっかり空けると、自然にラケットは高く準備出来る

お勧めは、しっかり脇を開けて準備すること。

ボレーが窮屈な人は、肘が身体にくっついてしまっていて、力が入っている。

リラックスすると、肘と身体の間は、ボール1個分は空くはずです。

ハイボレーなら、もっと空ける。

しっかり自分の肘の位置を確認すると、伸びのあるふかさないボレーが打てるはずです!

 

何度も書いてきましたが、ボレーを飛ばす力は腕力じゃない。

大事なのは上を向いたラケット面と、打点に入っていくラケットの角度です。

この法則を、ぜひ自分の中で感覚として掴んで欲しい。

いつもの練習で、明確に何かを変えて試行錯誤してみましょう!

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドのハイボレーが、いつもガシャってしまう」人は、腕を伸ばし過ぎていないか確認しましょう

    バックハンドのハイボレー、皆さん試合でコントロールできていますか?…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    フォアハンドボレーは、簡単そうで奥が深い

    自分のフォアハンドボレー、皆さんはどんな印象ですか?何となく、…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    テニスの試合で「ボレーで攻撃されてもブロックでしのぐ」ことが一球できるだけで、試合の流は変わります!…

    「試合の流れが変わる」というのを、アナタはテニスの試合で感じることはあ…

  4. テニス リターン

    ボレー

    アプローチショット、「ボレーのフィニッシュイメージも持って」前に出よう

    テニスの試合で、ネットに出ていくプレー、大事ですよね。何度も推…

  5. ボレー

    低いボレーを低く狙うよりは、積極的にロブボレーを使おう

    浮いたら相手に決められる、これがダブルスの試合。4人で前に出る…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    「守備的スプリットステップ」を身に付けると、テニスで足元の攻撃をしぶとく返球することができます!

    相手の攻撃を「受ける」のが得意なディフェンシブな選手、いますよね。…

特集記事

  1. テニス スライス

    ボレー

    速い展開では、意外と相手のフォアハンドボレーは狙い目
  2. テニス 前衛

    ストローク

    「まだテニスのラリーに慣れない初心者の方」は、バウンド地点への近付き過ぎを止めて…
  3. テニス 準備

    練習メニュー

    まず軌道から入る、技術は後から
  4. テニス ガスケ

    リターン

    ボールをよく見る、とは、「ボールに書いてある文字を読む」くらいのつもりで
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合でコースを突いて攻めても拾われ、最後はミスしてしまうときは・・・?
PAGE TOP