テニス シューズ

テニス知識

【保存版】テニス選手ならしっかり選びたい「テニスシューズの選び方」について

テニスはフットワークが重要。

そのフットワークを支えるのは、なんと言ってもテニスシューズ。

これからテニスを始める人も、既に試合に出ている方も、テニスシューズの選び方について再度見直してみませんか?

テニスシューズは、消耗品。

常に自分に合ったものを選んで、フットワークを武器にしていく意識を強く持ちましょう。

 

【保存版】テニス選手ならしっかり選びたい「テニスシューズの選び方」について

 

1.まずはサーフェスによる違いをしっかり確認

テニスシューズは、現在大きく分けて3種類。

オールコート用、オムニ・クレーコート用、カーペット用。

オールコート用は主にハードコートで使う機会が多く、カーペット用は一部のインドアテニススクールで使うだけなので、持っていない方も多いでしょう。それで良いと思います。

私のオススメは、まずはオールコート用のシューズを選んで、予算に余裕があればオムニクレーコート用のシューズもそろえる方法。

ハードコートでオムニ・クレーコート用のシューズを履くと、止まる力が強すぎて足を怪我する可能性が高い。

それだけは避けて欲しい、と思います。

 

2.試し履きするときのポイント

まず大事なのはソックスとの組み合わせ。

テニス用のソックスをしっかり持参して、試し履きするときには合わせてチェックしましょう。

普通の靴下だと、薄すぎてサイズ感が分からない。

履いたら踵を合わせて、足先に少しだけ余裕を持つくらいのフィット感がべスト。

私は人差し指の第一関節、くらいの空間があるようにサイズを選んでいます。

靴ひもは先からしっかり締めて、上にくるほど少し余裕を残せると良いフィット感になります。

 

3.シューズの重さはやっぱり、軽い方が良い?

シューズ自体の重さも大事。

最近ではすごく軽いシューズもアシックス社などから出ていますが、軽ければ全てOK、という訳でも無い。

ベースラインでのプレーが主体の選手は、少し重くてもガッチリしたシューズで足元を支えた方がフットワークのバランスが良くなるケースもある。

止まったときに、しっかりずっしり構えられるのもシューズの大事な要素。

これに対して、ネットプレー主体の選手はやはり軽さを重視したい。

ジャンプする機会も多いので、軽ければそれだけフットワークも速くなるでしょう。

ただし、軽いシューズはそれなりに強度や耐久性には劣りますので、消耗スピードは速くなることも覚悟しましょう。

 

4.メーカーごとの特徴は?

あくまで私の主観ですが、最近はあまり特徴も無くなってきている気がします。

ですが、各メーカーの良さは残っている。

アシックス社は幅が広く、軽くて動きやすいシューズが多い。

アディダス社、ナイキ社はデザイン性が優れていて、少しガッチリした感じ、金額もそれなりに高くなりますが、やっぱりカッコイイシューズでテンションが上がりますよね。

ヨネックス社は以前はデザイン性がイマイチでしたが、最近はカッコよくてバリエーションも豊富、大き目だったシューズもコンパクトでグリップ性を両立した商品がたくさん出ています。

色々と特徴はありますが、ポイントとしてアナタ自身の足先のサイズ、に応じて選んでいくのが良いと思います。

足先が横長の人はアシックスかヨネックス、足先が細目の人はアディダスやナイキ、がよくフィットすると思います。

 

5.テニスシューズは、買って終わり・・・じゃない!

社会人の皆さんはよく分かっていると思いますが、人のオシャレ、マナーは足元から。

しっかりテニスシューズも、メンテナンスが必要です。

濡れたら拭いて、乾いた状態を常にキープする。

1カ月に1回くらいは、お湯と石鹸、使い古した歯ブラシを使って泥や汚れを落としましょう。

靴ひもが切れそうになったら、もちろん取り換える。

こういった細かいメンテナンスが出来ていると、周りからも「しっかりした人」という印象を与え、試合でもシューズが自分を助けてくれる。

何より、シューズ自体を長く使えて節約にもなります。

 

テニスシューズは、ラケットに比べると見落とされがちですが、しっかり選びたい。

私が思うに選ぶ基準として、デザイン性も実は大事です。

やっぱり自分が好きなデザイン、履いてみたい第一印象ってあると思います。

1年くらいは一緒にコートを走る相棒、しっかり選んで欲しい。

そして、大切にして欲しいと思います!

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス 持ち物

    テニス知識

    「テニスの遠征・合宿に持っていくのに、忘れがちなアレ」をまとめてみました

    テニスに遠征は付きモノ。部活では合宿もありますよね。私…

  2. ストレッチ

    テニス知識

    筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

    テニスを継続的に頑張っている人にとって、悩ましい問題が「筋肉痛」ですよ…

  3. テニス サポーター

    テニス知識

    テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

    テニス選手にとって、試合で使えるフットワークは不可欠。でも、足…

  4. テニス 英語

    テニス知識

    プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ

    もしアナタが、将来プロテニス選手やテニスコーチ、審判員として活躍したい…

  5. テニス

    テニス知識

    夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

    これから涼しくなる季節、「ランニングして体力付けるぞ!」と思っている方…

  6. テニス 怪我

    テニス知識

    テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

    テニスの試合に、怪我は付き物。試合会場では本部も準備してくれて…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス スコアシート

    テニス知識

    テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、「ストロークはラケットを振り切るから回転がかかる」ということを…
  3. ストローク

    「かかとから踏みこもう」苦手なテニスのショットも下半身が使えるようになると変わる…
  4. テニス チャンス

    その他

    テニスの大会でのシード権とは、「与えられるものではなく、奪い取る」ものである
  5. その他

    テニスの試合で対戦していて、「あまのじゃくタイプ」の選手と分かれば怖くない
PAGE TOP