その他

テニスの試合で対戦していて、「あまのじゃくタイプ」の選手と分かれば怖くない

対戦相手で、アナタはどの程度特徴を掴んでいるでしょうか?

タイプ別で分けていくと経験も整理しやすいですが、私の経験上意外と多いのが「あまのじゃく」タイプ。

あまのじゃく・・・つまりは、ちょっとひねくれていて、変わったことをしたい人。

こういうタイプの選手と対戦したときには、対策さえ打てれば確実に勝てます。

 

テニスの試合で対戦していて、「あまのじゃくタイプ」の選手と分かれば怖くない

 

■あえて、狭いコースを突いてくるのが特徴

オープンコートが空いているのに、あえて狭いコースを狙ってくる。

少し変わったことで、相手の逆を突いてくるのが好きなのが、あまのじゃくタイプです。

そう考えると、例えばアナタ自身が走らされているときにもあえて止まってみる。

走ってカバーしようとする逆を突いてくるので、その裏をかいて待っておくのも一つの手です。

 

■「上手い!」って言われたいオーラが満載

上手いという褒め言葉、が一番嬉しいのがこういうタイプです。

上手いと周りに言われたいので、技に走ってくれる。

本番の試合でも、そういうショットが決まると流れに乗って勢い付いてしまいがちですので、ここは注意が必要。

とにかく乗せると面倒なので、試合の序盤で早めに叩いておくのが大事です。

 

■序盤でしっかりリードすれば、諦めも早い

あまのじゃくで技巧派、なタイプの選手は諦めも早い。

試合の序盤でしっかりリード出来れば、意外と淡泊なプレーに終始して自滅してくれます。

ですので、アナタ自身はしっかりスタートダッシュをかけて相手の攻撃を塞ぎたい。

目立ちたい、変わったショットを打って褒められたいという相手の、出鼻をくじくのが先決。

試合の序盤は、結構色々な「技」を使ってくると思いますので、慌てずに。

強引なナイスショットは捨てましょう。

 

今回はあえて、私が呼ぶ「あまのじゃくタイプ」について書いてみましたが、本当はもっと色々なタイプの選手がいる。

きっと、もっと細分化も出来る。

アナタ自身、今まで経験してきた選手を思い出してみて下さい。

何か共通点がある選手は、攻略方法も似ているはず。

経験を価値にしていく、ということはこういうこと。

ぜひ、試合巧者になるべく一度整理してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス 練習

    その他

    T-PRESSへのご意見・ご感想についてはコチラ

    いつもサイトをご覧頂きまして、ありがとう御座います。T-PRE…

  2. テニス フットワーク
  3. テニス トレーニング

    その他

    テニスが強くなりたければ、「まずは今いるチームの中で、一番になる」全ては、それから

    テニスが強くなりたい、結果を出して認められたい。誰もがそう考え…

  4. テニス 試合

    その他

    「ダブルスよりもシングルス!?」テニスの試合で成長する為に必要な考え方

    俺が現役で選手をやっている頃、周りの選手はシングルスで何とか結果を出そ…

  5. テニス メンタル

    その他

    みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。この度、みなさん…

  6. テニス メンタル

    その他

    格上相手に対して、どう「勝負どころ」を設定するのか?の問題について

    テニスの試合で、格上相手にどう戦うのか。まず、この部分をしっか…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークの基本中の基本、「バウンドの高さに合わせたテイクバック」は、利き腕では…
  2. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合でのサーブ&ボレーは、「サーブとボレーを同じ方向に打つ」だけでシ…
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの調子が悪いときにも、「一切変わらないもの」を試合では作っておこう
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの前衛の基本ポジション、理解出来てる?
  5. テニス知識

    雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
PAGE TOP